任天堂DSゲーム情報ブログ

英文多読DS 世界の名作童話

アイイーインスティテュート
Nintendo DS
辞書なんていらない★★☆☆☆
このソフトにもお粗末ながら辞書がついてますが、いらないです。
英文多読で推奨している学習方法は、辞書を近くに置いて英文を
読むのではありませんから。
本ソフトで、学習しようと思ってる方は、まずは英文多読の学習方法を
調べた方がいいと思います。
辞書なんてつけるより、日々何語読んだかを記録できる機能なんかをつけた方が
モチベーションが上がって良かったのでは?

値段が安いので気楽には買えますが、読書ができる最低限の機能しか
ついていないのは、残念です。

「英文多読DS 世界の文学選集」もありますが、
「英文多読DS 世界の名作童話」の方がレベルが低いので、これから多読を
始める人には、コレがオススメです。
DSなら音声を・・★★★☆☆
書籍での多読をしていたので、リスニングしながら読むのにDSは最適!
とおもっていたところ、こちらを見つけて予備知識なしに即購入しました。
DSだから音声はあるだろうと思い込んでいたのですが、音声はなし。
ラダーシリーズだったのでダウンロード購入は出来るようですが、
WMAがほとんどの上 アリスで1260円。CD付きのBOOK購入とさほど変わらず
収録数が減っても音声付にしてほしかった。

意味は調べず読み進めるというSSS方式で100万語多読を始め、100万語を越して
その方が良いと実感しているので、単語の意味を調べる機能より、
わからない単語をリストしておける機能や、発音を読んでくれる機能がある方が良いと思いました。

学習目的で読むとDSでは日本語をよむ以上に目の疲れも激しくなります。
本の方が格段に読み易く、挿絵で理解も進むので、名作文学のほうは控えようかなーという感じ。

朗読があると抑揚により挿絵以上に理解の助けになるので、
音声が出るというDSの特性を生かした第2弾に期待します。

---------

レベル1をほぼ読み終え、がっかりしたので追記します。

読書ソフトとしての使い勝手が良くなく、ちょっとストレスになります。
キーでのページ送りは 十字キーでカーソル移動し、Aキーで決定なのですが、
途中で設定変更や単語の意味調べをすると、カーソルがページを戻す位置に
戻ってしまいます。非常に小さなメニューなので、指先では上手くタッチできず
結局 右手にペンをもって読書になっています。
(レベル1は一冊の書籍をばらして数冊にしてあり、数分で本を替える事になる。
 また、設定変更は読書画面でないと出来ません)

また、読書速度も「POOR」だったり、「ネイティブなみ」となったりで、
途中何か操作をすると、きちんと時間を測れないようです。

平行して読んでいるDSiウェアの名作文学20が、普通に本を読む体勢のまま
ページ送りや、戻りができ、設定変更も指でちょちょっと出来て
目の疲れを引いても余りあるDSの便利さを、通勤電車や布団の中などで
感じているだけに、後発でこれ?という感じが否めません。
読みづらかった★★☆☆☆
だいたいのストーリーは理解できるけど、わからない言葉が出てきたとき、単語の意味しか調べられないのは、あまり意味がないかな。
そのストーリーで使われている熟語の意味を載せてくれればいいのに。
これだとDSと一緒に電子辞書でも置いておかないときちんとは理解できない。
ある程度英語を読める人が、娯楽の意味で読むならいいのかも。
これでリーディングの力をつけようと思ったら大間違い。
でもどうせ娯楽を目的として読むとしても、軽く読めるエッセイとか、短時間でさらっと読めるものをたくさん用意してほしいかも。
わがままでごめんなさい。
熟語に不親切★★★★☆
簡単な英文で、物語もすでに内容を知っているようなものが多いので、スラスラ読めるといえば、読める。

簡単な単語が使われているので単語の意味はわかるが、文章の意味があやふやな時、「きっとこういうことを言っているのだろう」という理解程度で先に進めるべきか、それとも、「完璧」に全ての英文を理解して始めて「読んだ」と言っていいのかが迷うところ。
ただ、そんな場合ネックになっているのは「単語」ではなく「熟語」なわけで。
それに対しては、備え付けの辞書は単語オンリーなので、何の解決にもならない。

ウィル・オ・ウィスプDS(通常版)

アイディアファクトリー
Nintendo DS
2007年9月にPS2で発売された恋愛AVGを携帯ハード2機種に移植。プレイヤーは主人公のハンナとなり、19世紀末のイギリス・ロンドンを舞台に人形たちと交流を深めていく。ゲームの途中には選択肢が出現し、その選択に応じてストーリーが変化。プレイヤーの進め方によってさまざまなエンディングを迎えることができる。DS・PSP版ともにファンディスク『ウィル・オ・ウィスプ ~イースターの奇跡~』だけでなく、その後日談にあたる新シナリオ"人騒がせな贈り物"もプレイ可能。各シナリオには描き下ろしイベントCGが盛り込まれている。なお、ミニゲームには"神経衰弱"が追加されており、提示された条件をクリアするとスペシャルボイスが手に入る。

http://dol.dengeki.com/

メダロットDS(クワガタバージョン) 特典 メダロットトレカ「クワガタ版限定パック」(30枚入り)付き

ロケットカンパニー
Nintendo DS
マイナスポイントも多いが、それを補い余る魅力を持った対戦。★★★☆☆
8年ぶりとなるメダロットシリーズの新作。
DSロゴの後ろのマークが6に見える等、様々な箇所でナンバリングの続編であることが示唆されています。


■ストーリー
やや残念、というのが正直なところ。
悪がきや幼馴染たちはこれと言った個性もなく、空気である割に不快にさせられる場面も多々。
駆け足で盛り上がりに欠けるのもマイナス評価です。
また先ほど続編、という表現をしましたがストーリーに関してはアニメ寄りの設定が散見されます。
特に過去作キャラの性格に関しては殆どがアニメを踏襲していると言っても過言ではありません。
興味のある方はメダロットDVD-BOX 1 (5巻組)もどうぞ。

■システム
合計で99にしか出来ない熟練度システムは個人的には○。
ただ一つの熟練度だけでレベルが埋まってしまうのは頂けない。
熟練度の最大値が100、レベル合計が160程度ならバランスも取れ取捨選択の楽しみが増えたのではないでしょうか。
またソートの遅さ、アプリのクイック使用が無い等後半になるにつれ不便になっていくのが残念。
セーブが3つあるのは○。
とは言えこれが無ければ熟練度システムとの兼ね合いで不満が大きかったであろうことを考えると必然ではあるが。

■グラフィック
これは高評価。
一枚絵に比べると劣化するメダロットもいる反面、大抵の機体がかっこ良く見えます。

■戦闘
過去作で使いづらかった行動が強化され、戦略の幅が広がったのは○。
しかし明らかにバランスブレイカーのアサッシン等、やや極端になってしまったのはマイナス。
また前作まではあった空撃ちが出来ないのは×。

■余談
wifi配信によるパーツやメダルが期間限定なのは非常に不親切。
後々にすべて配信してくれると嬉しいのですが。
また両バージョンでの入手パーツ・メダルに殆ど差異がなく、
そのくせクワガタメダルがカブトに比べ明らかに優れているのも微妙なところ。

■最後に
ややテンプレートな組み合わせが横行していますが、戦闘自体は面白く戦略の幅が広いです。
是非wifiとセットで購入し楽しんで下さい。


※このレビューを書くに当たり、他レビュアーさんのテンプレートを一部流用させて頂きました。ご容赦下さい。
いい作品!だけど・・・★★★☆☆
他の方もおっしゃられているようにいいところ満載!
でも自分的にはバトルシーンの角度がなんかちょっと・・・それに前まであったバトル開始合図の「ロボトルファイト」の音声が無くなっていたのは残念ですね^^;
「ネタバレあり」登場人物紹介の様なゲーム★★★★★
ゲーム本編をクリアしました、
良かったところは、ほかのレビューと同じです、
なので 悪かったとことゆうか
思ったことをいくつか・・・
ゲーム本編が短いと思う、

せっかくイッキが出てきたに結果 空気(後半ただのコンビニ店員)

前作キャラどうしの会話がほとんど無い(赤の他人な感じ )

クリア後の進展があるのかもしれませんが、主人公のお父さんの正体が結果よくわからない、
最初にでてきた、「なんたら計画」もよくわからない、
このほかにも 伏線がいっぱいあり解決しないまま本編が終わった、

まあここら辺は、メダロットDS2への布石だと思うので☆5で、

なんだかんだメダロットが大好きなんで・・・


あ、あと怪盗レトルトが出て来なかった(イッキが二代目怪盗レトルトなんじゃ と、思ってたので残念)クリア後のいまのところ、怪盗レトルトの名前だけ出てきてます、「また活動を始めた」的なことを言っていたので「2」への布石なのかなと思います、 なので「メダロットDS2」に期待大です。 (あと、イッキとロボトルしたかった・・・。)
ブランクの割には好感触★★★☆☆
しかし作りは甘い。ただ、初代GB1のような仕様書でも読まないと分からないようなイカれた作りでは無い。
戦闘関連であったりインターフェイスであったり、
個人的に痛いのが他の方も挙げているがメダルに名前を付けられないのが痛い。スタッフにはもう少しメダロットを理解して頂きたかった
「普通のゲーム」ではある。

基本的にメダロットはある程度のノウハウが無いと雑魚戦すらままならないので(シリーズの中では)低めの難易度は賛成
「ていし」されまくったりレーザー一発食らって即死という事は減った。
パーツの少なさ、それに伴う底の浅さは復帰作ゆえ仕方なしと思うしか。いきなり大量のパーツを送り出してもユーザ側で消化仕切れるとも限りませんし。
GB1,2,3,4と経験した方には物足りない感がありますがメダロットDS2への布石としてはまずまずではないかと。
これでDS2が出なかったら生殺しにもほどがある。
楽しい。けど・・・★★★☆☆
私は一番初期のゲームボーイとプレステで出たメダロット以来のプレイでしたが、戦闘BGM1や序盤使用するロクショウは小学校のころの懐かしさをよみがえらせてくれました。

ゲーム自体はストーリーもレベル上げもスムーズにサクサク進めていけるので、小さな子から大人まで気軽に楽しめると思います。クリア後もいろいろやりこみ要素が多く、良い意味で本編よりクリア後の方が時間とるかもしれません。

評価を下げた理由は、クリア後の一部CPUの理不尽な行動です。ゲーム内に必殺技があるのですが、それを溜めもせずに連発、同じレベル99とは思えない攻撃力、バランス良く割り当てたレベルなのに全く攻撃が当たらない、その結果一矢報いるのがやっとでした。もしかしたらそういったパーツやスキルもしくはメダリアがあり、自分が知らないだけかもしれません。しかし、たとえそうであったとしても、こうしたことで倒すための戦略が限定的になり、レベル上げも無意味になり、好きなメダロットでも戦えないとなるのは残念ですね。

WiFi通信でパーツやメダロットが入手できるシステムや、ゲーム全体的には大満足していますので、久しぶりの人であったり、興味を持った方はぜひやってみてはいかがでしょうか。