任天堂DSゲーム情報ブログ

ポケットモンスター ブラック

任天堂
Nintendo DS
ポケモン、完全新作。

みんなでつなげて広げるポケモンの世界。完全新作のポケットモンスター。

「ポケットモンスター」シリーズ、4年ぶりの完全新作は、シナリオ、システムを一新し、
新たなポケモンの世界を楽しむことができます。
新たな舞台のイッシュ地方で、100種以上の新ポケモンと出会う冒険が始まります。

・伝説のポケモンの秘密に迫る、新たな冒険。
ポケモン図鑑の完成を目指して旅をする主人公の前に、謎の人物「N(エヌ)」が、幾度となく姿を現す。
自分の思想の正しさを確かめるために行動する彼の正体とはいったい何なのか。
その答えを求めていく中で、物語はやがて伝説のポケモンの秘密へとつながっていきます。

・登場する新ポケモンは100種以上。
伝説のポケモン「レシラム」「ゼクロム」も含め、100種以上登場するポケモンのほとんどが新ポケモンになります。
(前作までのポケモンは、特別な方法で過去シリーズから連れてくることができます。)

・新たなポケモンによる戦略的なバトル
これまでにない新しい技や特性を持つポケモンが加わったことにより、さらに戦略的なバトルが楽しめるようになりました。
また、従来の1対1、2対2のバトルに加えて、3対3の新たなバトルスタイルも登場。3対3のバトルでは
ポケモンの配置や組み合わせが重要になります。

・他のプレイヤーの世界に通じる特別な場所、ハイリンク。
今回の冒険の舞台となる「イッシュ地方」の中心には「ハイリンク」と呼ばれる特別な場所が存在します。
ワイヤレス通信で相手の世界に入り、そこでミッションを受けることで、相手の世界で冒険の手助けをすることができます。

・冒険しながら「すれちがい通信」。周りの人と助け合って、冒険を進められる。
ワイヤレス通信をONにしてプレイしていると、周囲で本作を遊んでいる人と自動的に「すれちがい通信」し、
そのプレイヤーの情報がDSの下画面に表示されます。また、ストーリーを進めながらお互いに助け合うことができます。

・ニンテンドーDSiが、テレビトランシーバーになる。
DSi/DSi LLのカメラとマイクを使って、ともだちコードを交換したともだちと通信する「ライブキャスター」。
ともだちとつなげばいつでも最大4人で会話が可能です。(Wi-Fi通信の場合は最大2人でつなげます。)
※ニンテンドーDSiまたは、ニンテンドーDSi LLでのご利用になります。
ニンテンドーDSまたは、ニンテンドーDS Liteの場合、音声のみの通信になります。

・「ポケットモンスターブラック」と「ポケットモンスターホワイト」の主な違い

●手にはいる伝説のポケモンが違う
「ポケットモンスターブラック」では"レシラム"が
「ポケットモンスターホワイト」では"ゼクロム"を捕まえることができます。

●違う場所が登場する
マップ上の同じところに、「ポケットモンスターブラック」では"ブラックシティ"、
「ポケットモンスターホワイト」では"ホワイトフォレスト"という全く異なる場所が存在しています。

●登場するポケモンが違う
片方のソフトにしか登場しないポケモンが数匹ずついます。
新天地★★★★☆
初代の時のような衝撃的な感じは得られませんが、出てくるポケモンみんな新しいので、新鮮でそれなりに楽しめました。

レベルいくつで進化するとかまるでわからないので。

あと序盤からかなり親切だなと思ったので年齢低くても字さえ読める子ならできるんじゃないかなと思いました。

新規の方も安心して出来ると思います。


エンカウントは高いと言われてたので覚悟してました。
序盤は出てくるポケモン新しいのでどんどん来い的な感じですが、半ばくらいになるとウザったくなってくるのでそこはアイテムでカバーしないと言う感じでした。

戦闘はテンポ良くなった面もあれば悪いような面がありました。
基本的にモッサリではないので良かったです。

ストーリーは良かったのですが、新たに登場した敵の組織が単なる分かりやすい敵と言うより怪しい感じがありました。

完全新作に拘ったのか過去の舞台に行けなかったのはやはり残念でした。

全体的にはビッグタイトルだけあってか完全に満足とまではいきませんが、それなりに楽しかったです。

過去の作品を忘れて新しいのをやってみたいって人にオススメです。
作品全体に斬新さを感じました。★★★☆☆
ポケモンはレッド版時代からずっとプレイしてきましたが、今作はちょっと違うなぁと感じました。

まず、モンスターデザインに違和感を感じました。なんだか実在の動物をちょっとアレンジした程度のものとなんだか気持ち悪いものがやたら多かったように思います。自分には今作のモンスターデザインははまりませんでした。

キャラクターが重視されている点も今までと違うなぁと思いました。二人のライバルとNと呼ばれる謎の少年、この三人の成長が描かれていて、今まで以上にストーリー性が強いように思います。

また、戦闘BGMがHP残量に応じて変化していくという演出が新たに採用されています。

今作で一番不満だったのはモンスター等のドット絵がHG・SS・DPより荒いという点です。これはドット絵により動きをつけたことの反動なのですが、その動きもただ揺れている程度のものなので、ドット絵を荒くしてまでやるべきことなのか正直疑問に感じました。

まぁ今作はよくも悪くも風変わりなポケモンなのでプレイなされば新鮮に感じると思います。
微妙★★★☆☆
良かった点 ・デザインのいいポケモンがいる ・道具が整理出来る ・赤外線を使って交換が出来る ・音楽がいい 悪い点 ・すごくデザインの悪いポケモンがいる ・PDWが使い難い ・道具が多すぎて整理する意味がない ・木の実が栽培出来ない ・自転車が操作性が悪くなった ・ストーリーがよろしくない 悪い点は他にもありますが、プレイしてイラッとしたのを書いてみました。 ストーリーは今まではないような物だったのでしょうがないかなと思います。 白を買うより黒を買った方が進化に必要な石を集め易いと思います。 もっとシステム面やデザイン、ストーリーを考えてから出すべきだったと思います。
ポカブ…★★★★☆
最初は可愛いポカブが進化するにつれて可愛くなくなるのは衝撃でした。
特にポカブからチャオブーに進化したのが…。

ただ、ポケモンセンターに行かなくても通信交換ができるようになったのは良かったです。
ハイリンクという新機能も面白いです。

あとは、2回進化するポケモンが増えたなーという印象を受けました。

悪いところは…、2回目から四天王がいきなり強くなるところでしょうか?ww
アドバンスのソフトから直接移動することができないのも面倒でした。
私は、ファイヤーレッド→ハートゴールド→ブラックでファイヤーレッドからポケモン移動しました。

ってことで、評価は☆4つにします。
初代世代ですが…★★★★★
今までプレイしたのは赤緑・金銀・エメラルドのみですが今作は初代のテイストに一番近いと思います。
特にストーリークリアの間は新ポケモンしか出てこないというのが素晴らし過ぎます!
いつ進化をするのか?
どんな技を覚えるのか?
このワクワク感は10年以上経っても不変なものですね。
初見のときにこれはない…と思った姿のポケモン達がクリアする頃には愛しくて堪らなくなっているこの感覚はこのゲームでしか味わえません 適当にレベルを上げていても楽しめるけど突き詰めていくと途方もないやり込み要素と奥深さの出てくるシステムも秀逸 攻略情報なんか調べずにぜひあの頃の気持ちに戻ってプレイしてもらいたいです。