任天堂DSゲーム情報ブログ

Dear Girl~Stories~ 響 響特訓大作戦!(限定版: スペシャルトークCD & スペシャルポーチ同梱) 特典 「スペシャルカレンダー」&Amazon.co.jpオリジナル「スペシャルステッカー(Blueバージョン)」付き

アスキー・メディアワークス
Nintendo DS
【はじめに・・・DGSとは・・・?】
2007年より文化放送・ラジオ大阪で放送中のラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』。
その番組中のトークから生まれた、公式コミカライズが『Dear Girl~Stories~ 響』です。

【ゲームポイント】 ●『DGS響』の世界観をDSで再現!
困っている乙女を助けるための秘密組織『Dear Girl~Stories~響』。
声優業のかたわら組織の活動をするヒロCとオノDが、DSで大活躍します。シナリオはもちろんゲームオリジナル。いわさき砂也先生原案のキャラクターたちが、『DGS響』の世界観を再現します。

●ヒロC・オノDほか人気声優さんのボイスがたっぷり
大容量のカードを使用することにより、メインキャストは全編フルボイスで展開。
ヒロC&オノDはもちろんのこと、テライケメン司令官役として遊佐浩二さんが出演するほか、ゲストキャラクターとして中村悠一さん、杉田智和さん、安元洋貴さん、楠大典さんといった番組にゆかりのある人気声優も出演!

●ヒロC・オノDがモーションキャプチャで参戦!?
ミニゲームには、ヒロC&オノDの3Dモデルが登場。この3Dモデルの動きの一部を、キャラクターのモデルであるパーソナリティのお2人が演じています。

●ゲームのカリスマブランドhunexが開発を担当!
乙女ゲームのカリスマブランド・ヒューネックスが開発を担当します。


【Amazon.co.jp オリジナル特典】
●Dear Girl~Stories~ 響 スペシャルステッカー【Blueバージョン】
(※柄はYellowバージョン・Pinkバージョンと同じものになります。

【ご予約特典】
●スペシャルカレンダー
『Dear Girl~Stories~ 響 響特訓大作戦!』オリジナルの2010年カレンダー!
いわさき砂也先生描き下ろしのヒロC&オノD表紙を含め、各キャラクターが登場する20ページ構成(予定)。

【限定版 特典内容】
●スペシャルポーチ
8bit風にデザインされたヒロC&オノDがワンポイントでプリントされたキュートなデザイン。
●スペシャルトークCD など予定
コミックしか★★★★☆
読んだことがなく、リスナーではありませんが、それなりに楽しめましたよ。
とにかく喋る、喋る!ってくらいボイスもてんこ盛りで。
主人公のキャラも好感が持てる。

攻略本の必要がないほんわかしたゲームで、空き時間に気楽にプレイできました。
画もキレイだったし、OPもしっかり作られていましたね。
ただ、なぜハードがDSだったのか、とは思いましたが…

サブキャラがなかなか魅力的だったので、いっそシステム一新して、恋愛シミュレーションとして続編出してもらえませんかね?(笑)
個人的には薬屋のアニキを陥落させたい…
DSナノニ★★★☆☆
乙女の依頼は工夫して解決するのではなく成り行きに任せるだけだし、
オノDとヒロCの育成と依頼解決能力は全くリンクしていないし、
テライケメン司令官のキャラがドラマCDの時と違うし、
と、突っ込もうと思えば突っ込みどころはたくさんあるのですが、
一番気になったのは、DSなのに、タッチペンを活用できる場が少ないことです。
ラジオのDGSリスナーは、PSPよりDS保有率の方が高そうというという配慮(?)かもしれませんが、
ボタンと十字キー操作オンリーなら、PSPで出した方が画像もきれいでよかったのではないでしょうか。

ともあれ、ラジオのDGSファンであれば内輪ネタ満載でとても楽しめると思います。
なんか惜しい!★★★☆☆
内容が全体的にあっさりしてる感じがします。依頼もなかなかフルコンプが難しく、やりごたえもあるんですが、いまいち分かりにくい点が多いです。
ですが、フルボイスでキャストも豪華ですし、ミニゲームも面白いので、DGSファンの方には楽しめるんじゃないかと思います★
何といってもフルボイス★★★☆☆
このゲームの魅力は何といってもフルボイスと言うところです。
誰か一人でも好きな声優さんがいる、またはDGSが好きだという方なら
一度クリアすればおまけのボイスも聞き放題ですし、DGSネタも満載、ミニゲームも
やり放題です。
ただDGSを知らない人にはコネタはほぼ分からないし(特にミニゲームのカンペちゃん)、ゲーム内容もほぼ見てるだけで
選択肢もたまにあるのみ、どのあたりに反映されているのかも不明・・
また今3回やりましたが、キャラがくれるヒントが少ないのもあって、育成方法を変えてみても
発生するイベント、依頼も毎回ほぼ同じ…(まだクリアしてない以来が半分以上あります)
何よりイベント、依頼の発生がランダムなのかたまに時間軸がおかしいです。(初めて見た依頼主が過去にも出たということになっているなど)
ゲームとしてはあらが目立ちますが、私は声優さんとDGSが好きで、
ミニゲームも楽しめるので☆みっつです。
悪くはないけど・・・★★☆☆☆

私は、DGSリスナーではありますが、響関連については、ゲームのみです。
原作がどの程度のもののかわからないですが、ストーリーは全体的に薄いです。
最終目的も微妙に???と思いましたし。
ストーリーに突っ込みだしたらキリがないくらい、粗が目立ちます。


セーブ・ロードは快適でした(私的に)
スキップ機能はバグなのか、2週目のときに既読スキップが使えない。
週内の既読(育成後のセリフ等)は使用できたのですが。
あと、育成選択画面でステータスが表示できないので、
画面に入る前に確認しなければならなかったのが苦痛。
私はせっかちなので、ミニゲームのカンペも長々と何度も同じ内容をやるので、苦痛。


とはいえ、DGSをよく聞いているのであれば、
ラジオに関係するものが散りばめられているので楽しいと思います。