任天堂DSゲーム情報ブログ

メタルスラッグ7

SNKプレイモア
Nintendo DS
コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いが利用できます。
今度のメタスラは…アーケードじゃなくてDSかい!?★★★★☆
あのメタルスラッグもついに7が出ました。なんとこのメタスラ7は、
アーケードではなくDSのソフトであることに驚きました。
しかもステージ数はシリーズ最多の全7ステージ!
そして今回のメンバー構成は6と同じです。主人公達は一人一人個性があって良いです。
また、新しい乗り物や、コンバットスクールもあり、とても嬉しい内容になっています。
それに、ハンドガンをボタン押しっぱなしで連射出来るようにも出来ます。
また、ゲーム中、下の画面でマップを見渡せたりもするのです(ただ、自分は
あまり利用しませんでしたが…)。
今作は、三段階の難易度の中で一つのモードを選んでゲームを進めていくのですが、
相変わらず難易度が高いですね。しかも、今作はコンティニューに限りがあります。
難易度ごとにコンティニュー数が異なり、今作は無限にコンティニューは出来ません。
そこが厳しかったです。あと、今作のストーリーも少しよくわかりませんでしたね…。
まあ、ゲームとしては楽しめました。なかなか良い出来だと思います。
ところで、メタスラシリーズはこれからも続くのでしょうか?(EDの内容から
少しそう思ったり…)続くとしたら今度は何で出るんだろう…。
新しいメタスラを作ってほしい★★★☆☆
昔からメタルスラッグをやっていますが、ここまで変化がないと流石に飽きてきますね 難易度の高さは もはや伝統的ですが、しかしどうも4あたりから敵さんの配置が嫌らしくなりすぎてると思います 初代メタスラのようにバリバリ撃ってガンガン進め!!
みたいなことは殆ど出来ません。
少しステージを進めるだけで初見殺しポイントや理不尽なトラップ、ナイフ切りかかり兵、バズーカ兵等これでもかと言わんばかりに敵が配置されています。
勿論これらの敵や罠を突破することでの達成感はありますが、本作では過去作品のような達成感はあまり感じられませんでした。
パワーアップガンの弾数が元に戻ったのは良いですが、相変わらず役にたたない銃が多すぎます。
ロケットランチャーがマシンガンより遥かに弱いなんて、このゲームくらいでしょうしドロップショットなんてスタッフの罠ですか?
ステージにかけても全体的に閉鎖感があり、どのステージも似たような感じなので目新しさがありません 前作6はモーデン兵が殆どでず、エイリアンばかりでしたが今作はモーデン兵主体です。
これは地味に嬉しいのですが、敵は本当にモーデン兵しか出現しません。
モーデン兵以外の新敵キャラなんて数えるほどしかいませんし、なによりドット絵が浮いています。
もっと力を入れて作ってくださいよ…。
最初にも言いましたが、本作はかなり難易度は高めです。
シリーズでもtop3には入るでしょう 一応ビギナーモードもありはしますが、敵の体力の減少とプレイヤーの銃の弾数が多いだけで敵の配置やステージの構成は一切変更はありません 40時間以上は確実にプレイしましたが敵の配置のバランスをもう少し煮詰めてほしいです ラスボスなんてショットガンが無いと7割方タイムオーバーミスになりますし(あくまで私の経験からですが) 一度ミスしたらパワーアップガン及び捕虜数 全てリセットなのは私からしてみればかなりキツい仕様です。
アクションが下手という私の実力不足もありますが、初心者に向けての救済措置みたいなのが有っても良かったのではないでしょうか?
コンバットスクールは相変わらず教官は声付で喋ってくれないし、絵も魅力を感じません ミッションの内容も最終面をハンドガン一丁でかつノーミスクリアしろとか無理難題 私には階級少将まで上げるのが限界でした。
総合するとゲームとしては標準以上には作られていると思いますが、過去作品に比べると何か物足りなさを感じざるを得ません。
過去作品にはあったスタッフの遊び心(赤ちゃんとかランプの魔人等)が3以降の作品には殆どありません 私はメタルスラッグというゲームは こういった細かな演出や職人技のドット絵があるからこそ、また遊んでみようと思う気持ちが湧いくるのだと思います。
傑作と名高い メタスラX、3を超える作品を作ることはとても難しいでしょう しかし私は現在のスタッフが少しでも過去作品やメタスラファンを大切に思う気持ちがある限り X、3を超える作品が生み出されると信じています。
長文失礼しました。
手軽にコンティニューもできるので、ついつい続けてしまう★★★★☆
言わずと知れた名作シリーズがDSに初登場。

「7」ということだが雰囲気は初期と同じく
ストイックでコアユーザー向けの難易度とノリ。
だが、3D全盛期の今でも魅力を感じる
描き込まれまくったドット絵は本当によく動く。

画面の中を所狭しと兵士が現れ、戦車が砲撃し、ヘリが襲撃する。
そのひとつひとつが非常に滑らかにアニメーションしており、
そこにかかる労力を想像すると怖いほど。

ゲームそのものの難易度はDSといえど相変わらず高く、
気を抜けばすぐにやられるレベル。
もともとゴチャゴチャとした画面のため、
飛んでくる弾丸や浮遊した弾に気づかずあっさりとやられたり、
突如として出現した敵や障害物に、よける間もなくやられたり。

普通に考えれば理不尽であるが、
これこそがメタルスラッグの難易度であり、
何度も死にながら戦線を突破していく。
手軽にコンティニューもできるので、ついつい続けてしまう。

今回はビギナー難易度も用意されている上、
一度でもクリアしたステージはスタート時に選択できるようになるので
とにかく1つのステージをコンティニューを駆使してクリアすることができれば
いつかはエンディングまでたどり着ける。

ステージは7つまでだが、
難易度を下げれば比較的すぐにクリアできるので
あとはどれだけ楽しめるかになってくる。
ノーマル以上の難易度はいよいよメタルスラッグ本来の難しさになるので
そこでヘコたれない根性がないと、かなりキツいだろう。

今作に登場する「コンバットスクール」モードは
一見、チュートリアル的な存在かと思いきや、
なかなかの難易度に設定されているので
本編をクリアできる実力を鍛えてから挑戦するのがよい。
中々か★★★★☆
良かったところ 各キャラクターの個性をより高めた。
ストーリーにちゃんとモーデン軍が出てくる。
武器取った時の声、敵兵士の声をちゃんと戻したところ。
悪いところ やはり背景1〜3に劣る。
まあゲームとしては中々なので買って損はあまりないと思います。
「よく頑張った」★★★★☆
メタスラ4から始まった暗黒時代・・・ 5もスライディングが原因で駄作と呼ばれ
6で汚名をやや挽回するものの、いまひとつ勢いは無く
続編はもう出ない空気に包まれる。しかし、今回ニンテンドーDSにて待望の7発売。
任天堂機・・・思わずメタルスラッグアドバンスを彷彿とさせます。

ところが箱を開けてみるとびっくり。しっかりとゲーセン仕様で、これでもかと言わんばかりの
バリバリ動きまくるボス戦、熱いBGM、ことごとく進軍するモーデン軍たち。
宇宙人相手に戦う雰囲気も嫌いじゃないですが、やはり戦争ですので人間と戦いたいものです。
今回は敵がほとんどモーデン軍なので戦闘が楽しいですね。
メタルスラッグ1〜Xが好きな方には是非オススメしたいです。
(ちなみに私はXが一番好きです)
キャラ固有で特徴があるのも、キャラごとに色んな攻め方が出来て面白い。


6から「ウェポンストックシステム」(以下WSS)が実装され、代わりに武器の装弾数が激減しました。
今回もWSSは導入されておりますが、装弾数は1〜5のシリーズへと戻されました。
あまり触れられてないように思えるのですが、何気にこの違いが
私にとってはこのゲームの楽しさを倍増させた大きな仕様変更だと思っています。


6におけるWSSは弾が少ない事もあって、ここぞと言う所まで武器を温存しておいて
そこまでは必死でハンドガンを撃ち込みながら進む
「ハンドガンを強要するシステム」でしか無かったように思えます。
(温存しなければすぐ武器が無くなって結局ハンドガンで攻めぜるを得ませんし)
ゲーム自体の演出等は嫌いじゃないですが、これのせいで6は個人的に5より苦手でした。
・・・私が下手なだけだったらすみません。

7では弾の数は以前のシリーズと同じです。これによってハンドガンを強要するシステムから
「"2つストックしている武器どちらでここを突破するか"を考えさせるシステム」へと
変貌を遂げたように感じます。6の節約精神は綺麗に捨ててください。
装弾数が多い事もあって2つストックしていれば片方が無くなる頃には
もう次の武器が手に入りますので、もちろん時々はハンドガンで節約する事も大事ですが
パワーガンを撃ちまくる爽快感が大幅にアップし、攻め甲斐がありました。
余談ですが比例してフィオが鬼になりました。


上記の通りゲームバランス、システムは文句無しです。不満な点としては
・ボスがよく動くのはいいものの使い回し、デザインにやや難。
・2人プレイが出来ない(ここ重要)
・解像度の関係で少しドットが潰れる
・下画面の存在意義 ↑と合わせてDSである意味合いが薄い
(ですがDSのボタンの連射のしやすさが意外と良かったのはビックリ)


総合的に見れば、プレイモア製作のシリーズとしては傑作の部類だと思います。
今回はビギナーモードでも最後まで遊べるので
ゲームに慣れてきてからも時々ビギナーモードで遊んだりすると手軽でよい感じです。
4〜6で離れてしまったユーザーは勿論、メタスラ入門としても悪く無い。
DSでアクションゲームをお探しの方にも、是非オススメできます。

爆走デコトラ伝説 ブラック

スパイク
Nintendo DS
爽快感抜群★★★★☆
新しいトラックやパーツを購入する際に必要なBPを稼ぐ絶好のステージが序盤にあるのでコツコツ頑張れば最初から操作するトラックをハイグレードな状態にすることも可能で爽快な無双を楽しむことができる。
ただストーリー外伝や隠しアイテム等を出すためにいい成績を求めるならトラックの性能だけでなくある程度の操作テクニックや戦略を要求されるのでやり応えが無いわけではない。
レース途中でもリトライやリタイヤが選べる親切さもあった。
気になったのはメニュー画面の構成から5章+外伝だと思っていたら4章+外伝ということでもっとボリュームが欲しかったのと、何故かジャンプ台があるくらいなんだからもっとステージ上にトラップ等を配置しボス戦などで利用できるようにしたら良かったと思います。
あとなんであんなに女性キャラ陣が露出狂みたいなファッションばかりなんだろうか・・・   
どうだろ・・?★★★☆☆
画像が小さい分やりにくいかな〜?
やっぱりPS2版には勝てないかも!
でも内容的にはトラックのカラーリングも設定できたりと結構楽しめると思います!
レースもスピード感があり緊張します。
トラック好きな方又は実際トラックに乗ってる方は楽しめると思います。
個人的にはPS2をお勧めします!!
普通に面白い★★★★☆
DSにしてはパーツの種類も豊富だと思う。
他シリーズとは違って、
相手車両を破壊するか、(ぶつけ合い)
1位でゴールするかの2種類?だと思う。
ステージごとに、どちらでもOkと
片方いずれかの場合がある。
レース中に暴走車がぶつかって攻撃してくる。(ザコ敵みたいな)
なんとなくバーンアウトシリーズに敵車の破壊方法が似ている。
今までのシリーズでも爽快感が高い方だと思う。
グラフィックも結構いい感じ。
もっと車種を増やしたらもったよかった(仕方ない所もあるけど...)

パワプロクンポケット13

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS

■野球をさらにおもしろく!初心者から上級者まで誰でも楽しめる!
・なんと!パワポケに禁断の!?リアルモデルを採用! パワプロモデルとリアルモデルから自由に選択可能!
・前作で導入された簡単打撃モード「フルダケ」に加えて簡単に投球も楽しめる「ナゲルダケ」を導入!

■サクセスはシリーズ人気の高校野球編!「逆襲球児」
エリート高校で将来が見込まれていた主人公。とある事故で分校に強制転校させられてしまう…
分校はお遊び程度の野球部… 本校を打ち倒し甲子園に出る事ができるのか!?

■新モード! 1分でお手軽に選手作成!「センシュクラッチ!」
タッチパネルで、スクラッチゲームによる選手育成が可能!
簡単に自分オリジナルの選手が作れます!

(c)2010 Konami Digital Entertainment

キャプテン翼 激闘の軌跡

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
あの大人気サッカーコンテンツがニンテンドーDSに初登場!

日本サッカーの原点ともいえる「キャプテン翼」がニンテンドーDSで初登場!
1981年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタート。シリーズ累計7000万部超の大ヒットサッカー漫画。
日本のみにとどまらず、世界中で愛され、今も多くのサッカープレイヤーに影響を与え続けている
人気サッカーコンテンツが新たによみがえる!

誰でもできるコマンドアクションサッカーゲーム
簡単操作でいつでもどこでも遊べる!
コマンドアクションなので、細かな操作が苦手な人でも存分に楽しめます。

原作再現のストーリーモード
人気の高い「全国中学生サッカー大会編」、「国際ジュニアユース大会編」のストーリーを収録。

やりこみ要素も満載!
「if ストーリーモード」、「キャプテン俺モード」を搭載。
あなただけの「キャプテン翼」を体験できる!



(C)高橋陽一/集英社
(C)2010 Konami Digital Entertainment

TOEIC(R)TEST DS トレーニング

アイイーインスティテュート
Nintendo DS
TOEICのリスニングの練習もできます。
リスニング力がある程度ある人向き★★☆☆☆
しばらく英語から遠ざかっており、リスニング力がない身としては難しいです。
まずは簡単なCD教材などでリスニング力をつけてから取り組めば、このソフトのよさが分かるのかも知れません。
「毎日コツコツ」が苦手な人に。★★★★★
参考書を買ってきても2日と続いたことがなかった私。
08年5月、690点のときに、DSを使った学習の効果に関する新聞記事をみかけて、
試してみることにしました。

さあこれから勉強するぞ!というような気構えもいらず、
机に向かう必要もなく、
通勤時間や寝る前に気軽に取り組めるので、
気がつくと、けっこう毎日やれています。

問題数が少なく、
内容を理解する前に選択肢を覚えてしまうのが難点ですが、
購入直後に続編の青い方―もっとTOEICテストDSトレーニング―が出たので、
赤が終わったら青、青が終わったらもう一度赤というように、
交互にやることで、
なるべくフレッシュな状態で臨めるようにしてきました。

購入以来、TOEIC対策は、ほとんどこの赤と青だけですませており、
あとは、単語の学習にDUO3.0の復習用CDを聞き流すくらいですが、
学習効果は期待以上にあるようで、
昨年7月には805点、この7月には855点でした。
900点が目標ですが、近いうちに届きそうな気がしています。
実力テストの精度が高いです!使えます。★★★★★
最初単語などの(マスタリー2000)などを半分ぐらいやった時はまったく効果なしでへこみましたが。マスタリー2000とトレーニングをほぼ一通り終え、TOEIC本番前に実力テストをした点数と実際のTOEIC結果がぴったり一致して驚きました。また、TOEICテスト新公式問題集Vol.3のテスト結果(範囲の中心値)とも一致してるので、短いですが非常に良い精度(約±50)の実力テストだと思われます。加えて実力テストの結果がグラフ化されるのが楽しく、非常に便利です。

このソフトのほかには、中村先生の緑本5冊をほぼ一通りと、TOEIC新公式問題集Vol.3を一度だけ解き前回よりは100点UPしました。本番後、実力テストをしてみるとさらに100点UPした点数がでましたので、勝手に次回はさらにと期待してます。今度は、中村先生のDSソフトも購入して勉強しようと考えてます。
長文読解問題対応には不向きです。★★☆☆☆
他の方の指摘もすでにありますが、
長文読解問題が先に選択肢が見れないため、全く使えません。
(全文を見てから解くほど、当日の時間はありません)

ただリスニング対策としては本とCDを併用して持ち歩かなくていいので、
ラクだと思います。
間違いなく、画期的な発明★★★★★
CDを聞いてポーズボタンを押してテキスト見返して・・・

あるいは、高額な英会話学校に仕事帰りにわざわざ通ったり・・・

今までわずらわしくて仕方なかったリスニングの勉強をするのに、ここまで手軽で、安価で、モチベーションを保てる方法があっただろうか?

これがなかったら、30代後半の私なんぞ一体どうなっていたやら。リスニングが面倒すぎて、リーディングもやる気がしなかったでしょう。

問題数の少なさは、既発の次回作と近日発売の中村澄子のソフトでカバーしよう。

ぼくとシムのまち レーシング

エレクトロニック・アーツ
Nintendo DS
『ぼくとシムのまち』のキャラクターが登場するレースゲームが登場! 活気がなくなってしまった"まち"を盛り上げるためにレースに参加しよう。車を自分好みにカスタマイズして、レースを勝ち抜いていく。勝てば勝つほど"まち"がにぎわっていき、たくさんのシムたちが訪れてくれる。レースコースはWii版が全15コース、DS版が全12コース。Wii版ではWiiハンドルを使用可能で、最大4人で対戦が楽しめる。DS版は、DSダウンロードプレイでは2人まで、DSワイヤレスプレイとWi-Fiでは最大4人でレースが可能。

http://dol.dengeki.com/
ガチでつまらない★☆☆☆☆
まず、金を貯めるためのお使いが、完全に作業
そして、肝心のレースがひどすぎる
近年稀にみる酷さ

どこでもヨガ

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
ぴったりはまりました★★★★★
2,3ヶ月スポーツクラブのヨガレッスンを受けたものの、
家に帰ってから、暇なときにやってみようと思うと、
なかなかポーズを思い出せない。
もっと日常一人でもヨガをやりたいなあ、、、と思って購入しました。

買って正解。ほんとうにどこでもヨガができます。

みなさんご指摘の
・モデルの首が長すぎる→首の角度が分かりやすい
・呼吸ゲージが保持のとき止る→自分のペースで呼吸ができてよい
・ポーズが難しいときの対処法がわからない→ポーズリストにやさしいやり方が書いてあり、あとでじっくり確認できる
といったふうで、私には特に分かりにくい点はなかったです。

海外旅行に持って行ったときも、飛行機でイスヨガ、時差ぼけのときは寝つきがよくなるヨガなど
体調に合わせて、ヨガができて、大変重宝しました。
使えます。★★★★★
私は、ジムで少しだけ現在進行形でヨガを習ってます。
その補助で、「どこでもヨガ」買いました。
正直期待以上の分かりやすさ&手軽さです。
ただ、ヨガマットがないと出来にくいポーズもあるので、マットがあった方がいいです。
やりがいあり★★★★☆
ヨガはスポーツクラブでもやっていますが、家&どこでも出来そうなので買ってみました!
思ったよりプログラムは多いし、よかったのですが少し難しいポーズは少ないかな?
やはり、1人だけで行うと間違えたり危険なポーズもあるからなのか難しいポーズが少ないのはちょっぴり残念。
家でだからこそ難しいものにも少しずつ練習してみたかったのですがね…。
追加プログラムなんかも売ってほしいな〜♪
でも、毎日行うヨガとしてはとってもやりがいあります!
音声で解説があるのと、呼吸の音が別についているのと、自分に合わせて一時停止など出来るのもおすすめの1つです。
ただ、レッスン中に飛ばしたり戻ったり出来ないのはちょっと融通が利かないので不便かな?
体位にあわせて画面を手軽に移動できるのもDSのよいところ。DVDでは簡単に移動できませんしね。
あとは自分で、プログラムが組めるのと、プチヨガでそのときの気分に合わせて選べるヨガも、何に効果が期待できるのかがわかってより勉強にもなりました。
ますます嵌っていきそうです☆
経験者でも初心者でも使い方が選べてよい★★★★★
全体的な感想は皆さんのコメントとほぼ同じです。

ヨガ歴のある人のコメントでも「物足りない」「入り込めない」というマイナスな
コメントもあるし「良い」という人もあるしですが、これは使い方だと思います。

ヨガを習いに行くかどうするか悩んでいる人にはお試しに。
少し習っている人には自習用に。
結構習っている人には、メンタルな部分(集中や入り込むなど)については
自分でコントロールできるはず(ヨガはそもそも運動というよりも精神集中や
悟りというものです)ですのでこのソフトをペースメーカーに。

ユーザーのレベルに合わせて使い方を変化つけられるのがいいと思いました。

ヨガ前のストレッチがあればよかったな。とか
別売りでもいいのでこのソフトを使うとき用のDSスタンド(寝た常態から見れる)
があるといいな、とか思います。

そうそう、これだとDVDとかと違って旅行や出張先にももっていけるのでいいですね。
同じメーカーのピラティスも持っていますが、あちらよりもユーザーのレベルを
選ばないと思いました。
気分が盛り上がらない、入り込めない★★★☆☆
ヨガの著名な先生についていたことも、スポーツクラブ(コナミではありませんが)の
ヨガクラスに参加していたこともあり、上級者の部類にはいると思います。

・インストラクターの声が単調で機械的な説明にしかなっていません。
 微妙な間合いや溜め、強調などが一切ないので、ポイントが掴みづらく気分が入り込めません。
・ポーズ中の呼吸のタイミングは、画面上でグラフィックで表現されているのみです。
 またポーズ完成時の呼吸をどうしたらよいのかは不明のままです。
 呼吸を止めるのか、自然な呼吸を続けるのか、全く指示がありません。
 インストラクターの声と多重でよいので「吸ってー、吐いてー、止めてー」のかけ声を入れてほしかったです。

上記の理由で、ヨガクラスに通って上手なインストラクターについたことがある人にとっては
物足りなさを感じると思います。
一言で言うならば「気分が盛り上がらない、入り込めない」。これに尽きます。
ヨガ初心者にこそ上手なインストラクターが必要で、自分としてはこのソフトは初心者には薦められません。
ヨガの気持ちよさを味わえないと思います。

ヨガ仙人というキャラクターによる全25回の講座コースがあって
基本理論やポーズを学べるのはよいのですが
最初から順番に制覇しないとで、途中から見ることはできません。これもまた不満です。

一方で無機質な説明インストラクター、一方でヨガ仙人という濃いめのキャラクターが両極端で、
全体としてちぐはぐな印象です。
全編統一して、カリスマインストラクターの設定をしたほうが良かったのでは?

単に日々のメニュー選びとして割り切って使える人には良いソフトだと思いますが
いろんなところで違和感を感じます。
他の方も書いていましたが、モデルのCGの肩関節のありえなさが気になって仕方ありません。

カーズ

THQジャパン
Nintendo DS
子供の★★☆☆☆
クリスマスプレゼントに購入しました。
うちの子供はわりとレースには強いほうですが、これはクリアしないと次のゲームができず
(最初は3つだけ)なかなか進めず飽きてしまいました。
WIIのほうがまだクリアしやすかったのかなあ・・・と思いました。
操作がWIIの方が大きい?ので・・・。
簡単だとおもったけれど・・・★★★☆☆
小1の息子に初めてのゲームソフトとして買いました。
ミニゲームをクリアすると、次なるミニゲームに挑戦できるしくみなのですが、なかなか小1初心者レベルでは次のミニゲームに進めません。
近頃では、なかなかクリアできないもどかしさで、あまり遊ばなくなりました。
ゲーム遊びに少しは長けている方向きかもしれません。
痛快&感動ストーリーのゲーム化★★★☆☆
映画は車の世界という実際にはありえない物語なのですが、まるで人間が出ているかのような錯覚を覚えました。
迫力溢れるレースシーンから始まり、最後は感動で締めくくられるとても素敵なストーリーです。
その映画がゲームになったというので、とても期待していますが、DSはミニゲームをクリアしていくというものなので、ストーリーを進めていく楽しみが無いのかな、と思います。
でもDSの特徴であるタッチペンを駆使するので、ゲームに白熱しそうです。