任天堂DSゲーム情報ブログ

ソニック ラッシュ アドベンチャー

セガ
Nintendo DS
文句なしにハマれます★★★★★
 ソニックラッシュの続編であり、引き続きゲストキャラとしてブレイズが登場します。難易度は控えめでライトユーザーでも入り込みやすいと思います。チュートリアルモードで操作方法の確認ができるのも親切だと思いました。
 前作のソニックラッシュでは後手後手に回る戦いであったボス戦も能動的に攻められるようになり、これぞ続編・これぞ進化といった印象。
 タッチペンでの船の操作も一風変わったゲームでおもしろいと思いました(イメージ的にはガンシューティングに近い感じ)。

 スマブラで興味を持った方でも遊びやすい作品だと思います。とりあえずスマブラの「亜空の使者(難易度:ふつう)」よりはずっと簡単です。ソニック入門用に調度良いです。
ストーリー性、アクション性は文句なし★★★☆☆
DSにしてはしっかりしたゲームだと思う。
私が製作者だったらキャラクター5人ぐらいにして格キャラクターのストーリーがそれぞれ分かれていて、そのうちの2〜3人はストーリー短いようにつくります。
あとはチャオ育成も加えるかな、DSの機能上チャオガーデンは1つにしておいて、ガーデンには野原、ヤシの木、浅い池があるぐらい。チャオレースも2Dでもいいので工夫して作る、これでもユーザーは喜ぶはずです。チャオはガーデンに最大5匹ぐらいでもいいでしょう
チャオにやるのは動物オンリーでOK
と、僕ならハードの機能関係なくここまで工夫しますけどね
まだまだソニチはあまいです。
いいねコレ!★★★★☆
目新しい感じの要素はあまりない(だからパッケージの裏を見ても
あまり魅力を感じない)のですが、ちょっとさわってみれば「おっ、
いいねコレ!」と思える良さがあります。

とりあえずば〜んとジャンプして、トリックのボタンを連打して
ゲージをタメたらドカーンとダッシュする。
最初はそんな遊び方で十分楽しいです。BGMも軽快でいい演出に
なっています。

通常ステージが面白すぎて、海洋アドベンチャーステージの存在
意義は? と思っていましたが、船の種類が増えるにつれ、いい
アクセントになっていると思えるようになりました。船によって
全く違うミニゲームが楽しめるので、気分転換になりますね。

うまくなったらタイムアタックにチャレンジ。というよりこの
ゲームの本編はタイムアタックと言っても過言ではないと思い
ます。大胆なショートカットと繊細なテクニックが生み出すスーパー
プレイはもはや芸術的な美しさです。
wi-fi接続して世界のプレイヤーたちの記録に打ちのめされるのも
またよしw

どうでもいい話ですが、船で難破・・・漂着した島でマリンという
少女(?)と出会う、というオープニングは携帯ゲーム機史上に残る
あの名作へのオマージュなんでしょうか?
今迄で一番の2Dゲームかも★★★★★
とにかく気持ちいいくらい速い!そしてかっこいい!前作のソニックラッシュもそうだったけど、初心者から上級者まで楽しめる難易度。クリアするだけだったらわりと簡単。それでも十分な爽快感を感じることができる。上級者はカオスエメラルドを集めたり、ミッションをクリアしたりと楽しめる。

このゲームの一番いいところは、10分ぐらいのほんの少しの時間でも十分に楽しめるということ。ついつい気軽にDSの電源を入れてしまう。

このゲームのためだけにDSを買ってもいいかも。最高のゲームです。

少しでも興味があるなら買ったほうがいいです。次回作も絶対に買います。
2Dシリーズは絶好調!!★★★★★
特筆すべきは絶妙なゲームバランス。
サクサクっと進める反面、手応え抜群のステージもあり、それでも数回のリトライで
活路が見出せる、慣れてくると二画面全体をみてフィールドを把握しながら、
先読み先読みで攻略できるようになれるので、べビィユーザーを飽きさせず、
ライトユーザーに親しみ易い理想的な形、お見事セガ!
アイテム回収作業やマップ探索の作業も濃過ぎず薄過ぎずで、ダレる事無く楽しめる。

次世代機での3Dソニック以降、ソニックのゲームは徐々に
質が上がって行ってる様にも思える、頑張れセガ&ソニック!
メガドラ時代から応援してるぜ!!

きれいずきん生活

コロムビアミュージックエンタテインメント
Nintendo DS
掃除好きになるかも?★★★★☆
3歳の娘のために購入しましたが、思っていたよりも難しく娘にはあまり受けませんでした。
もっと年上ならば、可愛いキャラとお掃除ゲームを楽しめるかと思います。
かわいいだけ★★☆☆☆


ずきんに魅かれて購入しましたが.がっかりです.
同じ事の繰り返しですぐ飽きました
幼児向けかも....
ずきんちゃんはかわいい^^
姪のハートもわしづかみ♪★★★★☆
主人公は散歩中に見つけたお屋敷の立て札を見てハウスキーパーとして働くことになります。
キャラとその動き、アイテムが可愛いので癒されます。

シナリオは短く、話を追い掛けるようにプレイすると、掃除道をいちいち買っていたとしても5時間もあればエンディングです。
次何をすべきかを丁寧に教えてくれるので、ひらがなカタカナが読めれば幼稚園の子でもクリアできる程。

15くらいある掃除ミニゲームは道具を買うと種類が増え、掃除ゲームクリア後に手に入る『ほこりのかたまり』を磨く別のミニゲームに成功すると、家具かストーリーを進めるのに必要なアイテムが手に入ります。
磨くゲームは、ホコリが残ると買い取り不可、ゴシゴシ過ぎるとアイテムが割れます。結構ハマります。

家具は執事に買い取ってもらうことができ、買い取られた家具はお屋敷のインテリアに反映されます。
また、同じアイテムでも最初と同額で買い取ってうれます。

家具だけで120は越えてるので、ED後もコンプリートに燃え、コンプ後も誰かに『あの家具持ってきて』と頼まれ、エンドレスに遊べます。結果はお金を貰うだけですが。

セーブデータは2つ。
注意点は、掃除ミニゲームはスタート前にゲーム説明なくいきなり始まるものが多いこと。
上画面に説明が出るし、ポーズもできます。 失敗しても再チャレンジ出来るので大丈夫ですが、最初ちょっと戸惑うかも。

欲をいうなら、入手済みアイテムの名前とイラスト、どの部屋のものかわかるリストがあれば良かった。 これが原点要素。

多少似てますが、ちびロボみたいな感じではありません。本当にほのぼのとお掃除ライフを送るだけ。
掃除して磨くの繰り返しで、飽きないわけではないですが、1日のゲーム時間が少ないと長く楽しめると思います。