任天堂DSゲーム情報ブログ

マリオvs.ドンキーコング 2 ミニミニ大行進!

任天堂
Nintendo DS
オモチャの「ミニマリオ」を知恵とタッチペンで無事ゴールへ。
自動で歩くミニマリオをゴールへ導き、ドンキーコン具を倒して次のフロアへ。
パズルではないけど★★★★☆
前作と比べて簡単なので、小さな子供でもできると思います。
本格的なパズルを期待するとダメですが、
リラックスしながら、かわいい動きを楽しむだけでも、
なかなか良いと思います。
最終面もニヤリとさせられますし。
DSでしか出来ないが★★☆☆☆
DSでやるべきソフトとは思えない。点数に応じて段階的にスターの色が変化するが、
上手くいかなくても金が出たり、上手くいっても銅だったりと、調整の甘さを感じてしまう。
また、パズル要素で受けるもどかしさは耐えられるが、
タッチペンと画面の大きさの問題からくるもどかしさはプレイするストレスにしかなりえない。
余程値下がりしてから買うべき品であろう。
スリルが足りない★★★☆☆
GBA版の前作をやりこんだので、とても楽しみにしていました。
そして、十分に楽しかったですが・・・

何が物足りないのだろうと思ったら、ほとんど死なないんですよ
このゲーム。
他のマリオシリーズでは1UPが必ず登場するのに、出てこない。
ということは、ゲームの進行上マリオを増やすことに意味が無い
くらいにスイスイ進んでしまうということです。

ゲームデザインは悪くないし結構頭も使う。
死んで覚える達成感というのもやりすぎればクソゲーになりますが
無ければ無いで少し寂しい気分になりました。
簡単すぎる★★☆☆☆
最初はさすがに慣れるためのステージだから簡単なんだと思いながら進んでいったが…進んでいっても特に難度があがるわけでもなく。
さくさくっとクリアしちゃいました。ゲーム超初心者のじぶんでも数回やればオールゴールドでクリア出来ました。
もっと難易度の高いコースも欲しかった。
買って損したと思ってしまった一本です。
一度クリアしてしまったら多分もうやりません。
大人にはちょっと・・・★★★★☆
最初タッチペンで操作と聞き、タッチカービーのように操作しづらいと
嫌だなぁと思ったのですが、それはなかったです。
逆にタッチペンで鉄棒をしたり、動きっぱなしのマリオをどう操作
しようかと楽しめました。
ただゴールするだけなら保育園児でも十分できます。1度クリアした後も
スターを集めたりと何度か楽しめます。
ただ、スターを集めようと思うと少し頭を使うので、あまり小さい子供だと
無理かも知れませんが、全体的に難易度は低めで、内容も単純なので、
大人にはちょっと物足りないかも。
あと、スター収集後のステージも「え?これだけ?」って感じで物足り
なかったです。
でも、自分でステージを作ったり、オモチャマリオのキャラクターも
可愛いので子供にはオススメです。