任天堂DSゲーム情報ブログ

山手線命名100周年記念 「電車でGO! 」特別編 復活! 昭和の山手線

スクウェア・エニックス
Nintendo DS
操作はタッチペンのみ★★★★☆
ゲームの内容自体は昭和モードを楽しめたりと良いのですが、操作性に問題ありです。
操作はタッチペンのみで、従来のキーによる操作は一切できません。タッチペンによる運転は意外と難しく慣れるまでは大変かと思います。個人的には今まで通りのキーによる操作もできれば良かったと思います。
良いレビューを書きたかったが…★★★☆☆
『電車でGO!』の新作がDSだったので、ビックリしましたが、
早速購入、一通りプレイした感想としては、残念というのが素直なところ。

ハードがDSなのは仕方ないと思いますが、携帯電話アプリと対して変わらないか、むしろ劣るようなグラフィックで、正直開発者の意欲や熱意みたいなものが感じられません。
申し訳ないがモデリングも雑に見え、DSでもここまで苦労して頑張った…!という感じか伝わって来ないです。
FINALとの比較は出来ませんが、FINALにあったスピリットが徐々に薄れてきた感じです。
(PSPの切り売り版は処理落ちしちゃうし…。)

FINAL以降も様々な形でリリースされる『電車でGO!』ですが、ぜひ次はHD機で気合の入ったモノをお願いしたいと思います。
予想よりおもろい!★★★★★
DSですが、電車でGO!
シリーズは今までずっと購入してきたので迷わず購入。
正直あまり期待してなかったが、やってみた所面白かった。
ドアの開閉も閉まる音、開ける音も再現されている。
また自動音声も微妙に違うが、実際と同じ人がしゃべってる。
ただ、発車メロディーが少し残念だった。
それと、発車する時の自動音声も微妙だった。
こんな中途半端なら、これも実際と同じ音声のほうがよかった。
でも良作だった。
電車の種類が複数あるのであきません★★★★☆
確かにすべての操作がタッチペンのみのUIですが、気にはなりませんでした。
複数型式の山手線と「現代」と「昭和」のシーンが用意されているので飽きがこないと思います。
当分は楽しめるゲームです。
ひとつ、うっとうしいなと思うことは初心者モードで、丁寧なのですが、あれこれ指示が途中で入るのでそれが目障りでした。
これは環境設定では消すことはできないのでプロフェッショナルモードでがんばって遊べるようにするしか方法がないですかね。
何よりも昭和モードが素晴らしい。★★★★★
長らくタイトーからリリースされてきた『電車でGO』シリーズ。

色々あってスクエニからの発売第一弾は初のDS版、もちろんハード性能による妥協点は多々あるが、この手軽に遊べる感じと操作の簡略化、そして何より『昭和モード』で現される昭和30〜50年代の山手線の風景はシリーズ屈指の味わい深さ。
『昭和モード』の運転台は当時の車輛をそのまま再現されているので、懐かしさと斬新さが絶妙に混ざり合う。建設中の東京タワーが、そのまま表現されていたりと非常に丁寧な作り。

タッチペンを使用したタッチマスコンシステムは、従来作に比べて簡単になりすぎた感もあるが、元来、攻略する事よりもシミュレートする事に重きを置く本作なら間違いではないと思う。


山手線命名100周年記念作品との事だが、山手線好きはもちろん、興味のある方は買って後悔する事はない良作だと言える。