任天堂DSゲーム情報ブログ

New スーパーマリオブラザーズ

任天堂
Nintendo DS
ニンテンドーDS版として登場の大人気「スーパーマリオブラザーズ」シリーズ。ファミコン時代のスーパーマリオシリーズを継承していて、3D空間の冒険ではなくて、2D横スクロールアクション。操作方法も、基本的に「十字ボタン+ふたつのボタン」のシンプル操作で、いろいろなアクションをこなす。

もちろん冠にニューがつくだけあって、新要素も。画面いっぱいの大きさまで巨大化する巨大マリオになると、ブロックや敵をぶっとばすのは当然だが、土管などのマップギミックまでふっとばして突き進む。豆粒大になるミニマリオもかわいい。他にも新しいアクションやギミックがあるが、どれも新奇さを狙うのではなく、自然な感じで導入されているところが凄い。

ぼくは、アクションゲームが苦手なので、ワールド5あたりから苦戦してなかなかスイスイとは進めなくなってきたが、救済策も随所に隠されていて、プレイしていると新しい発見があって楽しい。マリオシリーズのファンにはもちろんオススメだし、アクションゲーム初心者だけどちょっと手応えのあるものにチャレンジしたいって人にもオススメだ。

(米光一成/『ぷよぷよ』等のゲーム企画者。著書に『デジタルの夢でメシを食うためにボクらは!』など)

ルパン三世 ~史上最大の頭脳戦~

バンプレスト
Nintendo DS
「ルパン×謎ゲー」 あなたの頭脳を刺激する究極のルパンティックIQミッション!
伝説の天才画家による不適な挑戦!!絵画に隠されたお宝とは?壮大なからくり屋敷の謎がルパンに迫る!

■「ルパン三世 史上最大の頭脳戦」とは?
敵に見つかると即ミッション失敗のスリルがある潜入ミッションと、天才的な知性と華麗な閃きが試されるIQミッションの2つで構成された、超本格IQミッションゲームです。

■ストーリー
ルパンは不二子に依頼され、とある美術館から金庫を盗み出す。
しかし、当の不二子とは連絡が取れなくなり心配するルパン。
だが、なんとテレビ画面の中に大富豪ビリゲッツとともに美術館のオープニングセレモニーに参加している不二子を発見する。
その美術館では<隠れた天才芸術家パラドックスの作品を初公開>を謳っていた・・・・
再度、美術館に潜入するルパンはそこで不二子から盗み出した金庫の中にあった「絵」について説明を求める。
実はパラドックスの「絵」は、一つ一つがパズルのピースとなっていて、パラドックスの隠し財宝のありかを示す鍵であるという。
残りのピースは世界各地に点在するパラドックスの館にあることを聞き出し、館に潜入するルパンと次元。
そこで待ち受けていたものは<パラドックスの亡霊>が仕掛ける侵入者を阻む難解なパズルだった。
パズルを解かなければ進めない館。しかし、ルパンはIQ300の頭脳を駆使しパズルを次々解いていく。
やっとの思いで館を脱出したルパン達を待ち受けていたものはなんと大富豪のビリゲッツだった。
ビリゲッツはパラドックスの財宝の噂を聞きつけ、つけ狙っていたのだが、パズルが解けずピースを手に入れられなかったのだ。
不二子を監禁し、引き換えにピースを要求するビリゲッツ。要求を拒むルパンだがパラドックスの正体を解くためにビリゲッツの罠に嵌まるのだった。
・・・・果たして、謎の天才芸術家パラドックスの残した財宝とはなんなのか!?パラドックスの亡霊の正体は!?

■潜入ミッション
プレイヤーはルパンを操作して、示されている目的のゴール地点を目指します!警備している敵に捕まったり、トラップにかからないようにゴールにたどり着けば、潜入ミッションは成功!ルパンらしさを追求した多彩なアクションと頭脳を駆使して、難航不落のミッションに挑め!

■IQミッション
プレイヤーの頭脳に挑戦する様々なタイプのミッション!隠されたIQミッションを見つけ出し、解くことにより、物語の真理へと近づくことができます。直観力、推理力が試されるIQミッションを解き明かし、自分の頭脳の限界に挑戦!

ソニック カラーズ

セガ
Nintendo DS
ソニックのメインストリームアクション最新作!
従来のスピードに加えバリエーション豊かなアクションを実現する新システム(カラーパワー)を採用した正統派ハイスピードアクション!!宇宙空間に浮かぶ巨大テーマパークを舞台に、おなじみDr.エッグマンの野望を暴くため、新たな能力を手に入れた史上最速のハリネズミ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の冒険が始まる!