任天堂DSゲーム情報ブログ

くにおくんの超熱血! 大運動会

アークシステムワークス
Nintendo DS
操作性は悪いが、面白いゲーム★★★★☆
タイトル通り、運動会で4チームに分かれて対戦するゲームです。
クロスカントリー、障害物競争、宝探し、格闘の4種目です。

クロスカントリーは町中を走り、他のチームの選手の邪魔をしつつ先にゴールしていくゲーム。
障害物競争も基本は同じですが、ステージの仕掛けが進行を邪魔するのでうまく移動していく必要があります
宝探しは、ライバルより多くの宝をゲットしていくゲーム
格闘はキャラ特有の必殺技を駆使しながらサバイバルを生き残るゲームです。

FC版のねっけつ大運動会が大好きだったので注目していましたが、ゲームの面白さ自体は期待を裏切らないデキでした。
ですが、DSのボタン配置の関係で操作性が悪く、特にジャンプがやりづらいです。
とても面白いゲームですが、対戦がやっぱりメインだと思うのでダウンロードプレイに対応していないのが一番残念なところです。
身近にソフトを持ってて対戦相手がいるなら是非対戦してみてください。とても盛り上がります。

良い点
・チーム数が多い
・オリジナル選手&オリジナルチームが作れる
・ステージが複数用意されている

悪い点
・ダウンロードプレイができない(ソフトを複数用意すれば対戦もできます)
・原作を忠実に再現したステージも作ってほしかった。
・チャレンジモードのミッションをクリアしていくとエディットが充実するようになりますが、これがかなり難易度が高くて苦痛に感じる。
・ストーリーモードをクリアしていくことで次々とステージやチームが増えていきますが、全部出すには最後の隠しチーム以外のチームで全難易度でクリアしなければならず、これが結構時間がかかるので作業プレイに感じるかも。

悪い点ばかり書きましたが、先に出たドッジボールとは比べモノにならないくらい面白いです。
新しくすればいいってもんじゃない★☆☆☆☆
FC版をひたすらやってたゆとり世代の者ですが

なんでもかんでもただ新しくすりゃあいいってもんじゃないと思う。
どっかの会社は「リメイク商法」なんて言われたりもしてるけど・・・

それも需要があるうえでの供給であって

古いゲームをやりたい→ソフトorハードがない(入手も困難)→プレイできない
→新ハードで発売しなおす

こんな流れだったらアリだと思います。

とりあえず、そのへんは置いといて・・・

ゲームの評価ですが

ひどい。

この一言です。
とりあえず初回プレイ時、「確実に勝てる」という自信のもと、れいほうチームを選んでプレイ。
クロスカントリーではもちろん「もちづき」を選択。
熱血行進曲で、もちづきに足の速さで勝てる奴なんかいません。そのことを知っていたので選んだのです。

ゲーム開始・・・
「あれ・・・合図前に攻撃できない・・・」
みなさん、「熱血行進曲」をどうプレイしてました?
「自分は純粋に競技を楽しんでた」って人もあるかもしれませんが、このゲームの醍醐味ってライバルを蹴落としてゴールを目指すとこじゃないんですかね?
まぁ今のご時世ちょっとでも殴ったり相手を倒したり蹴落としたりしたらすぐにクレーム(笑)がくるんですかね?
もしくはCERO「D」,「Z」あたりのレッテルを貼られるんですかね。

ファミコン時代って
「お前もちづきずるいぞー」とか「あーもう攻撃してくんなよー」とか「あーもう失格なっちゃったー」とか
こんな感じですよね


俺は一人でもよくやってましたが
それでも一日中やってるくらい面白かったです。

しかし今作
2分で嫌になりました。

走ってるのが作業のようです。

足の速さの違いもろくにわからないし、ファミコン時代ですらあった「水中」もなく

必殺技は「どこが?」ってのが多すぎます。っていうか全部そうです。


いろいろ書きましたが、とにかく、「やめとけ」



この一言です。
すばらしいリメイク★★★★★
私もFC版をがっつりやりこんだ者です。DSへのリメイクということで期待しつつもかなり不安だったのですが…

やってみると、とても楽しめる作品でした。
何より3D化をはじめとした様々な新要素を取り入れてリメイクされているにもかかわらず、
くにおくんらしい「はちゃめちゃさ」がしっかりと残っていると感じました。

チームにかなり力の差があったり、クロスカントリーなどでは一部能力の高い選手はとんでもないショートカットができてしまったりします。
新要素としては新キャラや新アイテムに加え、他のくにおくんシリーズのキャラが新しく参戦しており、
また、チャレンジモードではシリーズのファンを喜ばせるようなステージや音楽が。


確かに操作がややしづらく当たり判定なども分かりにくい気がしますが、これは単にFC版の印象が強すぎるかこだわりすぎてるだけでしょう。
DSでの操作に慣れてしまえばくにおくんらしい「はちゃめちゃさ」を十分に楽しめると思います。

とかく名作のリメイクは何の面白みのない懐古主義の劣化移植になっていたり、改変しすぎて原作の面白さを消していたりしていがちですが、
この作品は原作の魅力を残しながら多くの新要素を取り入れている、リメイクの最高の形の一つだと思います。


くにおくんファンならば買って損はないでしょう。
21世紀の行進曲★★★★☆
実際に遊んでみるまでは、子供の頃に嵌った熱血行進曲とは全く別物なのかなと思っていましたが、それほど大きな違いがある訳でもなかったです。3Dといっても、奥行き感がある程度で、殆ど2Dに近い感じですね。ファミコン世代にも特に問題無く遊べました。

ちょっと残念だったのはアイテムでしょうか。ただ種類を多くしただけの様に感じられてしまうのですよ。爆弾は時限式ではなくなっているし、タイヤに至っては転がりさえしない。手榴弾は相手と一定の距離を置いて投げないと、自分も巻き添えを食ってしまったり、もはや自爆アイテム化している気がしました(※旧GB版には近いのだが)。ファミコン版では投げてから間を置いて爆発する特性を利用して、色々な使い方が出来るのが良かったと思うのですがね。また小さいアイテムは識別が難しく感じました。

クロスカントリーのコース中に○切があるのも面白いのですけど、あそこに人や物を投げ込んだり、突っ込ませたりするというのは、例えゲームでも如何かなものかなwと。FC版では民家の中がコースで大爆笑でしたが、○切に突進! は過激すぎて... ちょっと笑えなかったです。
やっぱりドット絵がいい★★★☆☆
3Dになって、キャラの表情などが見えなく、誰が誰だかわからなくなった。
操作方法も変わってしまい、昔の面白さが体験できなかった。
以前出たドッチボールの方は、遊んでいて、懐かしさがあったが、
今回は、それがないのが残念。
次また出るときは、ドット絵で、操作方法も昔のままにしてほしい。