任天堂DSゲーム情報ブログ

悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス コナミ・ザ・ベスト

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
意外と面白かった。★★★★☆
はじめて悪魔城ドラキュラシリーズをやってみたのですが、かなり楽しめました(^^)。
アイテムや敵の種類が多いのと、食べ物アイテムの「アツギリステーキ」や「ラビオリ」などユニークなアイテムも多く楽しかったです。
敵がしゃべりかけてくる言葉もたまに面白かったりします。
値段も手ごろですし、レベル上げにこる方もこらない方にもオススメできるゲームです。
見た目で避けるのはもったいない作品★★★★★
DSのドラキュラシリーズで二作目となる作品。
アニメ調のキャラクターには違和感を覚えるかもしれませんが、ゲーム自体はとても硬派。アクション性、やり込み要素、サウンドなどどの点でもよくできています。骨太の2Dアクションがしたいという方に是非。サウンドに数曲ですが古代祐三さんが参加している点もファンにはうれしいところ。
別モードが良かったです★★★★★
主人公男女の会話がどうも脱力系でシリーズ特有のダークさや緊張感がが薄い。
回復アイテムを買い込めばどんな敵でもゴリ押しで勝ててしまう。
ただ、それはコナミなりにターゲットを広げマンネリ打破しようとした結果かと。
個人的にはクリア後の別モードが良かったです。
リヒターモードは回復アイテムが使えないので本編と同じボス相手でも緊張感があり、ラスボスを倒した時は達成感があった。
最近のシリーズでは主人公がムチを使わないのが不満だったので、久々にムチ主体の2Dアクションで面白かったです。
シスターモードは本当にオマケといった感じですが、どう見ても姉妹の方がリヒターやジョナサンより強力なのが笑える。
もうひとつ大きなポイントは山根ミチルと古代祐三という強力コンビが手掛けるBGMの良さでしょう。
プレステのような重厚な生音っぽいサウンドでは無いけれど、
メロディとビート感が際立った良い出来の曲が多いです。
いいゲームですね★★★★★
前作の蒼月の十字架を遊び、このシリーズのこのゲームをやろうと思いつつも、
中古でさえ高かったこのゲームがとうとう廉価版で発売されました。
一時期はDSのゲームレビューサイトでAランクだったこともあり、やはり名作と言えるゲームですね
前作のソウルなどの仕組みはなくなりましたが
やり応えのある難易度と二人のキャラを交互に操作して遊ぶシステムにハマってしまいます

若干、期待値が高くても、十分、満たしてくれるゲームだと思います。
オススメです
この機会にどうぞ★★★★☆
このゲームは、2,006年に発売された同名作品の廉価版となっています。

もしかしたら、「安いみたいだから、よくわからないけど買ってみるか」って方もいらっしゃるかも
しれませんので、軽くどのような内容か触れていきます。

悪魔城ドラキュラは初代ファミコンから20年以上に渡って続いている、息の長いシリーズです。
基本的にはアクションゲームとして製作されてきた同シリーズなのですが、10年ほど前に発売
された「月下の夜想曲」という作品からアクションRPGとして出されることが多くなりました。
本作品ギャラリーオブラビリンスは、後者つまりは近年主流となっているアクションRPG
ものです。

アピールできるところはいろいろあるのですけれども、簡単に列挙していきますと、

・シリーズでお馴染みの難易度の高さ
・悪魔城ファンでない方々からも、高く評価されているゲーム音楽
・一度クリアしたあとは、難易度ハードモードが出現。更に主人公となるキャラクターが追加
されるなど、お楽しみ要素が満載

こんな感じですね。
難易度は難しめと書きましたが、シリーズのなかでは優しいほうです。それにセーブポイントも
そこそこ用意されていますから、攻略に行き詰ってしまったらレベル上げに励むと突破口が
開けてきます。また、敵の攻撃もパターン化されており、覚えてしまえばあっさりといけます。
とはいっても、一般的なアクションゲームと比較すれば難しいほうに分類されると思いますが。


最後にもう一言。
廉価版ということで入手しやすくなったことですし、ご新規さんもこの機会に是非どうぞ!!

森のカフェテリアDS おしゃれなカフェレシピ

D3 Publisher
Nintendo DS
大好きなあの人に、手作りスイーツをプレゼント! 森のカフェテリアを舞台に、お菓子職人"パティクマさん"のもとでお料理・お菓子作りを修行できるお料理体験アクションゲーム。収録されているレシピは、サンドウィッチやケーキなど全100種類。実際にプレイヤーが実践できる調理工程は14種類となっており、DSならではのタッチパネル操作でお料理ミニゲームを成功させればおいしいスイーツが完成する。「猛練習モード」で調理の工程をひたすら練習したあとは、コンテストで目指せ優勝! プレイ開始時に名前と誕生日を入力しておくと、ゲーム内のキャラクターたちが誕生日を祝ってくれたり、ダウンロード配信でみんなにレシピを配れたりと、オマケ機能も充実している。

http://dol.dengeki.com/
子供向け★☆☆☆☆
レシピ創作ゲームと思って購入しましたが、実際はリズムゲームに近いものでした。
小学生や中学生が楽しめるもので、大人には簡単すぎてつまらなかったです。
カフェメニューを作るため、タッチペンを回したり動かしたりして、お手本と同じものになるようタイミングを合わせるゲームです。
個性的なキャラは花マル。ただ難しい工程アリ。★★★☆☆
毎号買っているゲーム雑誌の巻末で紹介されていた時点で購入を決意しました。
個性的なキャラクターは花マルです。
パッケージもかわいいのでジャケ買いした女の子や大人の女性も多いのではないでしょうか?
女の子(プレイヤー)の名前に自分の名前、男の子の名前は片想いの相手の名前を入力すれば、やり甲斐もでてきます。
ただ、難しい工程もあります。
特に(フライパンで)焼くの工程は、ピンクに変わったらタッチペンを1ミリ離す感覚で離してまた画面につけないと失敗します(あくまで私がプレイした体験で)。
それから、(包丁で)切るの工程も切る量によって制限時間が短いし、盛り付けの工程も量によって制限時間が短いから、惜しいです。
でも、最初にふれた個性的なキャラをこのままにしておくのは勿体無いです。
ぜひ続編を。
希望としては材料を集めるイベントなどあるとより楽しくなると思います。
あと、難しい工程も少しやさしくしてほしいです。

ビューティフル ジョー スクラッチ!

カプコン
Nintendo DS
明らかな容量不足★★☆☆☆
ビューティフルジョーシリーズを初めて買いました。

基本的に戦闘システムはとても面白いのですが、敵の行動がワンパターン過ぎます。
また、他のレビューでもありましたが、会話の際、セリフの吹き出しとキャラクターのアクションが一致しないという違和感がありました。

全体的によくまとまっていて、システムも楽しいしボスも魅力があるのですが、敵の行動が単調、ストーリーが短い、はっきり言って容量不足だと思います。

プレステ版なら容量不足はなく、良いゲームだと判りますが、DS版は物足りないという感じです。
面白い、確かに面白いけど、これはビューティフルジョーか?★★★☆☆
DSならではの機能を使った、ビューティフルジョーの最新作、・・・・・・なのか?
新VFXパワーについてですけど、スライドやタッチはいいとして、スプリットも百歩譲ってありとして、スクラッチの存在意義は?そもそもVFXと関係がなくなった気がするのですが。まぁ、ビューティフルジョーでないとこういった事は出来ないんですけどね。
グラフィックにしては、がんばってます。本当にがんばってます。ビューティフルジョーそのものです。
操作感も違和感なくプレイできたのですが、敵が弱いので、Vポイントが稼げません。せめてXボーナスのシステムは変えないで欲しかった。もしくは、敵の強度を上げるとか。
爽快感も減少し、新しいVFXパワーで解く謎解きが増えました。
ボス戦はまんまビューティフルジョーです。この中で最も再現できているところでしょうか?
ゲームとしてはよく出来ているのですが、一つ納得いかないところが。
コンティニューが出来ないのです。ビューティフルジョーはクリアできない時に、何回も挑戦してVポイントを稼いでパワーアップして戦うのですが、それが出来ません。もっとも、敵が弱いのでハマル場所が極めて少ないのですが。
コンティニューが出来るのであれば、★一つ追加ですね。馬鹿の戯言として見て下さい。
短い★★★★☆
キャラクターの話やイベントは見るのが面倒だったらセレクトボタンで進められます
でも、何が起きているか解らなくなってしまうので、見るのが面倒だと言う方だけ進めた方がいいでしょう。

何が短いかって、ストーリーです。12月28日に新品で買ったのですが半日で終わりました。やり過ぎというツッコミはなしでお願い致します。でも短すぎます。

あとKIDSのせいか敵が弱すぎます。初心者でない限りKIDSはお薦め致しません。

一番の難点は、「MACHSPEED」がなくなった事ですね。替わりに「SPRIT」というのが導入されましたが。自分はMACHSPEEDがあってこそ本当の「VIEWTIFUL JOE」だと思います。お陰で「SLOW」と「MACHSPEED」の最強コンビが使えませんOTL

グラフィックはDSにしてはとても綺麗です。ナレーターの声やJOEの声等、GC(またはPS2)版をやっているかの様

セーブデータエリアが9つもあるのは強み。
面白い。だけど・・・★★★★☆
まず、とりあえず買って損は無いと思います。
新しいVFXも良いですし。特に画面上部を分断する『スプリット』は
、謎解きを更に面白くする画期的なものです。ですが、VFXパワーのコンセプトは『映像効果をも利用し、美しく戦う力』だったはず。
正直、違うのでは?とも思うのですが、面白いからなあ・・。(スクラッチはともかく)
また、今までのジョー(カーニバル除く)をやりこんだ人なら違和感を感じるかもしれません。(私だけかもしれませんが。)
確かに面白い。でも、今までのジョーと何かが違う。
おそらくジョー2での敵を倒す爽快感減&謎解き、仕掛け増しの流れがより強くなっているからだと思います。
嫌な仕掛けが多くなり、敵を倒す爽快感は減り。かなり別物に感じる作品でした。
ジョーでなければ普通に面白い作品だったのかもしれませんが、このシステムが成り立つのもジョーであるが故。難しいところです。
まあ何か違和感があったり、シリーズで最もやり込み要素が無かったりなので星4つです。
堕ちるシリーズ作の多い中で輝いているシリーズ作★★★★★
VFは4作目となる今回ですが、
ホンットイイ出来です!
従来の操作性、謎解き要素は変わらず、
DSならではのタッチを使ったVFX(必殺技)が見事です!
誰が画面を2つに分ける、なんて発想を出したんでしょうね!?
この発想力は今のゲーム業界に必要不可欠です。

あえて残念な点を言うとしたら、
イベントシーンでAボタンで会話を進めるのに対し、
シーンが変わるたびに下画面の新しいフィルムを
上にスライドしなくてはならないのが、
ちょっと手間で作業的に感じます。
あと、会話をAボタンで早く進めても
キャラの喋るモーションのスピードは変わりません。
人によってはイライラするかもしれません。

が、そんな残念な点も気にならないくらいの出来と断言してもいいでしょう!
ファンなら買うべし!
ちょっとでも興味のある人も買うべし!