任天堂DSゲーム情報ブログ

悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス コナミ・ザ・ベスト

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
意外と面白かった。★★★★☆
はじめて悪魔城ドラキュラシリーズをやってみたのですが、かなり楽しめました(^^)。
アイテムや敵の種類が多いのと、食べ物アイテムの「アツギリステーキ」や「ラビオリ」などユニークなアイテムも多く楽しかったです。
敵がしゃべりかけてくる言葉もたまに面白かったりします。
値段も手ごろですし、レベル上げにこる方もこらない方にもオススメできるゲームです。
見た目で避けるのはもったいない作品★★★★★
DSのドラキュラシリーズで二作目となる作品。
アニメ調のキャラクターには違和感を覚えるかもしれませんが、ゲーム自体はとても硬派。アクション性、やり込み要素、サウンドなどどの点でもよくできています。骨太の2Dアクションがしたいという方に是非。サウンドに数曲ですが古代祐三さんが参加している点もファンにはうれしいところ。
別モードが良かったです★★★★★
主人公男女の会話がどうも脱力系でシリーズ特有のダークさや緊張感がが薄い。
回復アイテムを買い込めばどんな敵でもゴリ押しで勝ててしまう。
ただ、それはコナミなりにターゲットを広げマンネリ打破しようとした結果かと。
個人的にはクリア後の別モードが良かったです。
リヒターモードは回復アイテムが使えないので本編と同じボス相手でも緊張感があり、ラスボスを倒した時は達成感があった。
最近のシリーズでは主人公がムチを使わないのが不満だったので、久々にムチ主体の2Dアクションで面白かったです。
シスターモードは本当にオマケといった感じですが、どう見ても姉妹の方がリヒターやジョナサンより強力なのが笑える。
もうひとつ大きなポイントは山根ミチルと古代祐三という強力コンビが手掛けるBGMの良さでしょう。
プレステのような重厚な生音っぽいサウンドでは無いけれど、
メロディとビート感が際立った良い出来の曲が多いです。
いいゲームですね★★★★★
前作の蒼月の十字架を遊び、このシリーズのこのゲームをやろうと思いつつも、
中古でさえ高かったこのゲームがとうとう廉価版で発売されました。
一時期はDSのゲームレビューサイトでAランクだったこともあり、やはり名作と言えるゲームですね
前作のソウルなどの仕組みはなくなりましたが
やり応えのある難易度と二人のキャラを交互に操作して遊ぶシステムにハマってしまいます

若干、期待値が高くても、十分、満たしてくれるゲームだと思います。
オススメです
この機会にどうぞ★★★★☆
このゲームは、2,006年に発売された同名作品の廉価版となっています。

もしかしたら、「安いみたいだから、よくわからないけど買ってみるか」って方もいらっしゃるかも
しれませんので、軽くどのような内容か触れていきます。

悪魔城ドラキュラは初代ファミコンから20年以上に渡って続いている、息の長いシリーズです。
基本的にはアクションゲームとして製作されてきた同シリーズなのですが、10年ほど前に発売
された「月下の夜想曲」という作品からアクションRPGとして出されることが多くなりました。
本作品ギャラリーオブラビリンスは、後者つまりは近年主流となっているアクションRPG
ものです。

アピールできるところはいろいろあるのですけれども、簡単に列挙していきますと、

・シリーズでお馴染みの難易度の高さ
・悪魔城ファンでない方々からも、高く評価されているゲーム音楽
・一度クリアしたあとは、難易度ハードモードが出現。更に主人公となるキャラクターが追加
されるなど、お楽しみ要素が満載

こんな感じですね。
難易度は難しめと書きましたが、シリーズのなかでは優しいほうです。それにセーブポイントも
そこそこ用意されていますから、攻略に行き詰ってしまったらレベル上げに励むと突破口が
開けてきます。また、敵の攻撃もパターン化されており、覚えてしまえばあっさりといけます。
とはいっても、一般的なアクションゲームと比較すれば難しいほうに分類されると思いますが。


最後にもう一言。
廉価版ということで入手しやすくなったことですし、ご新規さんもこの機会に是非どうぞ!!