任天堂DSゲーム情報ブログ

一般財団法人 日本漢字習熟度検定機構 公認 漢熟検DS

ナウプロダクション
Nintendo DS
一般財団法人日本漢字習熟度検定機構が監修した漢熟検公認ソフトです。漢熟検の狙いの1つである"熟語の読み書き"を中心に、2010年5月からの新しい10等級に対応した、書き取り・読み・筆順・画数・部首・旧字選択・誤字訂正などの各種問題を収録しました。お子様から年齢を重ねた方まで、どなたでも練習から実力試しまでできる漢字の総合トレーニングソフトです。

● 漢熟検(入門~上級)で出題される漢字を網羅!約40,000問以上の問題を収録!
実際に試験で出題される常用漢字1945字(2009年春「試案」の追加191・削除5字を加えて、合計2131字)及びそれらの漢字で成り立つ熟語(約20,000語)を網羅しています。

●2009年の第一回検定問題に模擬チャレンジ!
2009年12月に全国で実施された第一回検定問題を収録しています。
(※一部の問題は、出題形式・解答形式を弊社責任のもと短縮・要約しています。)

●合格をめざした実践的な練習でスムーズに漢字を習得!
漢字や熟語の読み書きを等級別に出題する「漢熟読み書き練習」をメインモードに、気になる漢字を集中的に練習できる「練習帳」や、問題を自分の好きなだけ答えられる「とことん」、収録漢字の筆順をなぞって確認できる「筆順検索」、筆順・部首問題などに挑戦できる「漢字遊び」など様々な練習モードを搭載。解答は、ストレスの無い手書きのリアルタイム認識と、大きな文字を使った問題表示などを採用しています。
漢熟検って★★★★☆
漢字認識は完璧で、ストレスを感じることはまったくありません。
シリーズ最高で頂点の認識力でしょう。
ただ、漢熟検の試験というのがわりと範囲が広いようで、いったいなにを学習しようとしてるのが疑問に感じることがあります。
漢熟検対策にならたぶんおすすめ。それ以外でも幅広い漢字や熟語の知識を覚えたい人にもおすすめです。
漢字だけなら、「なぞっておぼえる」でいいと思います。

フォニックスでみにつくえいご

マイスターヒーロー
Nintendo DS
ゼロから★★★★☆
小学生の息子にいいかな?と、購入してみました。

しばらくそばで見ていましたが簡単な言葉から始まるので英語をゼロからはじめるのにいいかもしれません。
1日のレッスン? が結構短いので飽きやすい子供でも頑張れるかも^^;

字が下手な息子には親から見るとアルファベットの練習がいいようですが 息子はあまり好きじゃないようです。
発音の学習は難しい言葉もあるようで わーぎゃーと騒いでいます・・・
まぁ、少しでも英語に興味を持ってくれればそれでいいかな と。

自分がプレーしたわけではないので詳しくはわかりませんが 飽きずになんとなくやっているので
いいのかなと思います。

子供の音への反応★★★★☆
子供のために買ってみました。
サウンドや効果音が面白いのか、あちこち押しながらピコピコと音を楽しみつつ(今のところは)遊んでくれています。
正直、どれぐらい学習効果があるのか未知数なのですが、親のわたしがさほど賢くないこともありまして、こうした学習教材に過剰な期待はしないことにしております。
親としてのささやかな望みは、せめて英語の音に触れ英語に親しんでくれることで、将来的に子供が自ら積極的に行う(はずの)英語学習の一助になってくれれば、ということです。
親のそのような考えもありまして、このソフトは前述したように「子供が遊んでくれている」という一点の事実により、比較的高い評価をつけました。
英語に限らず、こちらの財布の許す範囲で学習教材を買い与えているのですが、子供というのは実に飽きっぽく、こちらの言うことを聞いちゃくれません。
今回、子供がサウンドや効果音と一緒に英語の発音を口ずさむのを見ておりまして、どうやら音に興味を示すらしいと分かった(ような)気がしますので、音に工夫のある教材には注目していこうかなと思っております。
小2の子どもに★★★★☆
フォニックスで英語を始めさせたいと思い、今度小2の子どもに買いました。

最初はCD付きの本などを検討していましたが、親子共々、面倒くさがりなので、
果たして、CDをデッキにセットして本を開いて〜ってやるかしら?
と躊躇していたところ、このDSソフトが発売されることを知り、予約しました。

CDだと、自分で発音しなくても先にどんどん進んでしまいますが
DSソフトだと、ちゃんと声を出さないと進まないので良いと思いました。
(なかなか認識してくれなくて、大声になってる時もありますが…)

アルファベットを書く練習もできますし(認識は英語漬けより劣る気がします)、
初心者の子どもには良かったと思います。

続けられるか…の不安はまだ残りますが、CD付きの本を購入するよりは
こちらの方がまだ使ってもらえそうです。