任天堂DSゲーム情報ブログ

【輸入版:北米】Geometry Wars: Galaxies

Sierra
Nintendo DS
ちゃんとDSでも再現してる!★★★★☆
Xbox360のオンライン配信ソフト、GEOMETRY WARSが進化してDSで登場!

GEOMETRY WARSとは幾何学的で美麗なデザインとシンプルな操作が魅力の新感覚360°2Dシューティングです!

本家360版に比べてハードの制約もあるせいか幾分簡単になっており、体験版でおなかいっぱいだった下手くそな私でもばっちり楽しめました。

進化版と言うことで、面クリア形式のようなスタイルの新モードがあり、やりこみ度が高いです。

輸入盤ですが、wifi通信によるオンラインスコアランキングには参戦可能!

テイクアウト! DSシリーズ(2) にっぽんの野鳥大図鑑

D3 Publisher
Nintendo DS
いつでも、どこでも、気になることが手軽にDSで学んで楽しめる『テイクアウト!DSシリーズ』の第2弾。本作は、財団法人日本野鳥の会監修のもと、日本国内で見られる鳥297種、374羽をデータ収録したソフト。野鳥の特徴がよくわかるカラーイラストと解説とともに、従来の図鑑では実現できなかった"野鳥の鳴き声"も収録している。日本国内の野鳥観察スポットも写真付きで105カ所収録。ウォッチングにオススメの季節やアクセス方法などを調べることができる。また、自分の野鳥観察を記録できる"マイバード手帳"や、野鳥に関するクイズに挑戦できる"トリドリル"など、遊んで楽しめる要素も充実している。

http://dol.dengeki.com/
野鳥の基礎知識入門にgood!!★★★★☆
野鳥の識別をするのにも役立つし、自分が見た野鳥の管理もできるし、何より毎日10問のドリルが楽しみで続けています。
初心者の私には10点満点取るのが難しいのですが、一日10問という手軽さなので続けられるのだと思います。
継続は力…まだまだですが、日々10点満点を目指しています。
いまいちかな?★★★☆☆
あまり見かけない鳥などを発見して
なんて鳥なのか検索するために購入しました。
体の大きさや、発見した場所、季節、模様の特徴などで検索するのですが
思ったようにヒットしません。
結局本やネットで調べちゃった方が早い気がします。
できたら指向性マイクなどをオプションで付けて鳴き声拾って
なんの鳥か教えてくれる機能を持ったソフトが出たら嬉しいですね。
図鑑としては使い勝手があまり良くない★★☆☆☆
鳴声が再生できる点は良いと思うが、さほど珍しくない鳥の鳴声が収録されていなかったり、別の鳥の鳴声が混ざっていて聴き取りにくいものも多く、絶賛できるレベルとは言いがたい。
また、「野良家禽」や「外来種」を日本の野鳥として登録していることは非常に良くない。家禽やペットとして交配された種や海外から持ち込まれた種は、データの中で「日本の野鳥」では無いことを明確に記載するべきではないかと思う。

日本の野鳥大図鑑を使っている子供の感想★★★☆☆
小5の子供が使っています。
もともと鳥に興味があったのですが、このゲームを買ってからかなり名前を覚えました。
実際に自分が見た鳥の記録が書き込めるようになっているとかで、毎日楽しそうに書き込んでいます。
このソフトは鳥の声が聞けるようになっているところがすばらしいのですが、実際には声の入っていない鳥もあるのが残念。
また鳥の種類全体ををもっと増やして欲しいと思いました。
完成度の高さにびっくり!★★★★★
泣き声はあまり期待していなかったのですが、とてもすばらしいです。
バードウォッチングに出かけた際、ちょっと判別を迷ったときに聞いたり、
家に帰ってきてから、見た鳥や確認した鳥の記録をつけながら、
次はこの鳥が見たいなー、なんて使っています。
学習クイズは時間つぶしに最高です。
子どもから大人まで十二分に楽しめる上に、お値段的にもお買い得だと思います。
DVDの鳥図鑑もいいですが、このDSの野鳥大図鑑なら、本当にお手軽に確認したり
調べたりできます!

ヤッターマンDS2 ビックリドッキリアニマル大冒険

タカラトミー
Nintendo DS
子供の意見ですが・・・★★★★☆
 小1と4年の息子たちが遊んでいます。
長男の意見です。
「アイテムが増えるし、バトルできるし、メカ達も出てきて、テレビのようにリアルでおもしろい!!
」との事です。
遊んでる画面を見ているだけでもなかなか面白いです。
子供目線での評価です★★★★☆
ヤッターマンの前作を子供にせがまれ購入しました。前作に関しては、かなり簡単な操作の横スクロールACTでしたので、我が家の6歳、4歳の子供でも遊べるレベルです。(流石に単独で全クリは無理ですが、普通に楽しんで遊んでいます。)
今作は続編のようですが、子供でも楽しめる前作のよい部分を踏襲してもらえれば、かなり期待できる内容になるのでは!?と思います。
私はあまりプレイする気にはなりませんでしたが、家内は家事の息抜きにチョコチョコ遊んでいることを考えると、女性でも楽しめる難易度ですので子供と一緒にワイワイプレイするにはよいかもしれません。なお☆4つは子供目線での評価です。

SIMPLE DSシリーズVol.37 アルクで身につく! TOEIC(R)テスト リスニング強化編

D3 Publisher
Nintendo DS
単語トレーニングは使えない★☆☆☆☆
リスニングには良いけど、毎日一時間位で一週間くらいで一通り終わります。
問題数の少なさは物足りないかも。
解説もいいかげんな感じで勉強意欲がそがれます・・・ アルクのソフトは二つ目ですが、おすすめできません。
後悔だわ。
悪い意味でシンプルシリーズ相当の内容です。★★★☆☆
繰り返しさせる工夫が入っていません。
完了した問題にチェックを入れるなど、最低限実施確認の有無を行う機能がほしかったです。
ただし、問題数はそこそこ入っています。ですので、ほかのDSのTOEICシリーズ
のリスニング部分のみ補うための購入だといいかもしれません。

とはいえ、もっとTOEICシリーズもさほど値段は変わらないので、
単品だとそっちをオススメします。

リスニングの勉強をするなら、
もっとTOEIC(青)>TOEIC(赤)>SIMPLEの順でしょうか。
(旺文社のシリーズはやっていません。)

まぁ、シンプルシリーズ(相応の品質・レベル)ということで、
☆三つにしときました。
繰り返せば効果はあるかと★★★☆☆
まだ買ってから少ししかやっていないのであくまで印象ですが、問題を解いていて思うのはリズムが掴めない点です。解いても自動的には次へと進まない上、解き終わっても何の印も付かないのでやった気になりにくいと思います。
ミニ模試の長文問題に関しては文章の読みづらさがとても気になりました。確かにDSですから仕方ない部分があるかもしれませんが、もう少し読みやすく出来ると思います。あとテストらしいといえばそうかもしれませんが、模試中は何をやっても中断出来ません。結局電源を切りました。
しかし操作に慣れてやりこめばそれなりの成果は期待出来ると思います。あまり使いづらさに否定的にならなければ練習用にはいいソフトかなと思います。ですので私自身これからこのソフトに期待を込めて星3つです。
とにかくリスニング問題数をこなしたい人に。★★★☆☆
まだ、少ししかしていませんが、感想を書いてみます。
問題数は多いです。
合計2時間もリスニングが収録されています。
ただ、操作性が悪いような気がします。
文字を書かせるのではなく選択させたり、ミニ模試の長文も文字が細く読みづらく、移動も馴れるまでやっかいです。
また、一度、やった問題をチェックできないので、どこまでやったか分からなくなります。
耳ならしのコーナーは中途半端で、文の最初の単語を選択させたり、単純に文が質問か意見かを答えさせたりと基礎的な聞き取りできる人には不要だと思います。
練習問題は、繰り返し、問題を聞けるところが良いです。
ミニ模試も50問しかなく、予想スコアがでないので、やる気がでません。
個人的には、秀作ソフトではないと思います。
DSでも、もっとTOEICテストシリーズの方が良いと思います。

手話の森

スターフィッシュ・エスディ
Nintendo DS
DSで日常生活に使える手話を学ぶことができる、DS初の手話コミュニケーションソフトが登場! "手話の山"では、下画面の単語をタッチすると、上画面に対応した手話が表示される。3Dモデルで手話の動きが表示されるので、簡単にわかりやすく学習が可能だ。覚えた手話は"冒険の洞窟"でチェック。上画面で表示される手話の動きを見て、どんな意味かを答えるクイズが出題される。他にも、小説を手話で読みながら楽しめる"絵本のバルコニー"や、災害時や緊急時に必要な手話がすぐに確認できる"緊急手話リスト"、手話の成り立ちも含めて総合的に学習できる"資料室"など、多彩なモードで手話を学ぶことができる。

http://dol.dengeki.com/
思ったより内容が豊富でした★★★★☆
全くの初心者から始めました。
2日で終わったと書かれてる人がいますが、全部覚えるには1ヶ月以上かかりましたね。
細かいところは、見えにくかったりしますが、本で見るより断然わかりやすいです。
私はこれを足掛かりに勉強を続け、手話技能検定3級合格するまでになりました。
以前はNHK教育でやってる「みんなの手話」が難しくてついていけなかったのですが、今では良く理解できます。
中級編でるといいですねぇ。
分かり易い★★★★☆
職場で手話が必要なので買い求めました。

今まで本を見たり、手話の出来る同僚に教えて貰ってたけど、家に帰ってから解らない所が解らないままだったのですが、このソフトだといつでも、どこでも動画で確認出来るので助かります。

他の動画ソフトもあるようですが、パソコン用なので携帯性やコストパフォーマンスを考えるとこちらの方が便利かと思います。

ただし“初級編”と言うこともあり語彙が少なめ。
簡単なコミュニケーションならこのソフト内容でも充分かと思いますが、色々な人達の社会進出が目覚ましい現代、今まで手話に接する機会のなかった者もこれからは必要性を感じる場面が増えると思うので、是非中級・上級に加え“学校編”や“ビジネス編”など、シーンに応じたソフトが増えることを期待します。
わかりやすい★★★★★
全くの初心者です。
本よりも動きがわかりやすくて、
楽しく学習でき、操作も簡単で
使いやすいソフトだと思いました。
見る向きを変えれるのもいいです!
上から見た図は、手が顔の近くにないと、
手の動きが画面外になってしまいます。
Rとか、指文字のこまかいとこが、ちょっとわかりにくかった。
説明を読むとすぐ覚えられます。
「こはむ」はカワイイけど、
いつも同じことしかいわないな〜。
たしかに2日で終わったけど、復習できます。
手話絵本のお話の内容が、えっ!って感じで、
とってもおもしろかった。
もっと絵本が多いといいなー。
中級編が出たら是非ほしいです!
手話を忘れないように・・・★★★★☆
独学でNHKなどで手話を勉強し行き詰まっている頃に、このソフトが発売され即購入いたしました。
ある程度の手話はわかっていたので初めは簡単すぎる気がしました。
ゲームとしては残念ながらつまらないし、これだけに頼って手話を勉強して覚えると言うのも当然ながら無理があります。
キャラクターの言葉も「・・・でちゅ!
」のように幼稚でかって失敗した〜!
とまで思いました。
が、ゲームと思わず幼稚言葉も気にせず淡々と使っていると忘れかけている手話に触れ、サークルなどにも所属していない私にとっては今までに覚えた手話を忘れないようにするためのアイテムとして今では重宝に感じております。
もっと見やすくするとか色々改善の余地はありますが、「初めての手話」的な本よりは単語数も多いし良いと思います。
改善された続編が出るのを楽しみにしています。
横から見たり下から見たり・・・★★☆☆☆
はじめまして! 手話の森・・2日で終わってしまいました・・
手話の手の動きとか手の色の感じが肌色なのでわかりずらく
手話表現している人の顔の表情はよかったけれど、肝心の手の動きが見れる
ドアップができませんでした。 確かに横とか下からとかはできるのですが
手が真ん中に来ないので手の表現を見ることができません。
次回のソフトでよくなることを期待しています。

希望としては手のズームアップができるようにしてほしい。
2倍速とか0.5倍速とかができたりのできるように。

同じ手話を何回も斜めから見てみたり横に回転させたりして指の動きを
見ていましたが結構疲れました。

服は・・最初から黒の服を着ているにしてほしかったです。
黒ならよく解るからです。

あとアルファベッドのことですが・・
アルファベットのAを表し方をNHKの手話ニュースでは両手でAを表していました。
でもDSでは片手で「あ」と同じ手話をしていました・・入門編だから仕方ない
のかもしれないけど・・

りすからもらえる種は99が限界でそれ以上はたまらない仕組みになっています。
これが限界か・・っておもってしまいました。
聾の人にこのDS入門編の手話表現では通じないかも・・


チャレンジ文は、もっと長い文章を入れてほしかったです。
自分で文章を入れたら表現できるようにしてくれるたらよかったかも・・

入門の人にはいい学習教材でいいと思いました。

遊戯王ファイブディーズ ワールドチャンピオンシップ2010 リバースオブアルカディア

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
2010年世界大会公式ソフト
世界選手権実施!国内予選大会を勝ち抜いて世界の頂点を目指せ!

最新のオフィシャルカードゲームを収録!
収録カード3499枚以上! 最新のデュエル環境を提供!

アニメストーリーを体験!
サテライトやアニメで登場した精霊世界を舞台に物語が繰り広げられる!

前作から登場の「ライディングデュエル」が進化!
「スピード・ワールド2」に対応!アニメさながらの「ライディングデュエル」が楽しめる!

遊戯王OCGカード3枚同梱!


(C)高橋和希スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C) 2010 Konami Digital Entertainment
とにかく重い★★☆☆☆
あの2009が軽く思えるほどの遅さ。
頻繁に長考もするし、場が複雑になると数分放置なんて光景も珍しくない。
また、デュエルで頻発する「破壊」のエフェクトが遅くてイライラ。何故TFのように素早く破壊しないのか。
wifi対戦は殊更重い上なかなか繋がらず、切断・改造などの不正者も多いためコイン目的以外ではやる気がしません。
他にもデュエルイメージが6人しか保存できなかったり、配信デュエリストがバグったり既存と被ってたりと怠慢さを感じます。

一番腹が立ったのはタッグデュエルのバグ。
WCSモードだとどのキャラをパートナーにしてもモブ男の台詞に固定されます。
トーナメントを勝ち抜いたときに出る「未完成」もプレイヤーをナメてるとしか思えない。


とはいえ、2009から改善されてる点も多い
・ストーリーモードから一瞬でWCSモードに移動できる(前作は何故かタイトルまで戻された)
・召喚時の演出が1モンスターに付きデュエル中1回のみになった(本当はなくなるか、ONOFF設定があればいいんですが)
・パック出現条件の緩和、特に序盤からストラクチャーデッキが買えるのは大きいです
・データを持ち越してニューゲームが可能
・クリア後にアバターの変更が出来る

など。
2011はもっと頑張って欲しいです。
大分遅れたレビューですが…。★★★★☆
もう皆さんが色々と書かれているようですが、私が感じた事を。

良い点。
・ストーリーモードを何度も初めから出来る。

・デュエル戦績が確認出来る。←これは便利



悪い点
・前年同様CPUが重い。

・Wifiが切断された時のレーティングの減りが尋常じゃない。
私は一方的に切断しないのですが、電波の不調、停電といった、「やむを得ない切断」に巻き込まれる場合があります。


レーティング半分カットは結構痛いですよ…。

デュエル中は仕方ないとしても、デュエルが終ったあとにWifiが強制切断された時、レーティングが減らされるのはどうかと思います。
これって、相手側も減らされるんですよね?


こちらが勝ったのに凄く悔しいです。



でも遊戯王WCSというゲームはとても良くなってる作品なので、私は好きです。

ただ、Wifiの問題がちょっとした課題だと思います。

世界中のプレイヤーとデュエルが出来るのは好印象ですが。
超満足!★★★★★
とにかくストーリーが面白すぎます!
OCGプレイヤーから見れば重さが気になると思いますがアニメファンからすると再現率にビックリ!
イベントの数がとても多く、ストーリーを進めていけば自然とDPがたまってくれる親切設計。
パックの出現条件もストーリーになったので同じ敵を何回も倒す必要はありません(パックによってはあります)カードリスト速攻ゲットしてあとはパスワードで楽勝でした。あと、ミニゲームが最高!本当難しかったです(笑)
不満なのはWCSの方。なぜ過去作のキャラが出ない!?あとしゃべらないモンスターとデュエルしてもねぇ…
せめて人型でしゃべれるヤツに厳選して欲しかったです。

カギヅメはカードを傷めるZE!

デュエル画面は2008に戻らないのかな?ポケモン図鑑感覚でモンスターCG集めるのも一興だったのに…

とにかく、WCS初デビュー!って人には超オススメ。2008にはやっぱり見劣りするかも…

でもデュエルゲーとしては今までで最高の出来なんじゃないかな?タッグフォースを越えたと思います。
昔懐かしの遊戯王★★★★☆
市販のカードは数年前に辞めて、またやりたくなったなとゲームならと思い購入する事に。


知らないカード増えたな〜と。
何に使うか不明なカードもあり、頭を使いました…。


50時間過ぎて、ようやく大胆理解しました。


それでは、Wi-Fi通信…負けそうになると遮断すんなよ…。


遮断したら一週間出入り禁止にして欲しいくらい腹が立ちました。


強い人は本当に強いデッキだなと感心しましたよ。
試行錯誤の上に出来上がるデッキを自分も作成したいと思い努力しています。

と…チーターの方も引っ込んでください邪魔です。

デュエル開始直後に、何もせずに敗北と…エクゾディアでもなかったですね…改造コードか?

苦労してデッキ組んでるんですから馬鹿な人はやらなくていいですから。

誰も頼んでませんから。

ライディングデュエルもなかなか楽しめますね。
スピードカウンターを使う特殊デュエルで、考え方が面白いです。

ですが…やや重い…ゲームをplayしてますと他の方が言うようにモッさりしてますね…。

そういう訳で★4で。
Wi-Fi通信の件ももう少しどうにかして欲しいですね。
その辺は次回作に期待と言うことで。
全パック集めるまで大変。集め終わったら楽しい★★★★☆
全カードを集めるのに最低でも100時間かかる(パックの開放条件に100時間プレイがある)ので
お子さんには長く遊べる仕様。おっさんゲーマーはPARを使った方が精神的に楽。
コツコツプレイし200時間かかってコンプしたが、非常に疲れた。
ミニゲームなどで手軽にカードを集められるようになっているが、
それでも一部パックの開放条件がキツい印象。
また諸動作が重くなっているのが頂けない(私が最後にプレイした過去作・2008と対比で10:7くらい)。
とは言え、シンクロ召還、新種族、新テーマが目白押しだし
wifi対戦はかなり熱いので遊戯王好きな人はオススメ。
タッグ対戦はテーマ・ファンデッキが流行していて珍コンボの見せつけ合いがかなり楽しい。
ガチガチなデッキに辟易しているデュエリストにうってつけ。
部屋名とか決められたらもっと良かったかもと思う。
最後に切断・チートはDS遊戯王に限らず試遊年齢層の高い某ゲーム機でも発生しているので
これ自体が評価を下げる要因にはならないような。要はユーザーのモラルの問題だろう。

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

スクウェア・エニックス
Nintendo DS
ドラクエの行方を狂わせた作品…★☆☆☆☆

もはや育成では無く…ただの上級モンスター&ボスに乗り換えるだけの「わらしべ長者」ゲームである。

まぁ、モンスターに愛着が無い人や志の低い人は、育てても直ぐに頭打ち(成長停止)でも良いんでしょうがね…

このシリーズは何かと本筋のドラクエに悪影響を与えるわけで…モンスターのデザインが陳腐になってしまったり、妙なネーミングやセンスの無い技や魔法も送り込まれる始末。

次回作があるのならば、
あくまでFFの様に本筋とは一線を引いた上で作られて欲しいと思います。
やらない方がいいかも★☆☆☆☆
ストレスが溜まる

この一言に尽きると思います
プレイ時間、700時間。★★★☆☆
それから2年間殆どの時間をつぎこぎましたが、必ず絶対これで大丈夫と言えるパーティーは実在しないと断言できると思います。
僕がプレイ時間に700時間もかかってしまった理由は、その時自信のあるパーティーに対してカスタマイズにカスタマイズを重ねていっても勝てないと諦めないといけない相手に直面する事が必ず存在している事が諦めきれなかった事にあります。
これからの人はそのことをわかった上での購入をした方が良いと思います。
★5というわけではないけど★★★★☆
結構おもしろかったです。
クリア後のメタルエリアでゲームが作業的になり、一気に飽きが加速したので、従来のシリーズにもあったメタル系頻出の場所とかあったら良いと思う。
ガッカリすぎる★☆☆☆☆
DSでどうして無理に3Dにするのでしょうか
PSPに任せておけばいいじゃないと思います
糞荒々しいポリゴン(ギザギザな海空森大地・・・)が涙を誘います。
更に3Dになったことによりハシゴなどの移動も無駄にリアリティ溢れる仕様に。はやくのぼれやボケ!!
戦闘中のモンスターの長ったらしいモーションも最初こそ面白いですが見慣れてきてからは苦行です。
グラフィックに関してはいつもどおり2Dでよかったのに。森や山や谷とかの地形を馬車つれてズカズカ歩いてもらって一向に構わないんですよ。
戦闘だってDSリメイクドラクエのように軽くアニメーションが入るぐらいでよかったのに
モンスターズ1や2のように従来のドラクエと同じ感覚で遊びたかったな
ふふふ中古で買っておいてボロクソレビューしてやったぜ

Dear Girl~Stories~ 響 響特訓大作戦!(限定版: スペシャルトークCD & スペシャルポーチ同梱) 特典 「スペシャルカレンダー」&Amazon.co.jpオリジナル「スペシャルステッカー(Blueバージョン)」付き

アスキー・メディアワークス
Nintendo DS
【はじめに・・・DGSとは・・・?】
2007年より文化放送・ラジオ大阪で放送中のラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』。
その番組中のトークから生まれた、公式コミカライズが『Dear Girl~Stories~ 響』です。

【ゲームポイント】 ●『DGS響』の世界観をDSで再現!
困っている乙女を助けるための秘密組織『Dear Girl~Stories~響』。
声優業のかたわら組織の活動をするヒロCとオノDが、DSで大活躍します。シナリオはもちろんゲームオリジナル。いわさき砂也先生原案のキャラクターたちが、『DGS響』の世界観を再現します。

●ヒロC・オノDほか人気声優さんのボイスがたっぷり
大容量のカードを使用することにより、メインキャストは全編フルボイスで展開。
ヒロC&オノDはもちろんのこと、テライケメン司令官役として遊佐浩二さんが出演するほか、ゲストキャラクターとして中村悠一さん、杉田智和さん、安元洋貴さん、楠大典さんといった番組にゆかりのある人気声優も出演!

●ヒロC・オノDがモーションキャプチャで参戦!?
ミニゲームには、ヒロC&オノDの3Dモデルが登場。この3Dモデルの動きの一部を、キャラクターのモデルであるパーソナリティのお2人が演じています。

●ゲームのカリスマブランドhunexが開発を担当!
乙女ゲームのカリスマブランド・ヒューネックスが開発を担当します。


【Amazon.co.jp オリジナル特典】
●Dear Girl~Stories~ 響 スペシャルステッカー【Blueバージョン】
(※柄はYellowバージョン・Pinkバージョンと同じものになります。

【ご予約特典】
●スペシャルカレンダー
『Dear Girl~Stories~ 響 響特訓大作戦!』オリジナルの2010年カレンダー!
いわさき砂也先生描き下ろしのヒロC&オノD表紙を含め、各キャラクターが登場する20ページ構成(予定)。

【限定版 特典内容】
●スペシャルポーチ
8bit風にデザインされたヒロC&オノDがワンポイントでプリントされたキュートなデザイン。
●スペシャルトークCD など予定
コミックしか★★★★☆
読んだことがなく、リスナーではありませんが、それなりに楽しめましたよ。
とにかく喋る、喋る!ってくらいボイスもてんこ盛りで。
主人公のキャラも好感が持てる。

攻略本の必要がないほんわかしたゲームで、空き時間に気楽にプレイできました。
画もキレイだったし、OPもしっかり作られていましたね。
ただ、なぜハードがDSだったのか、とは思いましたが…

サブキャラがなかなか魅力的だったので、いっそシステム一新して、恋愛シミュレーションとして続編出してもらえませんかね?(笑)
個人的には薬屋のアニキを陥落させたい…
DSナノニ★★★☆☆
乙女の依頼は工夫して解決するのではなく成り行きに任せるだけだし、
オノDとヒロCの育成と依頼解決能力は全くリンクしていないし、
テライケメン司令官のキャラがドラマCDの時と違うし、
と、突っ込もうと思えば突っ込みどころはたくさんあるのですが、
一番気になったのは、DSなのに、タッチペンを活用できる場が少ないことです。
ラジオのDGSリスナーは、PSPよりDS保有率の方が高そうというという配慮(?)かもしれませんが、
ボタンと十字キー操作オンリーなら、PSPで出した方が画像もきれいでよかったのではないでしょうか。

ともあれ、ラジオのDGSファンであれば内輪ネタ満載でとても楽しめると思います。
なんか惜しい!★★★☆☆
内容が全体的にあっさりしてる感じがします。依頼もなかなかフルコンプが難しく、やりごたえもあるんですが、いまいち分かりにくい点が多いです。
ですが、フルボイスでキャストも豪華ですし、ミニゲームも面白いので、DGSファンの方には楽しめるんじゃないかと思います★
何といってもフルボイス★★★☆☆
このゲームの魅力は何といってもフルボイスと言うところです。
誰か一人でも好きな声優さんがいる、またはDGSが好きだという方なら
一度クリアすればおまけのボイスも聞き放題ですし、DGSネタも満載、ミニゲームも
やり放題です。
ただDGSを知らない人にはコネタはほぼ分からないし(特にミニゲームのカンペちゃん)、ゲーム内容もほぼ見てるだけで
選択肢もたまにあるのみ、どのあたりに反映されているのかも不明・・
また今3回やりましたが、キャラがくれるヒントが少ないのもあって、育成方法を変えてみても
発生するイベント、依頼も毎回ほぼ同じ…(まだクリアしてない以来が半分以上あります)
何よりイベント、依頼の発生がランダムなのかたまに時間軸がおかしいです。(初めて見た依頼主が過去にも出たということになっているなど)
ゲームとしてはあらが目立ちますが、私は声優さんとDGSが好きで、
ミニゲームも楽しめるので☆みっつです。
悪くはないけど・・・★★☆☆☆

私は、DGSリスナーではありますが、響関連については、ゲームのみです。
原作がどの程度のもののかわからないですが、ストーリーは全体的に薄いです。
最終目的も微妙に???と思いましたし。
ストーリーに突っ込みだしたらキリがないくらい、粗が目立ちます。


セーブ・ロードは快適でした(私的に)
スキップ機能はバグなのか、2週目のときに既読スキップが使えない。
週内の既読(育成後のセリフ等)は使用できたのですが。
あと、育成選択画面でステータスが表示できないので、
画面に入る前に確認しなければならなかったのが苦痛。
私はせっかちなので、ミニゲームのカンペも長々と何度も同じ内容をやるので、苦痛。


とはいえ、DGSをよく聞いているのであれば、
ラジオに関係するものが散りばめられているので楽しいと思います。

ウィル・オ・ウィスプDS(通常版)

アイディアファクトリー
Nintendo DS
2007年9月にPS2で発売された恋愛AVGを携帯ハード2機種に移植。プレイヤーは主人公のハンナとなり、19世紀末のイギリス・ロンドンを舞台に人形たちと交流を深めていく。ゲームの途中には選択肢が出現し、その選択に応じてストーリーが変化。プレイヤーの進め方によってさまざまなエンディングを迎えることができる。DS・PSP版ともにファンディスク『ウィル・オ・ウィスプ ~イースターの奇跡~』だけでなく、その後日談にあたる新シナリオ"人騒がせな贈り物"もプレイ可能。各シナリオには描き下ろしイベントCGが盛り込まれている。なお、ミニゲームには"神経衰弱"が追加されており、提示された条件をクリアするとスペシャルボイスが手に入る。

http://dol.dengeki.com/
DSを買ったのは★★★★☆
PS2からの移植でシナリオとGCが追加されているのを知り、PSPは持っていなかったのでDSのを買いました。本編とイースターの奇跡はセーブ場所が違い、たくさんセーブできるのも嬉しいポイントですv
イースターやミニゲームは個人的にすごく好きでしたvv
気になる主人公の性格と薄いシナリオ…★★☆☆☆
PS2版はプレイしておらず、DSで初めてプレイしました。

絵と設定が素敵だなーと、以前から思っていたのですが
本当に絵と設定(+声)が素敵なだけのゲームでした…。

緋色シリーズと同じような進め方で、雰囲気も何処となく似ていますね。
命がかかってくるので話の重さや暗さは仕方無いとして
(むしろそれが良いんだと思います)

やっぱりスルー出来なかったのが、主人公の性格とシナリオ。

いつまでもぐずぐず同じこと繰り返して悩んでいる姿や
迷惑かけたくないとか言って、気持ちを隠して無理がたたって悪い方に…
それを見透かしている周りの人達に助けられる事でしか話が進まないところに
途中でだんだん集中出来なくなり、後半はずっとイライラしてしまいました。
結局最後まで泣いたり後悔したりしていたし、本当に“特別な力”を持っているだけで
何処でどう成長したのかが全くわからない。
結局、主人公だって自分の欲求の為に動いたんじゃん!

こうなってくると、何故周りの人形たちがこの主人公のことを
守ったり信じたり惹かれたりするのかさえわからない。
お互いが好きになっていく過程があやふやすぎる。

とあるキャラに、最後に「お前は他人に甘い」と言われましたが
どこが!?と思わず突っ込んでしまいました。
どう見ても人形任せで自分に甘い主人公なのに…!

緋色の時に、ストーリーがぐだぐだ長いと多数言われたせいか
とても短くまとめられているような今作のストーリー。
短さはいいのですが、どうでもいいような部分が多く
もっと掘り下げて欲しい所や疑問点に触れないなど、
「まとめる」というよりは「練りきれてない」という感じですかね…。

何だか酷評になってしまいましたが、絵や設定や声優さんの演技などが
すごく素敵なので、只々勿体ない!と激しく思ったのです…。

緋色もこれも、同じような理由でいつも引っかかるので
次こそは改善して欲しいですねー…。
好きです。★★★★★
とにかく美麗と言えば良いのでしょうか?
絵が綺麗!
儚い感じの演出も良いですね。
絵が綺麗なゲーム・・・まさにそんな感じです。
見ていて飽きませんよ。
いまいち…★★☆☆☆

絵はとてつもなく綺麗だし、話の設定や世界観も独特なのに惹かれて購入。
しかし…
私は、ときメモのような、パラメーター上げのゲームの方が好きなので、
ただ読んで進めるだけのシステムに納得がいきませんでした。
緋色の欠片が好きな人は、受け入れられるはずです。
私には、合いませんでした。
絵は綺麗なのに…なんとなく、勿体ない感が…。

すみません、個人的に、ですが…。
メインキャラの声優さんが、キャラに合ってない(というか、この声優さんの有名な役どころと同じにしか聞こえない)ところも、マイナスになってます。
ちょっと、ちょっと!★★★★★
やばいですって!
なんか短いとか、バグとかいろいろ聞いていてかなり買うのをためらったのですが、おもいきってよかったです!

バグは今の所起こってないです。ただアルバムに一箇所絵とセリフにずれがありました。本当のセリフは別のところで発見したので問題ないです。
ストーリーは、せっかちな私がやって5時間、イースター、贈り物を入れて7時間でいけますね。
本編は2周目以降は、はじめの方は内容が変わらないのでとばせます。
だから、3時間あればいけますよ。
でも初心者の私には結構長く感じました。

このゲームの良さは、何よりキャラの性格が可愛すぎる!
イラストも美麗で何度も見返してしまいます。
内容は終盤が楽しいです。本編よりイースターの方が甘くて好きです。

大満足のひと品でした!