任天堂DSゲーム情報ブログ

ドンキーコング ジャングルクライマー

任天堂
Nintendo DS
Lボタンで左手、Rボタンで右手を操作。ドンキーコングの新しいアクションゲーム

ニンテンドーDSのLボタンでドンキーコングの左手を、Rボタンでドンキーコングの右手を操作し、上下2画面に展開される各ステージをクリアしていくアクションゲーム。L、Rボタンを同時に離せばジャンプ、Aボタンを押せばアタックする。

攻撃をかわしたり敵を倒しながら、L、Rボタンで素早くジャングルを駆け回り、アイテム駆使してゴールを目指す、スピーディなアクション展開が特徴となっている。
これは…★★☆☆☆
ちょっと…いやかなり難しいです。
操作が独特な上に一度でも敵やギミックに触れたらアウト、というのは厳しすぎる気がします。
新品で買ったのに中盤あたりでどうしても進めなくなって嫌になり投げ出してしまいました。
しかもメインのボタンがLRのため手がすぐに痛くなる… 次回は普通のアクションRPGにしてほしいです。
新鮮★★★☆☆
あまり使う事の無いLRボタンを使いまくるということに興味が湧いたので暇潰しに買ってみました。
その後に初プレイした感想は…「難ッ!」の一言。
舐めてました…。「慣れれば余裕だろう」と思ってたら予想以上に難しかったので燃えます(笑)
なんとか進めた後もエクストラステージがあまりにも難しくて泣きそうでしたが何とか全ステージクリア。

ただやっぱりSFC時代にあった2Dアクションのドンキーがやりたいな…というのが正直な感想です。
これじゃあ物足りないです。
出来は悪くないが…★★★☆☆
アクションゲームだと思ったら大間違い。

今回はぶら下がってのアクションがメインとなる。
飛び移ったり、何かにつかまってジャンプしたり…今までのシリーズとはかなり異なる。

自由に操れるまでには多少慣れが必要。


かなりくせが強いのでおすすめは出来ないが、この操作感が合う人なら面白いだろう。
高い難易度を求めるやり込み派に!★★★☆☆
ドンキーコングが主人公のアクションゲーム。
走る事よりも、登る・飛び移るという野性的なドンキーらしさを前面に押し出した作品。

操作性が変わっており、商品紹介にもあるようにL・Rボタンを駆使する必要がある。
ゲーム慣れしていない人にはかなり難易度が高いようで、小学校低学年の甥っ子はすぐに飽き、購入した嫁も投げ出した。

一度でも敵に触れたらアウトというシビアな難易度にも関わらず、コンプリート要素を持ち合わせており、
根気強いやり込み派にとってはやり応えのあるゲームであると思う。

ミニゲームもなかなか充実しているので、気質さえ合えば楽しめるゲーム。
難しすぎ!★★★★☆
懐かしくて購入。
でも、今までやったものの中で一番難しい。
時々操作ボタンを押してもその通りに動かず(きっとタイミングが悪いのかも?
)何でー!!
と叫ぶ事あり。
ライフが沢山あってもすぐに無くなってしまいます。
子供も遊びましたが難しすぎで先に進めずイライラし、、もう遊ばなくなりました。
私は時間がある時に遊びますが、終わるととても疲れます。
でもキャラクターがかわいいのとクリアしたときの達成感はすばらしいので星4つ。