任天堂DSゲーム情報ブログ

影之伝説 -THE LEGEND OF KAGE 2-

タイトー
Nintendo DS
高評価に騙された感じ★☆☆☆☆
失敗でした。全体的に粗い作りです。

・まずグラフィックが粗いです。
携帯機のDSでも、もっと魅せる事が出来たはず。

・ボスまでのステージ部分が意味無いです。敵は大量に出てくるのですが
普通に通り抜けできるので、ダッシュするとゴールまで一直線です。
そして異様にジャンプが高いので、ダッシュ→ジャンプしてるだけでステージ終了。

・ボス戦は作業ゲームです。
とても硬くて単調なパターンを繰り返すボス達。
パターンに沿って地道に体力を削っていく作業戦のみです。

・アクションゲームとしては操作性が悪いです。
一見、高速アクションに見えますが、始めてみると全体的にモッサリしています。
特に主人公は移動が速いのに攻撃が遅い。爽快感は味わえません。

・新機能「術作成」が使えない。
術自体が役に立たないので使いません。いらない機能でした。

全体的に見て「手抜き」という印象でした。
自分はアクションゲーム得意なので買ったその日にクリアしてしまいました。
けれど、ゲーム後半はダラダラプレイで面白いとは感じられませんでした。
難易度選択も無いので不親切。ストーリーはありきたりな内容なので無いような物。
中古で500円ぐらいなら買ってもいいかな?というレベルでした。
良くも悪くもファミコン的★★★☆☆
子供のころ、大好きだった「影の伝説」。
友達や家族が「マリオ」ばかりやってる中、自分はこのソフトに夢中でした。

そのリメイクということでさっそく買ってみたものの、自分は思っていたほど
楽しむことはできませんでした。
現代的な味付けがされているものの、独特の動きやキャラの怪しさは健在で、
あの「影の伝説」そのままです。
しかし、延々とループする単調なマップや、ザコ戦の面倒臭さ、
攻略法を知らないとまず倒せないボス敵など、
「ファミコン的な理不尽さ」が、現代ゲームのユルさに慣れきってしまった
自分には正直耐えられませんでした。
そこらへんを許容できるのであれば買っても良いと思います。
FC版をプレイしていた者にとっては懐かしくもある新生"影之伝説"★★★★★
DSの上下2画面をフルに使った広くて油断のならないステージを、FC"影の伝説"の代名詞とも言える"高いジャンプ力"を駆使しながら駆け抜ける爽快感は抜群に良かったです!
刀や手裏剣、ジャンプ力等は使えば使う程にスキルアップしていくシステムや、ステージ中に手に入る玉を組み合わせて複数の術を発動させる等、良い部分はそのままに前作から確実にレベルアップを果たしてました
主人公が初めから2人選択できたり、クリア後にハードモードやボスラッシュモードが出現して、さらにやり込める余地があったのも良かったと思います

ただし、唯一、難点を挙げるなら"天上張り付き"は要らなかったという事
ジャンプして天上に達すると勝手に天井に張り付く為、こっちは向こう岸に飛び移りたいのに勝手に張り付いてしまったり、最悪の場合、そのせいで最下層まで落下してしまってもう一度上りなおした事もありました(苦笑
こればかりはストレスの元ですし、大きな減点ポイントだと思います

アクションゲームとして、特にボス戦での難易度が若干高めです
ですが、何度かリトライしてパターンを掴めば勝てる難易度設定になってます
ステージを颯爽と駆け抜け、一癖あるボスとの死闘を繰り広げる上質な忍者アクションゲームだったと推薦したい!
良質なアクションゲーム★★★★☆
ファミコン時代に好評を博したアクションゲーム『影の伝説』のリメイク作品です。
原作は今でも、任天堂の据え置き機WIIでバーチャルコンソールとして配信されたりと、
高い評価を得ているゲームだったりします。

このDS版は、グラフィック的にはあまり派手なほうではないです。昨今のゲーム事情から
すれば、地味なほうに分類されるでしょうか。
ですが、個人的にはこれでよかったように感じられました。
もともとファミコンで発売されていたものですから、過度な演出などされてしまうとイメージが
崩れて違和感を感じてしまうというか……。

アクションゲームとしてもバランスが取れているといえます。何度か挑戦してけばクリアして
いける難易度ですし、それで物足りなく感じる方には一度クリアしたあとに
ハードモードが用意されていますので。

それと、主人公が二人用意されているということも、プラスポイントでしょうか。

全体的に高い評価なのですけれど、一つだけ不満を評させてもらえば、ファミコン版の
影の伝説が入れてあれば完璧でした。
旧作の良さに新しい良さがプラス★★★★★
旧作では、ジャンプをするとき、レバー(左手で操作する方)を上にすることで行っていましたが、この作品ではボタンで行うことに最初は戸惑いました。あと、飛べる高さが少し低いかなと思いました。
でも、慣れてくるぐいぐい引き込まれてしまい、ジャンプもゲームが進んでいくと段階的に高く飛べるようになることを知り、満足感が上がっていきました。
まだ途中までしかクリアしていないのですが、難易度とかバランスもなかなか良くて、やめどきが難しいと思うくらい良いです。
価格も安いのでおすすめ!

贅沢をいえば、大好きだったゲームの新作なのでもう少し、ゲームのジャケットというのかな、パッケージを目立つような色で表現してほしかったです。
あと、操作ボタンの変更は一応できて4パターンから選べるのに、その中に最初に書いた、
「レバーを上にすることでジャンプ」というパターンがなかったことが残念。
旧作から操作ボタンの配置をなぜ変えるのかな?

ミスタードリラー ドリルスピリッツ

ナムコ
Nintendo DS
   穴掘りアクションゲーム『ミスタードリラー』のDS版。主人公のホリ・ススムやおなじみのミッションモードやタイムアタックモードはそのままに、オリジナルモードを搭載して登場する。

    DS版だけのオリジナルモードは、「プレッシャーモード」と呼ばれる。主人公はドリル魂を命中させ、マドリョリルにダメージを与えつつ、しばらく止めることでその距離を広げ、その間に再びパワーをためる。ドリル魂は下の画面から突き抜け、マドリョリルに届きます。このとき、距離が離れているほど、ドリル魂が到達するまでの時間が長くなる。この距離が0になり主人公がマドリョリルに触れるとゲームオーバーというモードだ。

    操作方法も、従来型の十字ボタンとAボタンだけのカンタン操作は健在。十字ボタンで方向と移動を決めて、後はAボタンで掘っていく。DS版では、ホリ・ススムに隣接したブロックをタッチすると、壊すことができるます。また、プレイヤーキャラから離れた場所をペンタッチしつづけると、そこへ移動することもできるこの新感覚に慣れると、こっちの方が速く掘れることもあるので、習得は必須だ。(椎 武男)
面白いです、が★★★☆☆
ただ穴を掘っていくだけのゲームですが面白いです
全面クリアをしても次は全ステージでミスタードリラーの称号を手に入れたりと一本で長くプレイできます

特に1000Mを越えた辺りの高速で落ちてくるブロックを避けながら掘り進んでいくのは非常に楽しくのめりこんでしまいます

しかし昔からドリラーをプレイしている人からは特に目新しさはないでしょう
DSでドリラーをしたい人や軽い暇つぶしになるゲームが欲しい人は買ってみてもよいかと
面白さは折り紙つきだと思いますよ
ウホッ!いいドリル…★★★★☆
掘って(アッー!)掘って(アッー!)堀進む!
爽快感もあり、知恵を尽すこのゲーム!
君もぜひ激遊してくれ!
掘り掘り♪掘り掘り♪掘り掘り♪掘り進む〜〜♪
掘らないか?
アッーーーー!!!!!
親指が疲れる!★★★★☆
とても面白いゲームです。ただ単に穴を掘るだけっていうシンプルルールですが、結構ハまってしまいます。虫食い状態になったブロックが次々と連鎖して消えていくのを見るのはとても爽快です。
タッチパネルでも操作できますが、自分の手が邪魔になって画面がみえないし、移動と穴掘りをタッチパネルで同時に行うのはちょっとしんどいです。
普通に十字キーとボタンでやる方が楽です・・・が、DSの構造上の問題で、親指が非常に疲れます。アメリカステージや月ステージは2000m掘らなくてはならない長丁場なので、途中でポーズして休憩しないと辛いです。
なんとなーくやるのにちょうどいい、長持ちソフト★★★★☆
他の方も書いておられますが、そんなに新しい要素はありません。
また、タッチペンでの操作も、私はほぼ使っていません。

が、新しいプレッシャーモードは結構白熱しますし、落ちてくるブロックが見られる上画面も、結構役立ちます。
モードの種類やステージ数も結構多いし、やりこむ要素もあります。
「一度やったら終わり」型のゲームではなく、飽きるタイプでもないので、特にやりたいゲームがない時のつなぎに重宝します。
そういうソフトって、案外ないんですよね。

DSを持ち歩く人で、ドリラーが嫌いじゃなければ、買って損はないと思います。

意味のないタイトル。★☆☆☆☆
DSで始めてのドリラーなので、早速買ってやってみました。
でも、別に前のシリーズと違うところが見つかりません。
新しい要素としてタッチスクリーンでの操作を入れましたけど
やらなくてもわかります。使えないくらい下手な入力方法です。
それに、通信対戦もただ時間競争で、ほかの要素はありません。
いままでほとんどのドリラーシリーズをやってきましたが、
ここまで来ると『これ以上はもうないな、もうドリラーは買わなくて
いいかも知れない』と思われます。

NARUTO-ナルト-最強忍者大結集4 DS

タカラトミー
Nintendo DS
ナルト★★★★☆
今回はシステムが「横スクロールアクション」から「ドタバタ忍者アクション」に完全にリニューアル!
大幅増加したキャラクターで、60以上の任務に挑戦!
前作好評だったDSならではの「なりきりアクション」もパワーアップ!
さらに対戦モードも追加され、友達ともながく遊べる、ナルトアクションゲームの決定版

レゴ スター・ウォーズII

エレクトロニック・アーツ
Nintendo DS
協力プレイ面白いですね^^★★★★★
私はいつも知り合いと出来るゲームしか買う気がないのですが、
このゲームは非常に協力プレイ楽しいです。
ストーリーも一緒にできますし、なんといっても死んでもすぐ復活するので
ストレスがたまりません。気軽にスターウォーズの世界が楽しめます♪
音楽も可愛いです。

画面の方はxbox360(海外体験版)の画面を見ていて
DSが心配だったのですが、DSをプレイしたらそこまで違和感なく
DSにしてはなかなか綺麗だと思いました(@'ω`)

海外では1(エピソード1〜3)と2(エピソード4〜6)が合体してさらに新要素もとりいれた
レゴスターウォーズコンプリートが発売しています。
是非日本でも発売してほしいですね。

友達、知り合いとプレイするのには最高でした+。:.゚ヽ(*'∀`)ノ゚

ただ、他の方もおりましたが…通信エラーが多少起きた気もします><
もったいない★★★☆☆
このゲーム、はっきり言ってもったいなかったと思う。
せっかく面白いキャラや素晴らしいステージが待っているのにカメラの問題(見えにくい。
壁で操作キャラが見えない。
)壁の問題(壁にめり込んで動かない)フリーズの問題(特定の場所へ行くと動かなくなる)が最大の欠点。
私はお勧めできない。
ただ、感動させる曲やかわいいレゴの動く姿は星をつけてもいいだろう。
通信エラー多発します!!!★☆☆☆☆
少々「はまる」のは我慢しますが、2台でストーリーモード・フリーモードを協力プレイ中、通信エラーが多発します!!! 一度発生した後(といっても、3面ぐらいしかクリアーしてなかったのに、、、) 毎回通信エラーでゲームが中断されます。PS2からのファンで、DSだと2人別々の画面で楽しめると思い、2本もソフト買ったのに、、、非常にショックです。「ポ○モン」みたいに、Wi-FiステーションでVer.upしてくれないかなぁ、、、
ポリゴンで頑張ってる★★★★☆
スターウォーズを知らなくても軽いアクションが楽しめます。
PS2版と比較してステージ構成や演出・グラフィックで見劣りしますが、
DSならではのフットワークの軽さが感じられます。
リトライ(その場復活)が早く、ゲームオーバーがありません(スタッドという通貨の様な物は減る)。
時間があいた時にゲームをちょこっと遊ぶ人には最適です。

各ステージに隠されたミニキットを集めると新しいプレイヤーキャラを入手出来たり、
他に隠し要素もあるので、適当にやり込む気分を味わえます。

以下はPS2版にも言える事なのですが、
オブジェクトにハマるバグ満載、カメラ位置が悪く見づらい場面が多いです。
折角のキーレスポンスの良さも台無し!
ですが、それを差し引いても、
すぐに開始・終了させられるお手軽さは、据置機に疲れた人にお勧めです。
DSへ★★★☆☆
アクションゲーム『レゴ スター・ウォーズII』がニンテンドーDSで発売されるぞ。
プレイステーション2版同様『エピソードIV』から『エピソードVI』の物語が楽しめるのだ。
またニンテンドーDS版では、最大2対2の対戦プレイが可能。
友だちと白熱のバトルをくり広げろ

お茶犬の大冒険2 ~夢いっぱいのおもちゃ箱~

エム・ティー・オー
Nintendo DS
癒し系キャラクターの"お茶犬"がキュートに活躍するアクションゲーム。絵本のような温かみあるグラフィックで描かれたおもちゃの世界を舞台に、タッチペンやアイテムを駆使しながら大冒険を繰り広げる。収録ステージは全部で8つで、それぞれが3つのエリアに分かれている。各エリアには、おもちゃならではの仕掛けが盛りだくさん。全24エリアをクリアすれば、ヒミツのステージが登場する。もちろん、ゲームの各所ではほんわかストーリーが展開するプチアニメも鑑賞可能。「お茶犬」の世界観を活かしたコレクション要素や8種類のミニゲームもあるので、"お茶犬"ファンならば満足できること間違いなし!

http://dol.dengeki.com/

レゴ バットマン

アクティビジョン
Nintendo DS
レゴバットマンは、映画やコミックのバットマンの世界を「レゴ」で再現した、愉快で痛快な勧善懲悪アクションゲームです。
レゴ風にデフォルメされたキャラクターがとても可愛らしく、活き活きと動き回ります。
バットマンや相棒のロビンとなり、ゴッサム・シティを舞台に悪党たちとの闘いを繰り広げます。

■キャラクターは総勢40名以上!
・映画に登場した有名なキャラクターからマニアックなキャラクターまで登場します!
・バットマンなどのヒーローだけでなく、悪役キャラクターをメインにしたストーリーも収録しているので、バットマンの世界をさまざまな角度から楽しむことができます。

■ゲームの特徴
1:コミックを元にしたオリジナルストーリーを展開
バットマンのマニアックな悪役を含めたオールキャストが総出演する、オリジナルストーリーのゲームです。

2:バッドマン視点と悪人視点で繋がるひとつのストーリー
ヒーローと悪役の2つのストーリーが関連して進みます。

3:キャラクターの個性を活かすパズル要素
キャラクターそれぞれに原作を元にした特殊能力が設定されています。難関をクリアするには、特定のキャラクターの協力が必要で、
これらの難関を複数組み合わせることにより、キャラクターを使ったパズルを解くゲーム性に発展します。

4:状況に合わせたスーツ変更が可能
空を飛んだり、ガラスを破壊したり、壁を登るなど、各スーツに合ったアクションができます。

5:リアルな映像美と豊かなキャラクターアニメーション
光と影が交錯するバットマンの世界を美しく再現しました。ゲームの舞台となるゴッサム・シティとレゴ フィギュアを、
最新のシェーダー技術によってリアルに再現し、水溜りやリアルな影など、高度なグラフィック表現に挑みました。
また、キャラクターアニメーションはそれぞれのキャラクターにレゴ シリーズ最大クラスのアニメーションを投入しました。

平均プレイ時間は60時間で、全部やりこむと、やりごたえも十分です。
ボリュームは多いですが、子供から大人まで、どなたでも楽します。

また、"テーマ曲は、ティム・バートン監督「バットマン」シリーズのテーマ曲(ダニー・エルフマン作曲)を採用し、ゲームを盛り上げます!
なかなか楽しめます。豊富なキャラもよい。★★★☆☆
ジョーカーカードや赤ブロックなどを探すためにステージをあっちこっち探索したり豊富なキャラクターを使用できたりなかなか楽しめました!ナイトウイングにバットガールやラーズ・アル・グールなども使えます。

ただ、やはり子供向けに作られているので物足りなさを感じる面もありました。

・せっかく相棒を連れていけるシステムがあるのに相棒の攻撃は敵にダメージを与えられない
・敵の出現率が少ない=闘う機会が少ない

などが気になりました。なので全体的に難易度は低いです。

あと、個人的には特定の場所でしか使えないグラップルパッドを好きな時に使えたらいいなと思いました。バットマンはグラップルパッドを使って移動するのがかっこいいですからね!
思った以上に面白い★★★★☆
レゴシリーズは購入したことが無かったのですが、面白いです。
キャラクターもコミカルで可愛いし、
同一キャラのデザイン違いを集めることが出来たりと、
原作ファンの心をくすぐる要素も組み込まれています。

難易度は、かなり低め。と思っていたら、
ジョーカーカードやキャニスター集めに意外と苦戦してしまいました。
あと、キャラクターの可愛らしさに反して、音声(壊されるとうめきます)
が、妙にリアルなのが笑いを誘います。

ただゲーム自体は楽しいのですが、たまにバグ穴に比喩ではなく落っこちる点と、
DSの宿命か、2画面が離れており、チェイス系のステージが慣れるまで
非常に見辛いのが難点だったかと。
ゲームそのものには関係のない点なので、惜しかったですね。

欲を言えば、キャラ紹介とか充実させて欲しかったですが、
ゲームは楽しかったので満足しています。

それから余談なんですが、作中のナイトウイングの髪型が非常に気になります。
最初ターバンかと思ったのですが…あれ、どうなってるんでしょうか。
こんなに面白いのになんで1つも "レビュー" 無いのだろう?★★★★★
私にとって今まで遊んだdsのアクションゲームの中で一番おもしろいゲームです。

マリオや鬼太郎をプレイし楽しく感じた方なら買って後悔する事は無いと思います。

商品説明にも "平均プレイ時間は60時間" 書かれていますが、
アクションにしてはかなり長く飽きずに遊べると思います。

グラフィックも綺麗で本当にバットマンの世界に吸い込まれます。

難易度もdsで遊ぶにはちょうどいい感じです。

メタルファイト ベイブレード 爆誕! サイバーぺガシス (オリジナル限定ベイブレード同梱)

ハドソン
Nintendo DS
面白いけど、、、★★★★☆
確かにこのゲームは面白いです。
が、しか〜し全クリするとすっごくヒマ、('□';)特典のサイバーは、90SFにするとつよいですよ。
(^□^)
もらった子どもは、大はしゃぎ★★★★☆
私自身は、ほとんど興味はないのですが、子どもは狙っていましたので、大はしゃぎ・・・。
我が家の坊主のマイブームで、このソフトにしか入っていないベイもあり、大満足でした。

ペン1グランプリ ペンギンの問題スペシャル

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
ペンギン異種格闘技★夢の祭典!「ペン1グランプリ」ついに開催!今こそ集え!ペンギンファイター!めざせペン1チャンピオン!

○大ボリュームの新キャラクターに加え「ペンギンの問題X」キャラクターもゲストとして登場!
ゲーム内に登場するペンギンファイターは新キャラクター満載で総勢100体以上のボリューム!
さらに原作には登場しないゲームオリジナルのキャラクターも続々参戦!

○ベッカムがあんなところやこんなところで大暴れ!?面白ステージが君の挑戦を待つ!
戦いは学校の教室に始まり、トイレの中まで多種多様!
ステージコンセプトに沿ったギミックが対戦をさらに熱くする!

○対戦ルールも大幅強化!
盛り上がり間違いなしの新たな対戦ルールを豊富に用意!
さらに今作は逆転要素満載のスペシャルアイテムが出現するぞ!

○「ペンギンの問題X」と合わせて遊べばもっと楽しい!
「ペンギンの問題X」で集めたキャラクターをペン1グランプリに参加させよう!
「ペンギンの問題X」のプレイデータを「ペン1グランプリ」クリア後に入力すると、
なんと「ペンギンの問題X」で集めたキャラクターも「ペン1グランプリ」に参戦できちゃうぞ。

○もちろん一人プレイ時のバトルモードも完備!
全てのステージをクリアした後、裏ステージが出現するなどボリュームにも満足!
そして、攻略要素満載の「乱入」システムなど1人プレイでもやりこみ内容盛りだくさん!


(C)永井ゆうじ/小学館・ShoPro・TV TOKYO
(C)2009 Konami Digital Entertainment
まあまあかな?★★★☆☆
息子へのクリスマスプレゼントにしました。
まあまあ喜んでいました。
でもイナズマイレブンの方が楽しいみたいです。
商品は安くてすぐに届いてすごく良かったです。
子供が毎日楽しんでます★★★★★
対戦アクションというだけあって、子供が近所の子と対戦で楽しんでいます。
難しいステージもある様ですが、キャラクターが集まるのが楽しいそうで。

親的には価格がとても安くて良かったです。
やたら腹が立つ。★★☆☆☆
前二作とは違って、ゲーム内容はバトル形式のみです。
一周目はエンディングまであっさりクリア出来ましたが、二周目からはもう…。
再挑戦する気が失せます。
ステージはマンネリ、気分が悪くなる敵からの集中攻撃。
楽しい気持ちにはならず、かなりイライラさせられるゲームでした。
子供とプレイしていましたが、もうウンザリ!
…売ります。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

エレクトロニック・アーツ
Nintendo DS
2007年公開の映画を完全ゲーム化!

【ホグワーツ魔法学校で冒険開始!】
映画でしか見ることが出来なかったホグワーツ校内を、ゲーム内で完璧に再現!
校内を自由に冒険できるようになり、ホグワーツ生の気分がリアルに体験できます。
もちろん登場人物は映画に登場する俳優の声を収録。日本語字幕で安心して遊べます。

【タッチペンでハリーになりきろう!】
タッチペンを杖に見立てて魔法を唱えます。
ハリーになりきって様々な呪文を使いこなそう!

【DSならではの楽しいミニゲーム満載!】
映画にも登場する「蛙チョコレート」「爆発ゲーム」「ゴブストーン」などの『ミニゲーム』をプレイできます。
ダウンロードを使えば、ゲームソフトを持っていない友達ともプレイできます。
1対1で対戦できるマルチプレイヤーモードでは魔法薬学などの教室ゲームやクディッチなどのクラブ
ゲームが楽しめます。
面白いですが…★★★☆☆
クリア後は少し寂しくなります…

ハリー以外の生徒がほとんど居なくなります。

ハーマイオニーもロンも居なくなります。

大広間にも誰も居ません。

寂しい…
地味な戦闘★★☆☆☆
思っていたよりも微妙なゲームでした。学校を歩き回れるのは良いのですが、戦闘相手のほとんどがマルフォイなので、途中から飽きてしまいます。ラストで繰り広げられるダンブルドアとヴォルデモートの決闘も、学生のけんか程度の規模なので、映画のような迫力はありません。
酷評してしまって申し訳ないのですが、本当なんです。
☆前作より面白い☆★★★★★
炎の時より良く出来ています〜!
皆学校の制服を着ていて、学校内を自由に歩き回れるのがいいと思います☆学校内には他の生徒もいてとても賑やかです!
映画のシーンとかも出て来て、操作もあんまり複雑じゃないので、買って損はしないと思います♪ハリーポッターファンにはオススメです☆☆☆
よかった★★★★★
今回はおもしろかったです。前作の<炎のゴブレット>よりも
おもしろくてよくできていました。前作は、システムがあまりにも
駄目すぎている。ですが今回はそれからパワーアップしてよくできた
ゲームになりました。