任天堂DSゲーム情報ブログ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

エレクトロニック・アーツ
Nintendo DS
2007年公開の映画を完全ゲーム化!

【ホグワーツ魔法学校で冒険開始!】
映画でしか見ることが出来なかったホグワーツ校内を、ゲーム内で完璧に再現!
校内を自由に冒険できるようになり、ホグワーツ生の気分がリアルに体験できます。
もちろん登場人物は映画に登場する俳優の声を収録。日本語字幕で安心して遊べます。

【タッチペンでハリーになりきろう!】
タッチペンを杖に見立てて魔法を唱えます。
ハリーになりきって様々な呪文を使いこなそう!

【DSならではの楽しいミニゲーム満載!】
映画にも登場する「蛙チョコレート」「爆発ゲーム」「ゴブストーン」などの『ミニゲーム』をプレイできます。
ダウンロードを使えば、ゲームソフトを持っていない友達ともプレイできます。
1対1で対戦できるマルチプレイヤーモードでは魔法薬学などの教室ゲームやクディッチなどのクラブ
ゲームが楽しめます。
面白いですが…★★★☆☆
クリア後は少し寂しくなります…

ハリー以外の生徒がほとんど居なくなります。

ハーマイオニーもロンも居なくなります。

大広間にも誰も居ません。

寂しい…
地味な戦闘★★☆☆☆
思っていたよりも微妙なゲームでした。学校を歩き回れるのは良いのですが、戦闘相手のほとんどがマルフォイなので、途中から飽きてしまいます。ラストで繰り広げられるダンブルドアとヴォルデモートの決闘も、学生のけんか程度の規模なので、映画のような迫力はありません。
酷評してしまって申し訳ないのですが、本当なんです。
☆前作より面白い☆★★★★★
炎の時より良く出来ています〜!
皆学校の制服を着ていて、学校内を自由に歩き回れるのがいいと思います☆学校内には他の生徒もいてとても賑やかです!
映画のシーンとかも出て来て、操作もあんまり複雑じゃないので、買って損はしないと思います♪ハリーポッターファンにはオススメです☆☆☆
よかった★★★★★
今回はおもしろかったです。前作の<炎のゴブレット>よりも
おもしろくてよくできていました。前作は、システムがあまりにも
駄目すぎている。ですが今回はそれからパワーアップしてよくできた
ゲームになりました。