任天堂DSゲーム情報ブログ

手話の森

スターフィッシュ・エスディ
Nintendo DS
DSで日常生活に使える手話を学ぶことができる、DS初の手話コミュニケーションソフトが登場! "手話の山"では、下画面の単語をタッチすると、上画面に対応した手話が表示される。3Dモデルで手話の動きが表示されるので、簡単にわかりやすく学習が可能だ。覚えた手話は"冒険の洞窟"でチェック。上画面で表示される手話の動きを見て、どんな意味かを答えるクイズが出題される。他にも、小説を手話で読みながら楽しめる"絵本のバルコニー"や、災害時や緊急時に必要な手話がすぐに確認できる"緊急手話リスト"、手話の成り立ちも含めて総合的に学習できる"資料室"など、多彩なモードで手話を学ぶことができる。

http://dol.dengeki.com/
思ったより内容が豊富でした★★★★☆
全くの初心者から始めました。
2日で終わったと書かれてる人がいますが、全部覚えるには1ヶ月以上かかりましたね。
細かいところは、見えにくかったりしますが、本で見るより断然わかりやすいです。
私はこれを足掛かりに勉強を続け、手話技能検定3級合格するまでになりました。
以前はNHK教育でやってる「みんなの手話」が難しくてついていけなかったのですが、今では良く理解できます。
中級編でるといいですねぇ。
分かり易い★★★★☆
職場で手話が必要なので買い求めました。

今まで本を見たり、手話の出来る同僚に教えて貰ってたけど、家に帰ってから解らない所が解らないままだったのですが、このソフトだといつでも、どこでも動画で確認出来るので助かります。

他の動画ソフトもあるようですが、パソコン用なので携帯性やコストパフォーマンスを考えるとこちらの方が便利かと思います。

ただし“初級編”と言うこともあり語彙が少なめ。
簡単なコミュニケーションならこのソフト内容でも充分かと思いますが、色々な人達の社会進出が目覚ましい現代、今まで手話に接する機会のなかった者もこれからは必要性を感じる場面が増えると思うので、是非中級・上級に加え“学校編”や“ビジネス編”など、シーンに応じたソフトが増えることを期待します。
わかりやすい★★★★★
全くの初心者です。
本よりも動きがわかりやすくて、
楽しく学習でき、操作も簡単で
使いやすいソフトだと思いました。
見る向きを変えれるのもいいです!
上から見た図は、手が顔の近くにないと、
手の動きが画面外になってしまいます。
Rとか、指文字のこまかいとこが、ちょっとわかりにくかった。
説明を読むとすぐ覚えられます。
「こはむ」はカワイイけど、
いつも同じことしかいわないな〜。
たしかに2日で終わったけど、復習できます。
手話絵本のお話の内容が、えっ!って感じで、
とってもおもしろかった。
もっと絵本が多いといいなー。
中級編が出たら是非ほしいです!
手話を忘れないように・・・★★★★☆
独学でNHKなどで手話を勉強し行き詰まっている頃に、このソフトが発売され即購入いたしました。
ある程度の手話はわかっていたので初めは簡単すぎる気がしました。
ゲームとしては残念ながらつまらないし、これだけに頼って手話を勉強して覚えると言うのも当然ながら無理があります。
キャラクターの言葉も「・・・でちゅ!
」のように幼稚でかって失敗した〜!
とまで思いました。
が、ゲームと思わず幼稚言葉も気にせず淡々と使っていると忘れかけている手話に触れ、サークルなどにも所属していない私にとっては今までに覚えた手話を忘れないようにするためのアイテムとして今では重宝に感じております。
もっと見やすくするとか色々改善の余地はありますが、「初めての手話」的な本よりは単語数も多いし良いと思います。
改善された続編が出るのを楽しみにしています。
横から見たり下から見たり・・・★★☆☆☆
はじめまして! 手話の森・・2日で終わってしまいました・・
手話の手の動きとか手の色の感じが肌色なのでわかりずらく
手話表現している人の顔の表情はよかったけれど、肝心の手の動きが見れる
ドアップができませんでした。 確かに横とか下からとかはできるのですが
手が真ん中に来ないので手の表現を見ることができません。
次回のソフトでよくなることを期待しています。

希望としては手のズームアップができるようにしてほしい。
2倍速とか0.5倍速とかができたりのできるように。

同じ手話を何回も斜めから見てみたり横に回転させたりして指の動きを
見ていましたが結構疲れました。

服は・・最初から黒の服を着ているにしてほしかったです。
黒ならよく解るからです。

あとアルファベッドのことですが・・
アルファベットのAを表し方をNHKの手話ニュースでは両手でAを表していました。
でもDSでは片手で「あ」と同じ手話をしていました・・入門編だから仕方ない
のかもしれないけど・・

りすからもらえる種は99が限界でそれ以上はたまらない仕組みになっています。
これが限界か・・っておもってしまいました。
聾の人にこのDS入門編の手話表現では通じないかも・・


チャレンジ文は、もっと長い文章を入れてほしかったです。
自分で文章を入れたら表現できるようにしてくれるたらよかったかも・・

入門の人にはいい学習教材でいいと思いました。