任天堂DSゲーム情報ブログ

名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵

バンダイ
Nintendo DS
『週刊少年サンデー』と『週刊少年マガジン』の創刊50周年に、両誌の人気推理漫画『名探偵コナン』(小学館刊)と、『金田一少年の事件簿』(講談社刊)が夢のコラボレーションを実現! 両作品の主人公である江戸川コナンと金田一一(はじめ)が、『名探偵コナン』に登場するアイテム"探偵バッジ"の通信を使って連絡を取り合い、名探偵ならではの推理合戦を繰り広げる!? 舞台は、25年前に神隠し事件が起きた絶海の孤島"夕闇島"で、調査はそれぞれの視点で進行。島を移動しながらタッチペンで怪しい場所を調べたり、聞き込みをしたりすることで調査は進展し、ゲームがある程度進むと2人で探偵バッジを使って情報を交換するイベントが発生し、一緒に事件の謎を解いていく。

http://dol.dengeki.com/
面白かった!!★★★★★
さっきやっと、ゲームクリアする事が出来ました。
プレイ時間は17時間ほど。かなり内容が濃かったと思います。

島の謎、全く分からなかったです。
プレイしていくうちに余計分からなくなっていき・・・
全てが分かった時は、かなり嬉しかったですw

1章ごとに事件が起こるのですが、そんなに推理も難しくなく、サクサクとできました。

私みたいに、ただコナンファンだから、金田一ファンだから買った・・・
って方も、イライラせずにできるかとw


1つ残念な事は、ボイスが入ってなかった事ですかね。
せめて決め台詞だけは欲しかったです。

推理ゲーム初心者の私でしたが、かなり楽しめました♪

両方ファンの方も、片方だけファンの方も、どちらもあまり知らない方も
楽しめる作品となっていると思います。
難易度は低めです。★★★☆☆
金田一、コナンと両シリーズを知らなくても遊べます。
私はコナンは読んだ事も観た事もありませんでしたが、楽しめました。
作画が違うので両作品のキャラクターが並ぶと違和感を感じる事もありましたが、
すぐに慣れます。

推理ゲームとしては難易度はとても低いです。
特にヒントがなくてもノーミスでクリア出来るレベルです。
キーワード集めは多少、手間取る部分があるかもしれませんが・・・。
お話の伏線は全てきちんと回収されているのは良かったです。
両主人公がちゃんと見せ場があって協力する場面も多かったですし。

ミニゲームは一度クリアすれば何度でも遊べますが、魅力的ではなく。
ゲームそのものも一周でお腹いっぱいです。
何度も遊ぶ作品ではないですが、通勤・通学電車のお供には最適ですよ。
推理?謎解き?★☆☆☆☆
読むだけゲームです
悩む謎解きはひとつもありません
ただ ひたすら読むだけです
クイズやパズル 謎解きを期待してるかたは
辞めた方がいいでしょう
ストーリーは思ったより大人向け★★★★☆
両作品ともに原作を読んでいるファンです。

過去にコナンのゲームをプレイしたことがありますが、対象年齢が低く設定されていたのか難易度が低くあまり楽しめませんでした。またシナリオも練りこまれた感が無く、ストーリーの流れに理不尽さを感じたことがあったので、本作もあまり期待していませんでした。ですが思った以上にシナリオがヘヴィで、しっかりと作りこまれた感じがしました。個人的な印象としては、金田一少年の事件簿寄りのストーリーだと思います。

システムはオーソドックスなアドベンチャーで、全7章のストーリーをコマンド選択によってすすめます。1章ごとに操作キャラが替わり、1つの物語をコナン、金田一の両方の視点で追っていきます。また、最終章のみどちらかのキャラを任意で選べるので2回楽しめます。プレイ時間は25時間くらいでした。

シナリオがかなり重たい半面、難易度は低い部類だと思います。DSからゲームデビューしたユーザー層を意識してか、基本的に無意味な行動をさせないようなシステムになっているようで、迷うシーンはほぼありません。「調べる」コマンド実行中に必要な証拠を採取する前に「移動」しようとすると、「やり残したことがある」旨が表示され移動できないようになっていました。ただ、途中に挿入されるミニゲーム的な「爆弾解除」や「ロック解除」は、タッチペン操作の認識精度のせいで難易度が高く苦労しました。そうはいっても、ファミコン時代のあり得ないほどの凶悪なフラグ判定を知っている世代からすれば、総じて簡単なアドベンチャーゲームと言えると思います。

操作性については、タッチペンでのプレイを基本としボタン操作でも大半のことが出来るようになっています。コマンドを決定するのに2度タッチ(1タッチ目で選択、2タッチ目で決定)しなければならないのであまりテンポは良くないですが、選択ミスをしにくいようになっています。ボタンでの操作では、若干煩わしいかもしれません。

舞台設定にかなり無理があるとは思いますが、もともと主人公2人にもあまりリアリティは無いですし、両作品のファンであればまずまず楽しめると思います。逆に、自由度の高い本格推理アドベンチャーゲームを期待すると肩透かしを食らうと思います。

原作ファンならオススメです。★★★☆☆
はじめての推理ゲームです。
なので他のものとの比較はできないのですが・・・
★よかったと思う点★
・探偵が二人いるだけに、それをいかした内容になっている
・登場人物が魅力的(どっちの原作も好きなので嬉しいです)
★微妙な点★
・合間合間で出てくる、爆弾処理や鍵あけゲームが難しい。
 →あたしがやりたいのは推理であって、爆弾処理じゃないんです・・・難解すぎてさきに すすめなくなるところでした(汗)
・推理に選択権があまりない(間違った道を選ぼうとすると、「そんなことより」というつっこみが入ります)


おおむね楽しめました。
ちなみに推理自体は推理小説を普段読んでる方であれば、楽にクリアできるレベルかと。
ちょっと簡単かな??


ただ、探偵が二人、それによって設定されたパラレルワールド・・・
ネタバレになっちゃうのでこれ以上はいいませんが、そこがとっても魅力的だと感じました。
どちらか一方でも原作が好きな方であればお勧めできる商品だと思います。

スティールプリンセス 盗賊皇女 特典 アニス&クリスのオリジナルドラマCD付き

マーベラスエンターテイメント
Nintendo DS
ニンテンドーDS『スティールプリンセス-盗賊皇女-』は、無理やり勇者にされてしまった盗賊のアニスとお付きの妖精ククリが活躍する痛快セクシーアドベンチャーゲームです。140ステージ以上のステージを主人公アニスとなって、プレイヤーは攻略していきます。謎解き、ギミックによって、何回も遊べるやりこみ要素満載のゲームです。
また、WiFi&ローカル通信で、ランドメイクしたMAPを交換したりもでき、より幅の広い遊び方が可能です。どこでもアイテムを調達できる"プロキュアシステム"を起用し、攻略の楽しみを味わっていただけます。


豪華スタッフ陣
主題歌を歌うのは、「榊原ゆい」さん。そして、人気も実力もたっぷりの声優陣がCVを担当。
アニス(主人公)CV:井上麻里奈さん/ ククリ(妖精)CV:福圓美里さん/キール(トレジャーハンター)CV:緑川光さん/シャルロット(王子の許婚)CV:広橋涼さん/リュカオン(囚われの王子)CV:佐藤雄大 さん。
また、プロデューサーに『ルーンファクトリー』や『牧場物語』の「はしもとよしふみ」。キャラクターデザイン「JUNNY(じゅんにー)」。開発に株式会社クライマックス。ゲームもさながら高クオリティ、ボリューム感たっぷりの「高津幸央」氏によるOPアニメーションと、「榊原ゆい」さんのアップテンポな主題歌など見ごたえたっぷりです。
正直これは…というレベルです。★☆☆☆☆
画像が荒く、操作性の悪さに加えステージ攻略に面白みがまったくありません。
アイテム一つ持つのにいちいち前に持っていたものを捨ててまた拾ったり、またそれを持っている間は歩くだけしか出来ないなど、このゲームのクリアは手間以外の何物でもありません。
パッケージの絵は綺麗ですが、ゲーム中のキャラクターの顔グラは表情がなく、絵柄がとても古く感じます。
ストーリーも先が見たいというほどではなく、ステージ攻略の難解さに負けて途中であきらめてしまう人ばかりだと思います。
総評…つまらない。★★☆☆☆
もうオープニングから画像ガタガタで嫌な予感を抱きつつプレイを開始しましたが、
イベントシーンでは中途半端にしゃべるので逆にショボく感じました。
そして、肝心のアクションパートですが…はっきりいって面白くないですし、ワクワクもしません。
タッチ操作の感度が悪く、もどかしい。
一応、十字キーでもプレイできるがそっちだけではどうしても限界がありどうしようもない感じでした。
それと地味に苛っとしたのが、ステージをクリアするための扉が開く演出中にプレイヤーは動けないのに時間はしっかり進行しているのはいかがなものかと思う。
タイムアタック的要素を取り入れてるのだから、こういう部分の公平さがないのはおバカとしか言いようがない。
もう、ただパズルのドリルを解いているだけのような構成で冒険感は皆無。
どうせなら変にストーリーやキャラクター性をつけないで、
ただの面クリア型のパズルゲームとして出した方がよかった気がする。
ま、パズルとしても粗末な立体感から来るもっさり動作で凡作以下ではありましたが。

最後にこのゲーム、無駄に演出などをころうとした形跡がありましたが、
PSP辺りで出した方が幾分マシだったと思える。
レディストーカーを超える悪夢★★☆☆☆
MDの名作、「ランドストーカー」が大好きで当時20周以上したもんです。
開発元やゲームシステムが似てるので、
この「盗賊皇女」にはランドストーカー的面白さを勝手に期待して買いましたが、
今作は全然その域に達していません。
じゃあ、オリジナルタイトルとして見たら面白いかというと「全く面白くない」です。
XBOXの「エアフォースデルタ2」の、糞つまんねー連続雑魚ミッション地獄のようだ、
と言えば分かる人には分かると思います。

DSは解像度が低いのに、なぜかキャラクターグラフィックはCGの取り込みで汚いのなんの。
まともにドット打てる人がいなかったのでしょうか?
もっさりした自機の動きと、前述した糞デジャブも甚だしいルーチンステージ制と相まって気が滅入ってきます。
キャラクターの操作でストレスが溜まるのはアクションゲーとして致命的ではないでしょうか。
ああもう、イチイチ気に入らない所を書き連ねるのも億劫なくらいです。
あ、ムチのアクションは少しだけ面白かったです、あんまり生かせてない気がしますけど。
もうこれはランスト好きの間では残念ゲーとしてある意味伝説になっている
「レディストーカー」を超える退屈ゲーかもしれません。
このゲームを購入する人は一切の希望を捨てて遊びましょう。

JUNNYさんの絵がイカしてるので★ひとつ増やしました。
誰の原案か知りませんが、アイパッチはやめてください。
もう無理です★★☆☆☆
女としての意見です。
操作性の悪さ、3Dの粗さ。
意味不明な性格と喋り方のキャラと、メッセージ表示速度の遅さで、会話パートは始めてすぐから全部飛ばしました。
フィールドでアクションする度に出る声も嫌で、音楽も楽しまずに消音プレイでした。
声優さんは嫌いじゃないんですが。
地雷と言うほどでもないが……★★☆☆☆
正直、かなり微妙。
2ステージ目辺りで飽きてうっぱらいました。

一種のパズルゲーなので、それだけならもうちょいできそうだったんですが、タイミングを合わせて位置を調整しないとクリアーできないステージがいくつかあり、『3回連続で成功させないとリトライで最初からやり直すしかない』と言う仕様っぷりに思わず投げ出してしまったり……