任天堂DSゲーム情報ブログ

ひらめきアクションちびっこワギャンの大きな冒険

ナムコ
Nintendo DS
大声で敵をしびれさせる"音波砲"が唯一の武器である主人公・ワギャンを操作して、ステージ内に仕掛けられたさまざまなギミックを解きながらステージをクリアしていく横スクロールアクションと、ボスとの知恵比べが両方楽める"ひらめきアクション"ゲーム。ストーリーモードでは、"ギャワ島"や"どろんこジャングル"など全8ワールドを駆け巡り、ステージの先で待ち受けるボスと神経衰弱や間違い探しなどで知恵くらべ対決をする。知恵くらべだけを延々と楽しみたい場合は"ひとりでちえくらべ"が最適。全24種類+αを5段階のレベルでプレイできる。対戦用の"みんなでたいけつ"は、DSダウンロードプレイ対応なので1カートリッジで最大4人まで参加可能。

http://dol.dengeki.com/
なめてかかるとヤケドする★★★★☆
内容的にはマリオに近いです。過去のワギャンをやった事の無い方に説明しますと敵は基本倒せません。ワギャンの声を当てて動きを止めたり、踏み台にしたりします。
上から踏む以外で敵に当たると一撃で死にます。その為、難易度は高く感じるかもしれません。ワギ ャンの無敵状態は自動でなく任意で好きな時に発動できます。ただ使ってしまうとワギャンの声の威力が最弱になってしまうのが難点です。ワギャンの醍醐味、ミニゲームはラスボス以外は割りと簡単かも。
おまけで遊べるミニゲーム集のレベルは5まで有ってレベル 3で詰まるほど難しいやつもあります。
なつかしさが新鮮☆★★★☆☆
昔ファミコンでよく遊んでました。
昔の記憶はないのですがCMを見てほしくなり購入。
DSということで対象年齢は低めの設定ですが、後半のアクションはほどよい難易度。
ゲームが好きだけど人並みの技量の嫁も楽しく遊んでます。
ダウンロードプレイもまあまあ遊べるレベルです。
良作★★★★☆
子供から大人まで楽しめる作りになっており、アクションの良さが十分に追求された良作です。

内容も結構ボリュームがあり、思いの他長く遊べました。

ボス戦はちえくらべと称される頭脳勝負となりますが、ラスボスが難しく、1人ではちえが足りなかったので(笑)、二人掛かりで挑んでやっと粉砕しました。こういう難易度と、人と団結してクリアした、というのも、なんだかファミコン時代以来、久々に体験した気分です。
新規ユーザー、昔からのファン双方に勧められる一本★★★★★
FC、SFCのワギャンを楽しんだ自分にとって、まさかの新作でした。
結論はタイトル通り、以下は補足的な内容になります。(多分に旧作ファンの目線が入った文になっとりますw)

まず印象に残ったのが、ワギャンの愛らしさ。
画面上をちょこまか動くさまは見ていて顔が綻びます。
「昔とデザインが違いすぎる・・」と思った方が(自分含め)多いでしょうが、プレイすると全然気になりませんよ。

操作性も特に問題ありません。チュートリアル的な配慮はされているのでアクション苦手な方でもすんなりはいっていけるでしょう。
アクション部分の難易度、子供向けを意識してか易しめです。徐々に難しくはなりますが投げ出してしまうような事は無いでしょう。

そして、ボス戦のパズルゲーム。「絶対タッチペンとの相性抜群だ!」・・と歴代ファンの方なら思うでしょう。
・・やっぱり相性抜群でしたw。
タッチペンを有効活用したゲームが多く、またおなじみのしりとり、神経衰弱もバリエーションが増えています。また、パズルゲームのみをプレイできるモードや、二人対戦モードもあったりとやり応えがありますよ。

全体的に、難易度が易しすぎるかな・・とは思いましたが、それ以外ではストレスを感じることも無く、最後まで楽しめました。
アクション、パズル共に多人数でわいわい出来るので、お子様にもお勧めです。また歴代ファンをにやりとさせる仕掛けも含まれていています。背景とかBGMとか。
アクション好き、手軽にゲームをしたい方、購入して損は無いでしょう。
「ワギャン」と聞いてピンと来た方はすぐ購入をお勧めいたします。
久々の良作★★★★☆
ファミコン当時のワギャンランドも難易度がそれなりに高く楽しめたゲームで、これもその流れを組むゲームですが、老若男女選ばず楽しめるゲームだと思います。

適度なレベルのスーパーマリオタイプですが、ミニゲームがあり長く楽しめます。
しりとりや神経衰弱なんかも昔のままで、読みを変えたり、パターンを探したする遊び方は昔と変わっておりません。。
しかも、レベルも少しずつ上がっていくので、子供でも充分楽しめます。

昔ワギャンランドで遊んだ人も、そうでない人も、ワギャナイザーって何?っていう子供も遊んで損はないゲームです。

クレヨンしんちゃん おバカ大忍伝 すすめ! カスカベ忍者隊! 特典 ちょースペシャルコミック ~かすかべ防衛隊だいかつやく編~付き

バンプレスト
Nintendo DS
カスカベ忍者隊、見参!
日本全国に散らばる秘伝書を巡って、忍者軍団を相手におバカ忍法で大暴れ!
カスカベ防衛隊全員が主役のおバカ忍法アクション登場!

シリーズ初!「カスカベ忍者隊」5人がプレイヤーキャラとして、操作可能!キャラクター毎に個性豊かな忍法がてんこ盛り!
しんちゃんは、お尻に綱を挟み込んでの綱渡りや、土とんカンチョー!
カザマくんは、風を起こしたり、空を飛んだりと、風をつかった忍法が得意!
マサオくんは、三角飛びで壁を移動したり、石化してブロックを壊すこともできる!
ネネちゃんは、怒りのパンチで敵を攻撃!さらにうさぎのオーラを身にまとって強力なパンチで大きなブロックも撃破!
ぼーちゃんは「鼻水」をつかった必殺「鼻水手裏剣」!また、鼻ちょうちんを使えば水中移動もお手の物!
5人の力を合わせた「合体忍法」では、大きなものを全員で押したり引いたり、「ケツミサイルの術」や「もえP変化の術」などバリエーションも様々。
ステージの特徴やギミックに合わせて、キャラクターをチェンジし、時にはみんな力を合わせて、ステージを進行していこう!


さらに、「ご当地しんちゃん」と超連動!
全国津々浦々のステージを進みながら、各地の「ご当地しんちゃん」をコレクション!
「しゃちほこしんちゃん」や「笹団子しんちゃん」などの「ご当地しんちゃん」をGETすると、ステージがどんどん変化するなどの仕掛けが!
全国の「ご当地しんちゃん」を全部集めてコレクションしよう!

バンダイナムコゲームスと双葉社が初のコラボレーション

ニンテンドーDS用ソフト
「クレヨンしんちゃん おバカ大忍伝 すすめ!カスカベ忍者隊!」の早期購入者特典が
クレヨンしんちゃんマンガ20周年を記念した「ちょースペシャルコミック」に決定!
■特典内容紹介
マンガ20周年を記念した特別巻!
もっと「クレヨンしんちゃん」が好きになる「ちょー」スペシャルな一冊!
ここでしか手に入らない!見た目も、カバーも、原作コミックスと同様の仕様で、
A5サイズ 全52ページに漫画やゲームの情報をギュッと詰め込みました。
<収録コンテンツ>
●「クレヨンしんちゃん」原作コミックスより、
かすかべ防衛隊が大活躍するシーンをベストセレクト!楽しいエピソード盛りだくさん。
さらに、原作コミックスより、華麗でかわいい?「しんちゃん」のコスプレイラストを集めた
スペシャル企画のコスプレしんちゃんリストも収録。
●ニンテンドーDS用ソフト「クレヨンしんちゃん おバカ大忍伝 すすめ!カスカベ忍者隊!」
のスペシャル特集ページもお楽しみに!
子供の誕生日★★★★★
とにかく、子供がクレヨンしんちゃんの大ファンでして、グッズから本、ゲームと購入しております。
ゲーム性としても面白いみたいで、子供も興奮しておりました。
改善された点は評価★★★★☆
クレヨンしんちゃんのDSゲームもこれで4作目になります。
ぬってクレヨ〜ン、シネマランドリメイク、ねんどろろ〜んと来て
そして今回出たのがカスカベ忍者隊です。
今回の舞台は日本列島で、目玉は何といってもカスカベ防衛隊が使えるという点ですね。
今回は5人が使用できるという事でレビューはいつもより長くなります。

●キャラクターの特徴と感想
しんのすけ:ケツだけ走り、どとんカンチョー、綱渡りと陸地では非常に強いキャラ
カザマくん:ホバリング可能。攻撃手段は竜巻が使えるが倒せず牽制するだけの技。空中移動は重宝。
マサオくん:壁蹴り、石化 石化中は一定時間無敵なので重宝しやすい。
ネネちゃん:至近距離で殴る壁壊し専門。普通にプレイしてればあまり出番はないかも。
ボーちゃん:水中で活動できるのは彼だけ。陸地でも牽制できる飛び道具もあるので使いやすい。

◎良かった点
・上記の通り、しんのすけ以外にカザマくん、ボーちゃん、ネネちゃん、マサオくんが使用できる
・キャラチェンジにタイムラグが減少した。(シリーズでいうとコスプレチェンジ、変身した時)
・「おしのびマーチ」というゲーム専用挿入歌があり
・千葉さんのハイテンションな説明とアドリブ(笑)
・タッチパネルを強要する場面が無く、ボタンで楽々切り替え

×悪かった点
・他のシリーズと比べ内容が少し短い感じ、隠しゴールはあるが単にミニゲームをするだけです。
 ぬってクレヨーンみたいな分岐ステージはありません。
・舞台が日本限定なので仕方ありませんがステージ構成の大体が水辺と市街地。
 特に水の中で活動できるのはボーちゃんだけなのでボーちゃんの使用頻度はかなり高い。
 普通にプレイしていれば使用頻度が低いのはネネちゃん。
 呼び出すのは壁を壊す時くらいだけです。ただし唯一真正面から殴って敵を倒せるので
 操作に慣れたらある意味最強の玄人向けキャラ。
・シネマランドよりは難しいけど、むずかしいモードでもシリーズでも簡単なレベルです。
 パズル性も前作のねんどろろーんより低い。
 あと合体術のファイヤーはもう少し制約があってもいいと思います。強すぎます。
 
■その他
前作と比べるとタッチ操作を強要する場面が無くなったのと
変化などに要するタイムラグがほとんど無くなったのは評価。
その辺のストレスが解消されたのは本当に助かります。
そしてフルボイス、アニメーションにエンディングテーマがあるので相変わらずクオリティは高いです。
簡単だし直ぐ終わる★★★★★
まぁ楽しかったけど
春日部防衛隊五人にそれぞれ特技の忍術がありそれを駆使して進めていく
普段地味で冴えないおにぎり君も活躍!
ただ敵を倒すのにネネちゃんを使うってことはなかった
進めていくうえでネネの忍術も必要にはなるが
フルボイスは良かった
今回のコレクションはしんちゃんのコスプレコレクション!!しんちゃんのコスプレ好きには嬉しいです

特典は原作の防衛隊の話を集めって冊子にしただけ。
臼井先生が御存命中であれば特別書き下ろしも出来ただろうけど、それは仕方ない。
コミックを集めている人にとっては嬉しくない特典では?

映画化すれば結構面白いかも
簡単すぎだけど★★★★★
アニメのクレヨンしんちゃんが好きな人にはオススメです。

難易度は簡単で子供向けですが、毎回あるイベントはフルボイスです。

キャラクターも五人使えてみんなそれぞれ技が違うのもいいと思います。
いいわよ〜!★★★★★
しんちゃん・風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ボーちゃんを使えるのよ!!

操作も簡単で、お子様に最適だわよ☆


実はしんちゃんのアクションゲームってクォリティー高いのよね〜!