任天堂DSゲーム情報ブログ

ポケモンレンジャー バトナージ

任天堂
Nintendo DS
   ポケモンとキミとの大冒険が始まる
   ポケモンレンジャーになることを目指す主人公は、家族のもとを離れアルミア地方のレンジャースクールに転校しました。スクール生活のなかでポケモンレンジャーへの道を一歩ずつ進んでいくうちに、友情をはぐくみ、ポケモンレンジャーとしての心得を身につけていきます。そして、レンジャースクールを卒業し、アルミア地方の平和を守るポケモンレンジャーとしての生活が始まります。

   そのころ、アルミア地方では突然ポケモンがあばれだすなど不可解な出来事が起こりはじめます。レンジャーの一員としてポケモンたちの力を借りながら、原因究明のために活動していくと、ポケモンの力を利用しようとしているあやしい組織「ヤミヤミ団」の存在が見えてきます。いろいろな事件を解決していくなかでヤミヤミ団の悪事をあばき立ち向かいながら、トップレンジャーへと成長していきます。

荷物はこびから、火事の消火までさまざまなミッションにチャレンジ

   所属するレンジャーベースのリーダーバロウやレンジャー活動の拠点となるレンジャーユニオンなどから、"重要な荷物を運ぶ"、"森の火事を消す"といったミッションをあたえられます。ミッションをクリアしていくとポケモンレンジャーのクラスも上がります。ポケモンと力をあわせ、さまざまなミッションをクリアしながらトップレンジャーになることをめざします。

グルグル囲んでポケモンと心をかよわせる

 「キャプチャ」とは、ポケモンと心をかよわせることをいいます。ポケモンレンジャーはキャプチャ・スタイラーをつかってポケモンをグルグルと囲むことでキャプチャすることができます。そうして心の通じ合ったポケモンは仲間となって主人公にいろいろな力をかしてくれます。

ポケモンの力を借りて困難に立ち向かう

   冒険を進めていくと木が倒れていたり、岩がじゃまをしたりして先に進めないことがあります。そんなときは仲間のポケモンの力で木を切ったり、岩をこわしたりすることで解決していきます。このような障害物を「ターゲット」といい、ポケモンの力をかりて解決することを「ターゲットクリア」といいます。
すごく良い★★★★★
DS買ったら是非。
ポケモンをほとんど知らない人でも楽しめるとおもいます。

…ただ、不器用な人は途中、レベル上げをする必要があるかも、僕は一応大丈夫でしたが…

レベル上げはめんどくさいかも、ポケモンをタッチペンで囲む事でキャプチャーして経験値が上がるので

ドラクエとかみたいにモンスターとの戦闘でボタン連打というわけにはいかないので。
全体的な出来が良い★★★★☆
ポケットモンスターシリーズから派生した近作シリーズ
ポケモントレーナーとは違ったレンジャーとなり
ポケモンの力を借りて自然を守ったりポケモンを守ったり
タッチペンを使ったアクションとポケモンの特性を組み合わせたパズル要素で中々楽しめました

とはいえ単調なアクションとパズルではあるので最高傑作とは言いがたいところ


なのですが何よりポケットモンスター、ダイヤ・パールとのリンクもあり
ちょっとしたオマケもございます(Wi-Fi環境推奨)
ポケモン大好き!な人で更にダイヤ・パールが大好き!な人にはオススメします
購入しようかどうしようか?★★★☆☆
と 言うのも攻略本無しでも大丈夫だ。
と このレビューに有ったのですがどうなんでしょう!
実際やってる人達はどうですか?
タッチペンは楽しいけど…★★★★★
前作に比べれば、追加要素や変更があって、
同じ感覚、或いは一筋縄で行かない様になっている。
それでも難しくなったと言う訳じゃなく、
前作を遊んだプレイヤーと、
バトナージから始めた新規ユーザーさんの両方が
楽しめる様になっている。

その影響もあってか全体的に“より作業的”に
なっている印象も受けた。
先読み先読みがトップレンジャーの品格?

ポケモンメインではなく、“人間メイン”の
ストーリーもポケモンシリーズにしては新鮮で魅力あり!
遊び易いゲームなので、タッチペンを使った
ゲームが好きな人には特にオススメ!!
次回作から本格的な難易度選択を導入しては?★★★☆☆
 前作もプレーし、今回も、配信ミッションが目的でプレーしています。ポケモン10作目の映画のDVDでダークライを入手できなかったので、4月26日から配信される「ダークライの卵をゲットできる」という配信ミッションには期待しています。
現在私はレンジャーになって8つめのミッションの大詰めに入っていますが、さすがにここまでくるとボス戦がうんざりするほど長くて疲れてしまい、何度もゲームオーバーになっています。
ここにレビューを書かれている皆さんはアクションが得意な方が多いように見受けられますが、私はアクションが大の苦手です。8つめのミッションのヤミヤミ団の見張りをかわして進むミニゲームですらクリアーするのに苦労したくらいですから。(それでも、何回も失敗すれば多少は難易度が下がってくれるようですが)


 このゲームの最大の楽しみの一つともいえる、『ポケモンダイヤ・パール』に登場する特別なポケモンの卵をもらえる配信ミッションは、そのほとんどが「エンディングを迎えていないとプレーできない」ようになっています。ですので、もう少し難易度設定には工夫が欲しかったかな、と個人的には思っています。
次回作からはイージー、ノーマル、ハードというような、プレイヤーのレベルに合わせた本格的な難易度選択の導入を強く希望します。
その方が、配信ミッションもよりプレーしやすくなるでしょうし、もっと幅広い層のプレイヤーに楽しんでもらえるのでは?と思います。
『ポケモンレンジャー』シリーズのプレイヤーの中には、私のようにアクションが大の苦手でも配信ミッションをプレーしたいがためにがんばっているポケモンファンの方も大勢いらっしゃるでしょうから。