任天堂DSゲーム情報ブログ

ひぐらしのなく頃に絆 一・二巻パック

アルケミスト
Nintendo DS
2008年6月からスタートしたNDS版「ひぐらしのなく頃に」もいよいよ、最終第四巻の発売を残すのみとなりました。そこで第四巻発売前にシリーズの起点である「第一巻」、物語の深みが増す「第二巻」をお手頃価格のパック商品にて発売します。
更に第一巻限定版の特典として好評を得た「全巻収納BOX」を今回のパックの為だけに
新たにご用意しました。絵柄はもちろん新規描き下ろし絵柄です。
ひぐらし★★★★★
分岐とかが面倒だけど、ひぐらしファン必見の作品ではないかと。
しかも買えなかった1巻と2巻がまとめて手に入るのは、嬉しい限りだ。
買いって損なし★★★★☆
ボックスの絵柄はなかなかよいと思われます

攻略の手引きが封入とあったので冊子をイメージしていたのですが紙一枚でビックリ!まあしかたないなーと

これを買って4巻の限定Box買いました3巻はまだ買っていません…

まあ合わせて1と2が買えるのでこれはこれでありかと
ゲーム自体は面白いですよ
ひぐらしのなく頃に絆 一・二巻パック★★★★☆
一巻の難易度が高過ぎたのをよっぽど反省しているらしく、公式の方でも謝っていたのだが今回このパックでは攻略の手引きなる完璧なアンチョコを同封。
ということでわたしはこれを参考に話を進めたのでストレスを感じること無くプレイする事が出来た。

ひぐらしはPS2のカケラ遊びから遊ばせてもらってるのでDS移植にあたり、フルボイスでないのは少々寂しい気もするのだがこれはこれで有だと思う。比べるのも今更な話もするがDSの利点として「いつでも出来る」と「CGの量が倍以上に増えている」という事があげられる。

おまけ程度かと思っていたPS2にはなかったシナリオもたいへんボリュームがあり、これからどう本編に絡んでいくのか楽しみである。

2月末に発売される完結編第4巻にむけて予習してはどうだろうか。

評価は新規なら5点つけたいのだが、古参者からみると割高であり2巻のDSのみのシナリオ「昼壊し篇」がちょっとあんまりだったので評価を下げさせてもらった。

ひぐらしのなく頃に絆 第四巻・絆(限定BOX)

アルケミスト
Nintendo DS
大人気の同人ソフトが原作。コミック、TVアニメ、小説、実写映画など様々なメディアで衝撃を与え、PS2版は累計20万本以上を販売した『ひぐらしのなく頃に』。ニンテンドーDS版の最終巻となる『第四巻・絆』がついに登場です!

収録シナリオ
祭囃し編
悲運に立ち向かい、強い意志をもって神に挑む「強敵」から未来を勝ち取るため、1人の少女が部活のメンバーに加わる。強固に閉ざされた、未来への扉はついに開かれるのか?

澪尽し編
常にそばで支えてくれた「彼女」の姿が見当たらない世界で、梨花は自分を殺す「敵」と戦うために、圭一に秘密を打ち明ける。惨劇を追う刑事達の物語もついに終焉へ!

言祝し編
一族の罪をあがなうため「鬼」を狩る「少女」。ある日彼女は人間の青年と出会い、恋に落ちる。雛見沢が、鬼ヶ淵村と呼ばれていた遠い昔の物語。

賽殺し編
交通事故に遭ってしまった梨花が目覚めると、そこは今までとは全く違った異様な「雛見沢」だった。生きている両親。様子のおかしい仲間達。明らかになる衝撃の事実に、梨花は・・・?

【同梱特典】
未定

【予約特典】
運命のスーパーボール
特典もいい!★★★★★
内容はいうまでもなく特典もすごい!
ひぐらし絆4作品全てが詰まった本(各シナリオ、キャラ、イラスト等)、CDもたっぷり1時間超。
()内はおよそのプレイ時間。
序章〜カケラ紡ぎ(6時間)終了後の各シナリオへ進み、祭囃し(7時間)賽殺し(2時間)澪尽し(12時間)言祝し(6時間)とボリューム大。
祭囃しと賽殺しはいうまでもなく素晴らしいですがお気に入りは澪尽し、PS2より大幅に内容が追加されていて隠された真相も明らかになり他の方のレビュー同様、南井作品見てみたいです。
言祝しも本に掲載されてた時より大幅に内容が追加されており最後は感動という言葉では語り尽くせない位いい作品でした。
主題歌も絶妙のタイミングで流れる。
ひぐらし絆が今回で終了なので本当に寂しく感じます。
本当に充実の内容です。
最高でした♪★★★★★
とりあえず最初に限定版大きすぎてビックリしました(汗

内容は申し分ないです!!
笑えるところあり、泣けるとこありでマジで最高でした。

システムが第一巻やった時はどうなるんだろうと心配してました。
流石に第四巻、システムもやりやすい感じに出来上がってましたね。

CGや曲も最高でした♪
ちょっと残念なのが効果音(S.E.)がミスマッチに感じるところが・・・
S.E.の種類自体少ない感じがでしたね。

しかし、ひぐらし好きには最高の出来だと思います。


個人的な意見ですが【南井 巴】のストーリーをOVAでいいので是非アニメ化してほしいでね〜。

内容は最高★★★★☆
ゲームの内容は、待ちに待った祭囃子編で大円団、オリジナルストーリーも作りこまれていて大満足でした。

第一巻ではフラグ整理ができていなくて、選択肢によっては展開がメチャクチャになっていましたが、このシリーズは四巻にも及ぶ構成のなかで、悪かった部分が徐々に改善されていったと思います。

音楽は相変わらず素晴らしく、CGも美麗、特典も良かったです。

内容は文句なしなのですが、とにかく箱がでかい。
お得感がするといえばするのですが、大きすぎて棚に収まらず困っています。

特典内容は嬉しいのですが、個人的にこの箱のサイズは不親切だと感じました。
ブラボー★★★★★
この作品で本当に全てが明らかになります。
とても些細な、細かな部分まで。
どうしてこのような物語の展開に至ったのか。その心情が、とても細かく描写されていて、
その一人一人に感情移入してしまう。そしてその、仲間達全員がそれぞれの意志の強さで運命を変えようとする。ストーリィの結末だけでなく、「敵」を含め、それぞれの想いがどういう結果を導くのか。プレイ時間は長く、長編小説を読むよう。「祭囃し編」を思い切って一気にプレイしたけれど、時間は7〜8時間以上でした。ひぐらしならではの、ドキッとする場面も多数あり。プレイして「ひぐらし」がより好きになりました。

どき魔女ぷらす 特典 「ひみつの設定資料集」&CD「スターラディッシュ 8bitサウンドトラックぷらす」付き

SNKプレイモア
Nintendo DS
あの『どきどき魔女神判!』が、さまざまな要素を"ぷらす"して帰ってきた! 本作は、『どきどき魔女神判!』ベースに、シリーズ第2弾『どきどき魔女神判2(DUO)』のシステムを搭載したタイトル。主人公のちょいワル中学生・西村アクジとなって、学園に潜む"魔女"を探し出そう。目的は『どきどき魔女神判!』と変わらないものの、メインシナリオは、新キャラクター・夏南(かなん)きあらを交え、新たに書き起こされている。他にも、MPを使わず発動できる強力な魔法技"オーバーマジック"や、"魔女チェックモード"で何をしても嫌がられなくなる"極楽タイム"など、多数の要素が追加されている。

http://dol.dengeki.com/
褒めてあげたいゲーム。★★★★★
正直なところ遊んでみるまでは、
ゲームとしてここまで良く出来ていると思ってませんでしたから、
この手のゲームとしては本当に隙のない作りで非常に驚きました。

アドベンチャーゲームとしては変なところを調べていちいち反応がある、
単純にこれだけでもポイント高いと思います。
テキストの内容はかなり濃いので好き嫌いはあるとは思いますが。
そのアドベンチャーの合間合間にアクションパートもあるのですが、
これがタッチペンをうまく使ったゲームになっており
難易度もちょい高目ぐらいの絶妙さでストレスがほとんどないです。

あとどうやら避けては通れないえろえろな方のお話ですが
CERO・Dの通りなかなか素晴らしいお下品も多いのですけども、
どぎついようでどぎつくないのが非常に好印象でした。
これって遊びながら何かに似てるなと考えていましたのですが、
なんとなくですけども古賀亮一先生の作風に近いものがあるような。
中学生ぐらいの頃に考えてたエロさとでも言いますか。
遊ぶほどに頭悪くて、思わず笑ってしまって非常に楽しいです。

ただ様々な点が尖っててまったくもって万人向けじゃないからこそ、
個人的に満点に近い点数なんだろうなとは思います。
かえすがえすも人にオススメしづらいゲームであるというのが
正直もったいないところだなぁと。
キャラぷらす!シナリオぷらす!完成度ぷらす!★★★★★
初代どき魔女のリメイク作品となるゲームですが、質が大幅に向上しています。

まずシナリオのリメイクによるキャラの個性の強化!
ゲーオタ少女れんげのシナリオがよりらしいものになったり、きぐるみ少女メリィの出番が増えていたりと全体的にキャラが掘り下げられているのが嬉しいところです。

また、バトルや魔女チェックモードのギミックやシステムが強化されているのも嬉しいところ。
見事コンボを繋げてどこにタッチしてもOKな極楽タイムに突入すれば、プレイヤーの興奮度も大幅にぷらすされることでしょう。

他にも、往年のSTGを彷彿とさせるミニゲーム『スターラディッシュ』、本編とは違った女の子の姿を見ることができるスイーツコミュニケーションモード、ED後に聞けるボイスメッセージにオマケシナリオなど、多くのおまけがぷらすされています。

じっくり遊べるADVを遊びたい方、NEOGEOと共に育った方、女の子にひゃあひゃあ言わせたい方にオススメな一作です。
まさしく神ゲー★★★★★
初日に購入して毎日日が昇るまでプレイしていたらようやく一周目が終わりました
えっ?遅いって?それは言わない約束だよ、おとっつぁん

まあそんなことよりこの作品のよい点とわるい店を書きます

よい点
無印版と比べてものすごく多いボイス
無印のストーリーとはパラレルなストーリー
サブキャラの出番の増加
バトル、神判の追加システム
魔女探しを放棄してヒロイン達といちゃいちゃできるスイートコミュニケーションモード

悪い点
親の視線が怖いのでリビングでのプレイは危険
神判のとききょぬーキャラが多い(自分、ひんぬー好きのロリコンですから)
戦闘中にたまに音がおかしくなる(私のNDSがボロイだけかもしれませんが)

感想としてはとても素晴らしい作品だと思います
女の子の体に触りたいと男なら誰でも思っているはずです
その欲求に500%応えた作品がこれだと思います
ただ触るだけでなく戦闘や証拠調べなど普通にゲームとして楽しめるものもふんだんにつまっています
どき魔女ファンの方は言わずもがな、新規でやってみたいという方にも非常にオススメです

最後にこのレビューを読んで少しでも気になったのならば購入してください
絶対に後悔しないはずです
おもしろいけど前作とは空気が別モノ★★★★☆
プロローグはまさかのフルボイスで度肝を抜かれました。
ボイスが大量に追加されたのは素直に嬉しい所です。

しかし、キャラの台詞や日常シーンの追加により、アクジ達のイメージが随分変わりました
特に主人公のアクジ! 彼の何処か達観した様で、説明的で、若干シュールな言動が
今作ではなんだかキレが落ちて普通の人になってしまった感じを受けてしまいました
絵も癖が加わっており、正直無印の方がキャラに魅力があった様な気がします・・・人それぞれでしょうけど

ゲームとしては随分進化したと思います。ミニゲームも付いていますし、満足度は中々
シナリオに関しては、前作のパラレルワールドだと思ってプレイすれば変化を楽しめます。前作とは別モノ
別物とも言っていいような作品だと思います★★★★★
新作カットや長いボイスの多さに驚きました。デュオよりも全然良いです。
これだけできるなら最初からやってほしかった。
それと各キャラ新必殺技、前作をやっている人だと度肝を抜かれますね。
あとアクジとイブの暗闇での会話シーンがエロくてよかった。