任天堂DSゲーム情報ブログ

怪獣バスターズ 特典 パスワード付き極秘レシピカード付き

バンダイ
Nintendo DS
DSというハードの中で★★★☆☆
よく頑張っているな、という感じはしました。

怪獣もバリエーションありますが、ハードの性能のためか、対象年齢を幼くしているのかわかりませんが、大味な感じがしました。

モンハンを真似ろというわけではありませんが、次回作が奥の深いシステムになっていたら購入したいと思います。
再販★★★★☆
やっと再販されました。
品切れ続出でしたが、やっと買えました。

欲しかった人は、チャンスですよ。
ミッションが多いので、長く遊べるソフトです。

ゲームは文句なしに面白いです。
興味がある人は、買って損はありません。
中々!★★★★☆
ウルトラ怪獣好きの息子は、大満足で毎日ゲ−ムと睨めっこ中!
映像とサウンドに迫力が有り大人が見ても楽しめる!
ただウルトラマンが出て来ないのは、残念!
もう少しかな★★★☆☆
以前から「モンハンのシステムでウルトラ怪獣を狩るゲームが出たら面白そう」と思ってたところ、ホントに出ちゃいましたねw

ただ、チョットまだこなれてないかなという気がします。

対怪獣戦の難易度が低過ぎて、モンハンの様な手に汗握る感じが無い。
自分はアクションゲームの腕前は中の下といったとこですが、苦戦のクの字も無く次々怪獣を倒せてしまう。
人間がたった一人で怪獣を苦もなく倒せてしまう…ここに違和感を感じてしまい、モチベーションが下がってしまいました。
ウルトラ怪獣が大好きなだけに、ますます。
難易度的には小学生がターゲットなのかな…と思いますが、その割りには武器開発やアイテム開発のシステムがイマイチ分かり辛かったり…

怪獣のグラフィックはDSならこんなもんかな…というレベル。
声が本物(?)そのままなのはグッド。
先に述べたメーカーの難易度設定の恩恵か、素材集めがモンハンより手間がかからないのは逆にヨカッタw

モンハンのようなガチガチの手ごたえを期待してる方はパスした方が無難かもしれません。
それでもいいから、自分の手であんな怪獣やこんな怪獣を倒してみたい!という方は是非。
怪獣と相対する!というワクワク感は、かなりありますので。
確かに…しかし★★☆☆☆
自分もこのサイトを見て買ったものです。
買ってきて数時間は大きな敵を倒すのに楽しさを見出だしていましたが、大きい敵をたおす度に気付いた事が飽きる原因がありました。
まず敵の下にいながらズバズバきりながら、避ける。
この繰り返しでした。
この単純に感じる作業になってからはもうやりたくはなりませんでした。
某狩ゲーにシステムが似てるだけで戦闘はからっぽでした。

タッチ! カービィ

任天堂
Nintendo DS
   任天堂はたくさんの人気キャラクターを抱えているが、このカービィも人気シリーズで、同社のさまざまなゲーム機でリリースされている。タッチ! という名称からもわかるとおり、タッチペンでの操作となる。

   ある日、突如現れた魔女がプププランドを絵に変えてしまった! その場面に遭遇してしまった散歩中のカービィは、魔女へと立ち向かうのだが、今度はカービィが魔女の魔法でボールの姿に変えられてしまう。転がることしかできなくなったカービィだが、魔女が落とした「魔法の絵筆」を手に入れる。「魔法の絵筆」に触るや、プレイヤーのタッチペンに魔法がかかる。こうして、プププランドとカービィを元に戻すための冒険が始まる……。

 「魔法の絵筆」で空間に「虹のライン」描きながら、ボールになったカービィといっしょにゴールを目指すことになる。タッチペンでの操作は簡単だ。カービィのアクションは、ラインの描き方で自在に変化する。カービィをタッチすると、ダッシュして体当たり攻撃ができたり、10種類以上のコピー能力が使えたりと、バラエティに富んだアクションが用意されている。サブゲームも3種類収録されている点も見逃せない。(羽根満男)
キャラによっては難しいですが★★★★☆
 悪い魔女の魔法でボールになってしまったカービィを操作して、魔女をやっつけるのが今回の目的です。クリアしたり、一定の条件を満たせば、カービィ以外のキャラも扱えます。
 コース仕立てになっていて、3つのコースをクリアするとボス戦になり、倒すとLEVELクリアです。全部で8つのLEVELがあるので、24のコースがあることになりますね。コースごとに雰囲気はかなり変わり、長閑な森のコースがあれば、近未来的な都市のコース、氷と水の洞窟コース、怪しい雰囲気の洞窟コースなど、多種多様です。
 仕掛けも多くあります。特定のコピー能力でないと壊せないもの、虹のラインで防げるビーム、タッチすると壊れる大岩……。

 そうそう、今回の鍵は、この「虹のライン」です。
 タッチペンで書いたとおりに引かれる虹のラインを使って、カービィを上手く誘導するのが、コースクリアの鍵です。この虹のラインは、砲台の弾やビーム、ツララからカービィを守る盾にもなる優れもの!基本的にカービィはジャンプが出来ませんから、上に上がるときには虹のラインを引いて誘導することになります。
 他に、ジェットコースターのように弧を描くとカービィがダッシュしたり……。虹のラインを上手く使って、悪い魔女をやっつけましょう。どうでもいいですが、魔女戦の曲はカッコイイです。

 SFC時代のカービィの曲などがリメイクされて使われていたり、懐かしい感動も味わえます。
実験作★★★★☆
全ての動作をタッチペン使って動かすという発想は
なかなか斬新で良かったと思うのですが
これ長時間やってると結構疲れるんですよね。

やはり僕は横スクロール型のアクションゲーム
はやはり十字キーで遊ぶのが一番楽しいかなと
思いました
完成度の高いタッチアクション★★★★★
DS発売初期にリリースされていながら、DSのタッチペン操作を有効に活用した作品。
始めのうちはその独特の操作感に少し戸惑うかもしれませんが、チュートリアルもあるので徐々に慣れると思います。

特徴はやはりなんと言ってもタッチパネルにラインを描いてカービィを操作するという斬新さです。
単にカービィを動かすレールとしてだけではなく、敵の攻撃を防ぐ盾としてあるいは
針に激突するのを防ぐクッションとしてラインを描いたりと、せわしなくペンを操作することになりますが、
慣れてきて最低限のラインでスムーズに進められるようになると爽快です。

ステージ数が 22 と少ないのは残念ですが、タイムトライアルやスコアアタック的なモードもあるため
それなりに長く楽しめます。特に、ミニゲームの一つであるトロッコチェイスにはかなりハマりました。

他には特にこれといった不満点もありませんし、とにかくタッチペンによる操作が楽しいので一度プレイしてみる価値ありです!
奇をてらっただけではなく、きちんとゲームとして昇華されている点がすばらしいと思います。
ただ、可愛らしい見た目とは裏腹に難易度は割と高めですのでご注意ください^^
画面酔いに注意(笑)★★★☆☆
6才の子供がハマっています。
複雑なボタン操作がなく、初心者のためのトレーニングもあり、初めてプレイする人にもなかなか親切なつくりです。
タッチペンでの操作が独特なので慣れるまではやや難しく感じるかもしれませんが
コース中のセーブポイントも多めなので、今までやっていたマリオより子供はストレスなくやっているようです。
やり込み要素もあり、クリアするごとにできるゲームが増えていきます。
難しいコースにもトライできます。
メダルを貯める楽しみもあり、大人がやっても思わず熱くなってしまうような家族みんなで楽しめるゲームです。
ただ私のやり方が悪いのかもしれませんが、コースによっては結構上下左右にくるくる回ったり
操作が慣れないので思い通りにカービィが動いてくれないせいもあり
ゲームで初めて画面酔いを経験してしまいました(笑)
おもしろいゲームですが私のように特に上下の揺れが苦手な方は長時間のプレイは要注意かもしれません^^;
タッチアクションが楽しいです。★★★★★
星のカービィのゲームは、今作が初プレイ。

独特の世界観に慣れることができるかどうか不安でしたが、すんなり溶け込めました。

敵味方それぞれのキャラクターたちが、かわいくて個性的ですね。

ゲーム中の音楽も非常に良くて、耳に入ってくるのが心地良かったです。

プレイヤーが書き込んだ虹の上をカービィが移動するという操作法も、ナイスなアイデアで、ヴィジュアル的にもかなり美しいと思います。

個人的には、ゴールした後のジャンプトライアルと、トロッコのミニゲームが最高に面白かったです。

タッチ! カービィは、現段階で、タッチペン操作とWスクリーンというDSの二大特性を最も上手に活用したタイトルであると思います。

次回作も、非常に期待できる作品ではないでしょうか。