任天堂DSゲーム情報ブログ

影之伝説 -THE LEGEND OF KAGE 2-

タイトー
Nintendo DS
高評価に騙された感じ★☆☆☆☆
失敗でした。全体的に粗い作りです。

・まずグラフィックが粗いです。
携帯機のDSでも、もっと魅せる事が出来たはず。

・ボスまでのステージ部分が意味無いです。敵は大量に出てくるのですが
普通に通り抜けできるので、ダッシュするとゴールまで一直線です。
そして異様にジャンプが高いので、ダッシュ→ジャンプしてるだけでステージ終了。

・ボス戦は作業ゲームです。
とても硬くて単調なパターンを繰り返すボス達。
パターンに沿って地道に体力を削っていく作業戦のみです。

・アクションゲームとしては操作性が悪いです。
一見、高速アクションに見えますが、始めてみると全体的にモッサリしています。
特に主人公は移動が速いのに攻撃が遅い。爽快感は味わえません。

・新機能「術作成」が使えない。
術自体が役に立たないので使いません。いらない機能でした。

全体的に見て「手抜き」という印象でした。
自分はアクションゲーム得意なので買ったその日にクリアしてしまいました。
けれど、ゲーム後半はダラダラプレイで面白いとは感じられませんでした。
難易度選択も無いので不親切。ストーリーはありきたりな内容なので無いような物。
中古で500円ぐらいなら買ってもいいかな?というレベルでした。
良くも悪くもファミコン的★★★☆☆
子供のころ、大好きだった「影の伝説」。
友達や家族が「マリオ」ばかりやってる中、自分はこのソフトに夢中でした。

そのリメイクということでさっそく買ってみたものの、自分は思っていたほど
楽しむことはできませんでした。
現代的な味付けがされているものの、独特の動きやキャラの怪しさは健在で、
あの「影の伝説」そのままです。
しかし、延々とループする単調なマップや、ザコ戦の面倒臭さ、
攻略法を知らないとまず倒せないボス敵など、
「ファミコン的な理不尽さ」が、現代ゲームのユルさに慣れきってしまった
自分には正直耐えられませんでした。
そこらへんを許容できるのであれば買っても良いと思います。
FC版をプレイしていた者にとっては懐かしくもある新生"影之伝説"★★★★★
DSの上下2画面をフルに使った広くて油断のならないステージを、FC"影の伝説"の代名詞とも言える"高いジャンプ力"を駆使しながら駆け抜ける爽快感は抜群に良かったです!
刀や手裏剣、ジャンプ力等は使えば使う程にスキルアップしていくシステムや、ステージ中に手に入る玉を組み合わせて複数の術を発動させる等、良い部分はそのままに前作から確実にレベルアップを果たしてました
主人公が初めから2人選択できたり、クリア後にハードモードやボスラッシュモードが出現して、さらにやり込める余地があったのも良かったと思います

ただし、唯一、難点を挙げるなら"天上張り付き"は要らなかったという事
ジャンプして天上に達すると勝手に天井に張り付く為、こっちは向こう岸に飛び移りたいのに勝手に張り付いてしまったり、最悪の場合、そのせいで最下層まで落下してしまってもう一度上りなおした事もありました(苦笑
こればかりはストレスの元ですし、大きな減点ポイントだと思います

アクションゲームとして、特にボス戦での難易度が若干高めです
ですが、何度かリトライしてパターンを掴めば勝てる難易度設定になってます
ステージを颯爽と駆け抜け、一癖あるボスとの死闘を繰り広げる上質な忍者アクションゲームだったと推薦したい!
良質なアクションゲーム★★★★☆
ファミコン時代に好評を博したアクションゲーム『影の伝説』のリメイク作品です。
原作は今でも、任天堂の据え置き機WIIでバーチャルコンソールとして配信されたりと、
高い評価を得ているゲームだったりします。

このDS版は、グラフィック的にはあまり派手なほうではないです。昨今のゲーム事情から
すれば、地味なほうに分類されるでしょうか。
ですが、個人的にはこれでよかったように感じられました。
もともとファミコンで発売されていたものですから、過度な演出などされてしまうとイメージが
崩れて違和感を感じてしまうというか……。

アクションゲームとしてもバランスが取れているといえます。何度か挑戦してけばクリアして
いける難易度ですし、それで物足りなく感じる方には一度クリアしたあとに
ハードモードが用意されていますので。

それと、主人公が二人用意されているということも、プラスポイントでしょうか。

全体的に高い評価なのですけれど、一つだけ不満を評させてもらえば、ファミコン版の
影の伝説が入れてあれば完璧でした。
旧作の良さに新しい良さがプラス★★★★★
旧作では、ジャンプをするとき、レバー(左手で操作する方)を上にすることで行っていましたが、この作品ではボタンで行うことに最初は戸惑いました。あと、飛べる高さが少し低いかなと思いました。
でも、慣れてくるぐいぐい引き込まれてしまい、ジャンプもゲームが進んでいくと段階的に高く飛べるようになることを知り、満足感が上がっていきました。
まだ途中までしかクリアしていないのですが、難易度とかバランスもなかなか良くて、やめどきが難しいと思うくらい良いです。
価格も安いのでおすすめ!

贅沢をいえば、大好きだったゲームの新作なのでもう少し、ゲームのジャケットというのかな、パッケージを目立つような色で表現してほしかったです。
あと、操作ボタンの変更は一応できて4パターンから選べるのに、その中に最初に書いた、
「レバーを上にすることでジャンプ」というパターンがなかったことが残念。
旧作から操作ボタンの配置をなぜ変えるのかな?

ミスタードリラー ドリルスピリッツ

ナムコ
Nintendo DS
   穴掘りアクションゲーム『ミスタードリラー』のDS版。主人公のホリ・ススムやおなじみのミッションモードやタイムアタックモードはそのままに、オリジナルモードを搭載して登場する。

    DS版だけのオリジナルモードは、「プレッシャーモード」と呼ばれる。主人公はドリル魂を命中させ、マドリョリルにダメージを与えつつ、しばらく止めることでその距離を広げ、その間に再びパワーをためる。ドリル魂は下の画面から突き抜け、マドリョリルに届きます。このとき、距離が離れているほど、ドリル魂が到達するまでの時間が長くなる。この距離が0になり主人公がマドリョリルに触れるとゲームオーバーというモードだ。

    操作方法も、従来型の十字ボタンとAボタンだけのカンタン操作は健在。十字ボタンで方向と移動を決めて、後はAボタンで掘っていく。DS版では、ホリ・ススムに隣接したブロックをタッチすると、壊すことができるます。また、プレイヤーキャラから離れた場所をペンタッチしつづけると、そこへ移動することもできるこの新感覚に慣れると、こっちの方が速く掘れることもあるので、習得は必須だ。(椎 武男)
面白いです、が★★★☆☆
ただ穴を掘っていくだけのゲームですが面白いです
全面クリアをしても次は全ステージでミスタードリラーの称号を手に入れたりと一本で長くプレイできます

特に1000Mを越えた辺りの高速で落ちてくるブロックを避けながら掘り進んでいくのは非常に楽しくのめりこんでしまいます

しかし昔からドリラーをプレイしている人からは特に目新しさはないでしょう
DSでドリラーをしたい人や軽い暇つぶしになるゲームが欲しい人は買ってみてもよいかと
面白さは折り紙つきだと思いますよ
ウホッ!いいドリル…★★★★☆
掘って(アッー!)掘って(アッー!)堀進む!
爽快感もあり、知恵を尽すこのゲーム!
君もぜひ激遊してくれ!
掘り掘り♪掘り掘り♪掘り掘り♪掘り進む〜〜♪
掘らないか?
アッーーーー!!!!!
親指が疲れる!★★★★☆
とても面白いゲームです。ただ単に穴を掘るだけっていうシンプルルールですが、結構ハまってしまいます。虫食い状態になったブロックが次々と連鎖して消えていくのを見るのはとても爽快です。
タッチパネルでも操作できますが、自分の手が邪魔になって画面がみえないし、移動と穴掘りをタッチパネルで同時に行うのはちょっとしんどいです。
普通に十字キーとボタンでやる方が楽です・・・が、DSの構造上の問題で、親指が非常に疲れます。アメリカステージや月ステージは2000m掘らなくてはならない長丁場なので、途中でポーズして休憩しないと辛いです。
なんとなーくやるのにちょうどいい、長持ちソフト★★★★☆
他の方も書いておられますが、そんなに新しい要素はありません。
また、タッチペンでの操作も、私はほぼ使っていません。

が、新しいプレッシャーモードは結構白熱しますし、落ちてくるブロックが見られる上画面も、結構役立ちます。
モードの種類やステージ数も結構多いし、やりこむ要素もあります。
「一度やったら終わり」型のゲームではなく、飽きるタイプでもないので、特にやりたいゲームがない時のつなぎに重宝します。
そういうソフトって、案外ないんですよね。

DSを持ち歩く人で、ドリラーが嫌いじゃなければ、買って損はないと思います。

意味のないタイトル。★☆☆☆☆
DSで始めてのドリラーなので、早速買ってやってみました。
でも、別に前のシリーズと違うところが見つかりません。
新しい要素としてタッチスクリーンでの操作を入れましたけど
やらなくてもわかります。使えないくらい下手な入力方法です。
それに、通信対戦もただ時間競争で、ほかの要素はありません。
いままでほとんどのドリラーシリーズをやってきましたが、
ここまで来ると『これ以上はもうないな、もうドリラーは買わなくて
いいかも知れない』と思われます。