任天堂DSゲーム情報ブログ

NARUTO-ナルト-疾風伝 忍列伝III

タカラトミー
Nintendo DS
忍(しのび)たちの戦いを3Dで完全再現した対戦格闘ACT『NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍列伝』のシリーズ第3弾。細部まで描き込まれた3Dグラフィック、変わり身やコンボを駆使した高速バトルなどは健在で、本作では新たに"巨獣(きょじゅう)大戦"モードが登場。ストーリーは、ナルトとサスケの再会や、"暁"(あかつき)との激闘などを収録。また、"暁"の不死コンビ、飛段(ヒダン)&角都(カクズ)となって尾獣を狩る暁サイドのストーリーも収録されている。登場キャラクター数は、前作の32人から42人に増え、タッチパネル操作で発動するアイテム数も21種類に増えている。迫力の画面演出が好評の奥義も1人につき2種類となり、ナルトにはゲーム初登場となる必殺奥義"風遁・螺旋手裏剣(ふうとんらせんしゅりけん)"が用意されている。

http://dol.dengeki.com/
残念です★★☆☆☆
劣化版、激闘忍者大戦ですね。キャラの表情はかわらない、SEがショボい。
キャラが多いのが唯一の救い。
キャラたくさん、新モードも!★★★☆☆
キャラもたくさん追加され全体的にパワーUPしてます。
歴代火影がゲームに登場するとは!特に四代目が楽しみです!!
「巨獣大戦」も原作では尾獣との戦いがみれませんでしたが
ゲームではバッチリ再現されています。
「協力巨獣大戦」では友達と一緒に尾獣に戦うことが出来ます。
全体的なストーリーボリュームは難ありですが、
それでも充分楽しめると思いますよ!
他人にオススメ出来ません★★☆☆☆
残念ながら他人にオススメ出来ません。
格闘ゲームを結構やってるので、厳しい評価になってます。
ちなみにスト2、KOFシリーズなんかやってます。

あくまで個人的レビューですので。

悪い点
・オプションに時間設定がない。無制限とかあってほしかったです。
・オプションにBGMの音量変更、ボイスの音量変更などがない。
 DS本体のボリュームをあげるという事も出来ますが基本的に
 ボイスの音量が低いので。ちなみにオプションは難易度設定しかないです。
・ストーリーモードが短い。10話までしかありません。飛段、角都を倒すまで。
・操作が単調。とりあえず適当なボタン連打でなんとかなります。
・使用キャラが42人ですが、旧章のキャラを今更含めても。

良い点
・DSでこれだけ声が出るのは良い点でした。
・対戦が盛り上がります。キャラ多いので。
がっかりした…★☆☆☆☆
そろそろNARUTOゲームに暁を全員出していいと思う。
まだ、ちゃんとした戦闘をみせていない「トビ」も、どうせ後々仮面をとって「うちわマダラ」として登場するのだから、既にアニメに登場している「トビ」は参戦させてもいいのでは?
巨獣戦もただでっかいだけで、面白みに欠ける。
なんか残念★☆☆☆☆
オリジナル要素が無く、ただナルトが風遁螺旋手裏剣を覚えるまでの物語紹介みたいに感じました。
久しぶりにナルトのゲームに手を出しましたがとても残念です。
戦闘中のキャラの顔も無表情でいまいちワクワクしませんでした。

NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍術全開! チャクラッシュ!!

タカラトミー
Nintendo DS
まあ、こんなもんでしょう。★★★☆☆
NARUTO好きな息子たちにせがまれて買わされました。
まあ、いい意味でも悪い意味でも「こんなもん」でしょう。
ハードの性能もあるでしょうが、動きが緩慢に感じるときがあります。
まあ、NARUTOが好きなら買うしかない、そんな程度です。
あと、発売前から予約しても、発売日から3日以上経過してから届くようでは意味がないですね。
ある程度、予想していたが…★★☆☆☆
NARUTOということで、買うかどうか迷っていましたが、
連休中の息抜きの為に購入し、さっそくプレイしました。

DSのNARUTOということで過度の期待はしていなかったものの、
自分が予想していたよりも下回っていたのが残念…。

・ジャンプのスキが大きい。

・ジャンプ中の攻撃・移動のバリエーションがない。

・回避のバリエーションもなく、近くで相手の奥義が発動するとほぼ食らう。

・奥義の組み合わせといっても強化系と奥義系が一緒で3つまでしか装備できないので幅がない感じがする
 せめて奥義と強化をわけて3つずつ使えたらよかってのに。

と、クドクドと愚痴をこぼしましたが、まとめるとバリエーションが乏しく感じたです!

大乱闘系か無双系のNARUTOを開発してくれることを祈ってます。