任天堂DSゲーム情報ブログ

赤ちゃんはどこからくるの?

セガ
Nintendo DS
動画を 見る
難易度が…★★★☆☆
前作「きみ死ね」の大ファンでムックも買ったクチなので
「あかどこ」の世界にもすんなり入れましたが…
ミニゲームの難易度がハンパじゃない。ヌルゲーマーの当方は
フキヤすらまだクリアできていません。
これから先、もっと難しくなるのかと思うと自力クリアは絶望的。
攻略サイトも最早皆無のようで途方に暮れております。
でもやっぱりオープニングテーマはインパクトあってヌヌネネヌヌネノ。
ライバル登場★★★★☆
きみのためなら死ねるが面白かったので購入しました。
前作がかなり洗練されていたので今回の出来も決して悪くないのですがチョット贅肉が増えた印象を持ちました。
ミニゲームも個人的に難しい物が多いように感じました。
エンディングのオチはとても良かったです。
単純明快、but 意外に難易度高め★★★★☆
前作「きみしね」が面白かったので、こちらの「あかどこ」にも挑戦してみました。
前作と同様にお気楽な世界観とイメージ映像・抜けたBGMが素敵です。

が!おちゃらけたストーリー展開とは裏腹にゲームがごっっっつ!難しいです。
ゲームのルールや操作は単純明快でほとんど解説を見なくても判るレベルなんですが、
クリアするのが難しいのです。
特に前半のボスバトルで全く歯が立たず、ついヘルプボタン
(全クリアまでに1回だけ使える、1ステージをスキップできるボタン)
を押したくなりました。この難しさはモチベーションの持続性において難点かもしれません。
たかがゲームながら、要 気力&集中力です。

と、前作より難易度が高くなった一方で、2人以上で遊べるようになったり
「彼女」のイメチェンの選択幅が広がったり
ゲーム(ストーリー中のシーン)選択画面がパラパラ漫画になってたり
インターフェースが改良されている点で好感ありです。
前作「きみしね」だけでは飽き足らない方や前作のファンにはおすすめです。

(全く初めてこのシリーズの購入を検討されている方には
 構えずに楽しくゲームできる前作をおすすめします)
結構ハマル お馬鹿ゲーム★★★★☆
「君のためなら死ねる」の続編。
個人的にはこちらの方がストーリーがちゃんとあって面白い。
ミニゲームも前回同様DSならではのタッチペン、マイクを駆使して行うが、結構難しいので、思わず夢中になってしまう。
また女の子の着せ替えができたり、その服の模様を自分で考えることができたりすることろは、マニアな男子だけでなく女子でも楽しめる内容となっている。
難点はやはり電車の中ではちょっとできそうにないところか。
操作性が悪い★★★☆☆
さすがにタッチペンだけでは限界があるのではないかと思った。
特に予期せぬズレなどによって判定がかなり厳しいため簡単に失敗してしまう。
全部タッチペンなのでも別にいいが、当たり判定を優しくするか、十字キーもすこしは活用できるようにすればおもしろかったのではないかと思う。

このまま同じような続編を出してもマニアな人以外には絶対売れないと思う。