任天堂DSゲーム情報ブログ

「超」怖い話DS 青の章

アルケミスト
Nintendo DS
『超』怖い話は 「怪談 アドベンチャー ノベル」 です。
プレイヤーはシリーズ原作者でもある平山夢明氏と共に都内を巡りながら、様々な人から怪異現象の体験談を聞くことになります。
シナリオの山場となる場面ではグラフィック・サウンドによる演出を用意し、怪談独特の緊張感・臨場感を盛り上げます。
また収録シナリオは短編集形式となっており、いつでも手軽にDS本体を開いて原作の単行本を読み進める感覚でプレイできる点も大きな魅力です。
残念すぎます★☆☆☆☆
「超」怖い…というタイトルに惹かれてやってみましたが、発売中のホラー系DSソフトの中でもっとも恐怖度が低かったです。

デザインが実写ではなく、何故かオシャレでパステルカラーの絵でかわいらしさを醸し出しています。
また、肝心の怖い話も「尻切れトンボ」のような中途半端な終わり方をするものがほとんどで、はっきりとしたオチを好む方には物足りないと思います。

ホラー系入門編としてはいいかもしれませんが、耐性のある方には期待に添えないと思います。

操作が簡単なこと、音声が聞き取りやすいところはよかったです。
物足りない★★☆☆☆
やりこみ要素やゲーム的要素は皆無と言ってよいです。
お話自体は悪くはないのですが、ただひたすらテキストを読むだけなので、
この価格ではちょっと割高に感じました。
あまり怖くはない★★★☆☆
「超」怖い話ということで期待して買ってみました。
絵が綺麗でボイスも聞き取りやすく良い所もあるのですが、肝心な話についてはがっかりでした。
私の読解力が低いからかもしれませんが、話の終わり方が「で?オチは?」と聞きたくなるような終わり方。
もしかしたら最後はご自分で想像してくださいという作品なのかもしれません。
オチがない話ほどつまらないと思うのは関西人だからでしょうか。
眠れなくなるほど怖い!という作品を求めるなら他のゲームを買う方がいいと思います。
都市伝説に近いなぁ★★★☆☆
幽霊系の怖い話を期待して買ったのですが、読んだ感想は都市伝説を読んでる時のような感覚でした。
絵も話もそれほど怖くないので、あまり怖いのは駄目っていう人向けじゃないでしょうか。
全体的に怖い話に慣れた人には物足りないと思います。

システム的には以下の部分が問題だと思いました。
1、自動セーブじゃないので、ポイントミスると読み直しになります。
2、ページめくりと声の入るタイミングが微妙

なので星は3。
話の内容は面白い★★★★☆
グラフィックは他の方が書いているように決して怖くはない。
しかし話の内容や音響効果は思いのほか感情移入できるため怪奇好きにはもの足りないが、怖いのはちょっと苦手という方でも楽しめる内容になっている。
いずれにしてもこの手のゲームは規制の対象になりやすく無事に発売されただけでも嬉しい。
是非ともグレードアップされた続編が発売される事を期待したい。