任天堂DSゲーム情報ブログ

NINJA GAIDEN:Dragon Sword(ニンジャガイデン ドラゴンソード)

テクモ
Nintendo DS
<ポータブルゲーム機の新たな時代を切り拓く本格タッチペンアクション、ついに登場!>
●タッチペンアクションゲームの頂点!
移動や攻撃などほぼ全てのアクションがタッチペン一本で繰り出せる!
画面内の敵にタッチペンでスライドすれば刀での攻撃、タッチすれば手裏剣攻撃。
空中から敵に向かって突進する「飛燕(ひえん)」や、
敵を打ち上げ、空中で敵を捕まえてから叩き落す「飯綱落とし(いづなおとし)」、
そして火炎龍の術といった「忍法」などの必殺技もタッチペンひとつで
操作が可能。タッチペンアクションゲームの頂点がここに!

●ニンテンドーDS史上最高クラスの超美麗グラフィック
ストーリーが進むにつれ壮絶さを増していく戦いの数々を、超美麗3Dグラフィックとダイナミックなカメラワークで楽しめる!ハヤブサを自在に操り、縦横無尽に空を舞い地を駆ける爽快感を体感せよ!

●シネマチックに彩られる美しいイベントビジュアルの数々
ダブルスクリーンをフルに使った美麗なシーンが、コミックテイストで展開されるのも数ある魅力のひとつ。感情豊かなキャラクターによるイベントビジュアルで、ストーリーの臨場感は抜群!

●ストーリー
龍の一族により封印されし魔刀「黒龍丸」。暗黒の力に魅せられた邪悪な者共が隼の里を襲い、「黒龍丸」を奪い去った。龍の一族の末裔、隼流の若き忍リュウ・ハヤブサは一族に伝わる伝説の刀「龍剣」を手に一人立ち向かい、壮絶な闘いの果てに邪悪を打ち砕いたのだった。
忌まわしき「黒龍丸事件」より半年。平穏を取り戻した隼の里に、再び邪悪が忍び寄ろうとしている…。

『NINJA GAIDEN Dragon Sword』(ニンジャガイデン ドラゴンソード)は、対戦格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズを開発してきた、テクモの技術者集団「Team NINJA」がその技術を結集して開発した初のポータブルゲーム機向けタイトルです。
Xbox,PS3で発売され、高い評価を受けた究極のアクションゲーム『NINJA GAIDEN』シリーズの最新作が、ニンテンドーDSだからこそ実現した新感覚のタッチペンアクションゲームとして生まれ変わり、ポータブルゲーム機におけるアクションゲームの歴史を切り開きます。
ニンジャガイデン外伝★★★☆☆
このゲームはDSたて持ちプレイとなっております。
ゲーム画面はたて持ち左がマップ、右がゲーム画面です。演出シーンは2画面で表示されます。
操作はガード以外はすべてタッチペンでおこないます。ガードは操作ボタンのどれでも対応します。
自分は右ききなんでタッチペンを右手にもち、DS本体を左手で十字キー(ガードボタン)の辺りを持ってプレイしました。
DSiLL(重い)でのプレイでしたので片手でDSiLL(非常に重い)持ってのプレイは腕プルプルしてきました。
なんとかフィットなみに筋トレにもなります。(嘘)TM
画面の敵をスライドすると切り、上にスライドするとジャンプ、画面タッチで回避など大変簡単に操作できますが
敵が密集してる場合とか攻撃したいのにジャンプでぴょーんなんてことがよく起こります。まあ、ここら辺はプレイヤー
スキルにもよるんでしょうけど。
Wi-Fiランキングがありますが上位者のポイントはほとんどの方がカンストしておりますので参加されてもあまり楽しくないと思います。
ストーリーはニンジャガイデンのその後の話(ニンジャガイデン外伝)なので本編ニンジャガをプレイしていた方が楽しめるかと思います。
難易度は本編ニンジャガの難易度に比べたらぜんぜんぬるいです。あの難易度と比べたらもはやミニゲームレベルです。
しかし、アクションゲームとして大変よくできていると思います。
派手な演出や話題の乳揺れなどを期待している方にはおすすめできませんが、純粋にDSでアクションゲームをやってみたいという方は
プレイしてみる価値はあると思いますよ。
ニントモカントモニンニン。
タッチペンでの操作がハマってる★★★★☆
忍者龍剣伝は全作プレイしましたがGAIDENシリーズは初プレイ。
普段とは違うDSの持ち方になるので最初は戸惑いましたがすぐに慣れることが出来ました。
ゲームの方は簡単な操作でリュウにすごい動きをさせる事が出来て豪快に敵を薙ぎ倒せるのでかなり爽快感がありました。
タッチペンで敵をスライドし攻撃するので「斬ってる感」がうまく表現できてると思います。
セーブ地点も多く尚且つオートセーブなのでとても親切。
気になったのはちょっとストーリーが短い点と強化要素がもっとあればよかった点。
忍者龍剣伝はこういう2Dの作品も出し続けてほしいですね。   
残念★☆☆☆☆
ラスボスまでは☆4つくらいの価値あります。
でもラスボスで全てをぶち壊してくれます。
攻略うんぬんではなく、制作者の意図が分からなければ永久にクリア出来ません。
最後の最後に理不尽なまでの仕掛けが待っています。
これさえなければ…
面白い★★★★☆
今や中古価格はあり得ない位安価になっていますが、これは面白かったです。
DSだから従来のニンジャガイデンワールドの面白さを表現しきれないかと甘く見ていましたが
そんな事はなくとても楽しいゲームに仕上がっています。

残虐表現は無いですが、それでもDSでここまでクオリティが高くニンジャガイデンを楽しませてくれるしっかりとしたゲームになっています。

良い点
・タッチペンでの操作が非常に爽快
・2Dと3Dのバランスを保っているのでクオリティが高い
・忍術やボス戦が楽しくDSでもニンジャガイデンの面白さを味わえるのが良い

悪い点
・基本タッチペンの操作なだけあって攻撃や移動にやや難がある
・技や武器が少ない

悪い点が目立たないのでシリーズ好きな人でも十分に楽しめる出来ですので、ファンの方は是非プレイしてみて下さい。
難易度さえ★★★★☆
もっと丁度良かったら、5点でした。
(超忍.難易度で言うと、ハード) 画質には、驚かされました。
かなり良い方です。
それぞれのボスの巨大さにも!
操作もとても簡単で誰でも出来ます。
悪かった部分は、超忍の難しさでとにかく、敵が攻撃力強い上に、キリがなく何度もゲームオーバー。
正直そのお陰で、ストレスが溜まり売ろうかとさえ思いました。
ですが頑張ってクリアーしましたよ。
もしこの主人公が、ジャンプできないようだったら、クリアー出来ていなかったでしょう。
後個人差があるかもしれんけど、殆んど終わると飽きがくる。

あわたま

インターチャネル
Nintendo DS
2008年6月にヨーロッパで発売され、斬新な操作方法や、ユニークでカワイイ世界観で高評価を得たA・AVGが日本上陸! プレイヤーは見習いシャーマンとなって、迷える魂たちを元の世界へ戻すために、シャボン玉の中に魂を入れて導いていくことになる。タッチペンで丸を描きシャボン玉を作って、タッチペンをスライドさせ息を吹きかけるとシャボン玉が動く。ステージには障害物や敵、仕掛けが存在するので、シャボン玉をうまく使ってパズルを解くように魂を運んでいこう。

http://dol.dengeki.com/

スーパーマリオ64DS

任天堂
Nintendo DS
   任天堂を代表するゲーム「マリオ」シリーズは、新ハードでももちろん登場する。タイトルからもわかるとおり、1996年にニンテンドウ64の発売と同時に登場した「スーパーマリオ64」がベースになっている。

    しかし、ベタ移植ではなく、メインとなるゲームには新しく追加要素が入っている。さらに、対戦ゲームやミニゲームも楽しめるようになった。メインゲームでの新要素で注目したいのは、マリオのほかに、ヨッシー、ルイージ、ワリオが使用可能になったこと。当然、各キャラクターは異なるアクションがあるため、攻略にはそれらを理解したうえでのプレイが求められる。

    ゲームの進め方も、2画面のDSならではのアイデアが盛り込まれている。たとえば、上画面ではゲームを表示させながら、下画面でマップを表示させることができる。また、ミニゲームはタッチスクリーンだけを使うオリジナリティあふれるものが30種類以上も用意されていて、ボリュームも満点だ。任天堂のブランド役者のマリオの名に恥じない、ゲーム内容はすべてのゲームファンが楽しめるだろう。(羽根満男)
64マリオがDSで帰って来た!★★★★★
 あくまでも一個人の感想です。
 
 64マリオは何周もしてしまう位好きで、64ソフトの中でも一番好きでした。
 その64マリオがDSで帰って来たので、ずっと欲しいと思っていました。
 そして先日ソフトを買い、つい最近DSiLLを入手したので、やってみました。
 
 四人いるプレイキャラそれぞれに、存在意義が有り、とても面白いです。
 他のキャラの帽子を被れば、そのキャラの能力を使えるのも良いですね。
 (ヨッシーは帽子を被っていないので、ヨッシーの能力を他のキャラが使うのは無理だと思います)
 個人的にはヨッシーが好きで(恐竜?なので)、ヨッシーでCLEAR出来る所はヨッシーでやりたいと思ってます。
 
 64をやった人にはニヤリと来る事が沢山あるのは勿論、64は未プレイの人でも、ニヤリとする事が多い筈です。
 また、DSのハードを最大限生かしているミニゲームが有るのも見逃せません。
 ただ、DSというハードの特性上、64に比べると、操作性は劣ってしまいます。
 その為、64マリオを先にやった方が、64DSマリオの慣れが早いかも知れません。
 少なくとも僕は、Yダッシュモードに鳴れるのが早かったです。
 
 まだまだ冒険は始まったばかりなので、この先どんな新ステージが有るのか、どんなアレンジが施されているのか、楽しみにしながら進めたいと思います。
 
 参考になれば幸いです。
 では、失礼致します。
最高です★★★★★
これぞ任天堂のゲームの王道という感じで、楽しめました。
難易度も簡単で、スター150個まで難なく行けました。
各キャラクターの操作もやってて楽しいです。
密かにミニゲームにもはまります。(特にルイージの)
DS初期の傑作です。
最大の敵はカメラワーク★★★☆☆
このゲームはスーパーマリオ64のリメイク作品ではあるものの、アイテムや仕掛け、キャラクター特有の動作などのプラス要素のおかげで元作品をやりこんだ人でもバッチリ遊べる品に仕上がっています。
しかし、結構キツイ欠点が存在します。それはカメラワークの悪さです。
カメラの位置によって進行方向にズレが生じたり、落とし穴や敵が死角で見えなかったりというのに悩まされました。
カメラアングルを切り替えるのにも、ボタンでは大雑把にしか変更できず、細かく変えるためにはスクリーン上をタッチして変えなければならないというのも面倒でした。
この問題さえなければもっとはまり込むことが出来たと思うので残念です。
でも、ゲームの面白さ自体には問題が無いのでやってみてください。そこに気をつければオススメです。
カメラワークのせいで……★★★☆☆
面白いです。ベースが64版スーパーマリオでそれをリメイクしたものなんだから面白くないわけがない。
64版と比べて使えるキャラがマリオ、ヨッシー、ルイージ、ワリオの四人に増えました。スターの数も増えてます。
使える技も増えました。ミニゲームもできます。
パワーアップした内容にも満足です。

でもなあぁ!あのカメラワークのせいで!!カメラワークのせいで台無し!!w
私が短気なだけかもしれませんが、カメラワーク悪すぎ!!
死因が視界不良のための転落死とかザラにありました……
せっかくいいところまで来た!もうすぐクッパだ!
しかし棒につかまった状態で次の台にジャンプしなきゃいけないのに、
カメラワーク悪いせいで赤いの全然見えない。
下は溶岩。どうする?
どうあがいてもマリオのマの字も見えなかったから思いきってジャンプしたらジャンプした先は溶岩でした☆
なんてのがざらにあるんですよ……?
何度もDSを真っ二つに折りそうになりました。

あとせっかくDSで出たのにタッチペン操作をする機会があまりないのもねぇ……
もったいないような気がすると同時に、指、いたい。十字キー操作、指いたいから。
クッパの尻尾つかんでブンブン振り回すとこなんか、
タッチペンでできるのしらなくて十字キーで振り回してたら親指ズタボロになった
というか「こんな使い方したら十字キー壊れるんじゃね?」と思った(だからタッチペンで試してみたらできた)


内容は面白いけどこの二点ちょっと気になる……
短気じゃない人には☆五つでお勧めしたい。
純アクション★★★★★
操作性やギミック等、アクションゲームに不可欠な部分は高水準で、完成度の高い作品です。

カメラワークやキー操作に関しては個人差はあるものの慣れだと思います。

一種の反射的なアクション部分はあるものの、突っ走ったプレイをせずに落ち着いて、カメラ調整する等の工夫でも難易度も変わると思います。

どのゲームでも操作に関しては難しい面や解りづらい面がありますが、このゲームは親切で解りやすい部類です。

アクションゲームに必須なエッセンスが詰まっており、クオリティは高いですから興味があればプレイしてみて下さい。

New スーパーマリオブラザーズ

任天堂
Nintendo DS
ニンテンドーDS版として登場の大人気「スーパーマリオブラザーズ」シリーズ。ファミコン時代のスーパーマリオシリーズを継承していて、3D空間の冒険ではなくて、2D横スクロールアクション。操作方法も、基本的に「十字ボタン+ふたつのボタン」のシンプル操作で、いろいろなアクションをこなす。

もちろん冠にニューがつくだけあって、新要素も。画面いっぱいの大きさまで巨大化する巨大マリオになると、ブロックや敵をぶっとばすのは当然だが、土管などのマップギミックまでふっとばして突き進む。豆粒大になるミニマリオもかわいい。他にも新しいアクションやギミックがあるが、どれも新奇さを狙うのではなく、自然な感じで導入されているところが凄い。

ぼくは、アクションゲームが苦手なので、ワールド5あたりから苦戦してなかなかスイスイとは進めなくなってきたが、救済策も随所に隠されていて、プレイしていると新しい発見があって楽しい。マリオシリーズのファンにはもちろんオススメだし、アクションゲーム初心者だけどちょっと手応えのあるものにチャレンジしたいって人にもオススメだ。

(米光一成/『ぷよぷよ』等のゲーム企画者。著書に『デジタルの夢でメシを食うためにボクらは!』など)

ルパン三世 ~史上最大の頭脳戦~

バンプレスト
Nintendo DS
「ルパン×謎ゲー」 あなたの頭脳を刺激する究極のルパンティックIQミッション!
伝説の天才画家による不適な挑戦!!絵画に隠されたお宝とは?壮大なからくり屋敷の謎がルパンに迫る!

■「ルパン三世 史上最大の頭脳戦」とは?
敵に見つかると即ミッション失敗のスリルがある潜入ミッションと、天才的な知性と華麗な閃きが試されるIQミッションの2つで構成された、超本格IQミッションゲームです。

■ストーリー
ルパンは不二子に依頼され、とある美術館から金庫を盗み出す。
しかし、当の不二子とは連絡が取れなくなり心配するルパン。
だが、なんとテレビ画面の中に大富豪ビリゲッツとともに美術館のオープニングセレモニーに参加している不二子を発見する。
その美術館では<隠れた天才芸術家パラドックスの作品を初公開>を謳っていた・・・・
再度、美術館に潜入するルパンはそこで不二子から盗み出した金庫の中にあった「絵」について説明を求める。
実はパラドックスの「絵」は、一つ一つがパズルのピースとなっていて、パラドックスの隠し財宝のありかを示す鍵であるという。
残りのピースは世界各地に点在するパラドックスの館にあることを聞き出し、館に潜入するルパンと次元。
そこで待ち受けていたものは<パラドックスの亡霊>が仕掛ける侵入者を阻む難解なパズルだった。
パズルを解かなければ進めない館。しかし、ルパンはIQ300の頭脳を駆使しパズルを次々解いていく。
やっとの思いで館を脱出したルパン達を待ち受けていたものはなんと大富豪のビリゲッツだった。
ビリゲッツはパラドックスの財宝の噂を聞きつけ、つけ狙っていたのだが、パズルが解けずピースを手に入れられなかったのだ。
不二子を監禁し、引き換えにピースを要求するビリゲッツ。要求を拒むルパンだがパラドックスの正体を解くためにビリゲッツの罠に嵌まるのだった。
・・・・果たして、謎の天才芸術家パラドックスの残した財宝とはなんなのか!?パラドックスの亡霊の正体は!?

■潜入ミッション
プレイヤーはルパンを操作して、示されている目的のゴール地点を目指します!警備している敵に捕まったり、トラップにかからないようにゴールにたどり着けば、潜入ミッションは成功!ルパンらしさを追求した多彩なアクションと頭脳を駆使して、難航不落のミッションに挑め!

■IQミッション
プレイヤーの頭脳に挑戦する様々なタイプのミッション!隠されたIQミッションを見つけ出し、解くことにより、物語の真理へと近づくことができます。直観力、推理力が試されるIQミッションを解き明かし、自分の頭脳の限界に挑戦!

ソニック カラーズ

セガ
Nintendo DS
ソニックのメインストリームアクション最新作!
従来のスピードに加えバリエーション豊かなアクションを実現する新システム(カラーパワー)を採用した正統派ハイスピードアクション!!宇宙空間に浮かぶ巨大テーマパークを舞台に、おなじみDr.エッグマンの野望を暴くため、新たな能力を手に入れた史上最速のハリネズミ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の冒険が始まる!