任天堂DSゲーム情報ブログ

株式売買トレーナー カブトレ!

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
鍛えてますかー? 脳を鍛えるゲームが大流行した2006年末。日本人って本当にトレーニングが好きだなあと思っていたら、びっくりするようなトレーニングソフトが現れた。なんと株。

M&Aやら、ファンドが起こした事件やら、たちまち流行語となった「株」だけど、一攫千金という夢のイメージから、火傷しそうな危険なイメージまで、「株」の印象は人それぞれ。習うより慣れろ、迷うくらいなら実践。まずは、このソフトで勉強、勉強。株のイロハから用語、売り買いのタイミングまでを順に手ほどきしてくれる。スゴロク形式でミッションをクリアしていくストーリーモードはわかりやすい。

ちなみにゲーム中に使う会社四季報や会社のチャートは、いずれも現実の過去の実績や数値をもとにしている。リアリティたっぷりの株式トレーディングができるというわけ。役に立てるも立てないも、あなた次第。さっそく今日から『株トレ』で自分の株力を鍛えてみれば、リッチな未来がまっているかも?

(志田英邦 / ゲームライター・インタビュアー。インタビュー集『ゲームマエストロ』などを執筆)
まぁまぁかな★★★☆☆
 過去の情報を使ってるとは言うもののチャートも同じなんでしょーか?そこが一番気になる点です。
そこをはってる株価限定ですが最後の何分間は必ず(ほとんど)上がっていたのでディトレでは負けなしです。
もう1つは、このゲームの情報は上昇トレンドで120日持っていれば儲かると書かれてる方がいますが、それは当たり前です。
時間がかなり短縮できるので、ゲーム感覚を含みつつ株式取引の触りとしてはまぁまぁです。
今後もっと情報量を含んだゲームがでるのを期待してます。
うーん、、★☆☆☆☆
これは株をやっている人が作ったのだろうか?
これで実戦に入っていけます!というのは怖すぎる。。

リアルな取引を実現したいのであれば臨場感が足りないし、初心者のための導入であれば余計なものが多すぎる。
恐らく初心者がやったら混乱して飽きてしまうのではないですかねぇ。
逆に知っている人からすれば実戦では使えないと投げられてしまうのでは。
自分はすぐに売りました。
Strong BUY! 面白いソフトですよ!★★★★☆
株式投資に関心のあるビジネスマンに、かなり評価の高いソフトなので関心を持ち、DS Liteと同時に購入しました。
自分の場合、過去5年間分の東証一部、東証マザーズの銘柄、そして四季報のデータが収録されている所に関心を持ちました。
(この点においても、本ソフトは「お買い得!」だと思います。)
そして、過去の実際のデータに基づいた、株の売買を仮想的に体験できるので、株式投資のシミュレーション・ソフトとしては、非常に完成度が高いと思いました。
過去5年間分のデータの収録なので、作り手のチカラの入れようも、うかがい知れます。
本当の気持ちとしては「☆5」にしたいところですが、収録データの更新サービスが無いようなので、「☆4」にしました。
このソフトには、更なる進化を遂げて欲しいと思います。
DSの画面サイズと、ゲーム内容があわない★☆☆☆☆
携帯機で株を勉強するというのは非常に良いと思って購入したのですが、
非常に窮屈な画面構成(インターフェース)なのもあり、
序盤の、操作方法や株についての説明(チュートリアル部分)で
プレイを挫折してしまいました。

これは2画面あるDSとはいえ、画面サイズ(解像度)が低いところも
上記の不出来な部分をさらに助長していると思います。

正直、オマケで付いてくるガイドブックを読む方が
「株」に対しての理解を得やすいように感じましたので、
「口座開設申込書」とあわせての入手が主目的であれば、
購入しても良いかもしれません。
時期が悪かったかも★★☆☆☆
開発当時はブームだったのでしょうけれど、
イメージが悪くなってしまったと思っています。
ただ、初心者向けですので、
さすがに法に引っかかるようなことは書かれていないはずですし、
初心者にとっては教科書になると言ってもいいと思います。

お子さんが遊ぶのなら首をかしげてしまいますが。

真・らき☆すた 萌えドリル~旅立ち~ DXパック

角川書店
Nintendo DS
お気楽に脳をトレーニング!
それが【らき☆すた】のコンセプト。
計算ばかりじゃつまらない、でもかわいいキャラと一緒なら何時までもいつもでも続けられる!
前作より盛りだくさんな内容だけど・・・★★★★☆
 計算問題だけでなく、方言クイズや英語問題等、前作にはないテイストを盛り込んでいますが、それがゆえに何やら一つ一つがしっかりと確立されてない作品という印象が強まっちゃったような気がします。最初分らなくても暗記すれば問題なしという感じです。脳トレ的ではなくキャラものとして望む方がベターなのかも。それでも計算問題を解く際の数字のタッチ入力は思ったより役立ってます。手書きよりもすっかり自分はこちらでの入力に助けられてます。正解して次々問題を解いていく時の病み付きになるテンポ感はやはりこのゲームならでは。使用できるキャラもたくさん増えて、より「らき☆すた」の世界を味わえるものになったんじゃないでしょうか。ゲーム版での声優の演技に違和感を覚える方もいるとは思いますが、作品の世界観は丁寧に演出されてるから、やっていくうちに慣れてくるんじゃないでしょうか。
 初回特典内容は色々付いてるけど、やっぱり目玉はかがみの等身大タペストリーでしたね。この辺の凝り具合もこの作品ならではですよね。
 とにかく「らき☆すた」好きならぜひお勧めしたい作品ですよ。
9000円までなら買い!★★★★☆
遅ればせながら、プレミア価格にてDXパックを入手しました。
ゲーム自体は、全く方向性の逆な「萌え」と「脳トレ」を上手く融合させた良作と思います。
設問も適度に難しく、また、相手キャラとの対戦という形であるため、ついつい負けないようやり込んでしまいます。

欲を言うならば、音楽が少々古くさいというか、洗練されてないというか・・・。OPも聴いていて少々違和感が残りました。
あとは声優陣がアニメとは異なる点。
豪華なキャストですが、アニメから入った方には少々違和感があるでしょう。
こなたの声がCLANNADの藤林杏に聞こえてしまうのは自分だけでないはず(笑)
後は、ドラマモードでセーブができないのは少々きびしいですね。

でも、特典もかなり充実してますし(かがみタペストリーは大きくて貼る場所に困りましたが 笑)、9000円までなら買いだと思いますよ。
気軽に楽しむのが一番★★★★☆
これは「脳トレ」というよりは、ミニゲーム集。
メインとなるドリルも、対戦形式で、パワーゲージによる必殺技など、ゲーム性が高い。
通信対戦ではアイテムを賭けるため、ミニゲームでありながら、熱くなれる。

しかし一方で、1人でやるときは、肩の力を抜いて気楽に楽しめる。
ミニゲームの種類は多く、アニメネタなどが随所に盛り込まれているため、なかなか楽しい。

ただ欠点は、隠し要素が多く、全て見ようとすると、やりこみを要求される事。
使用キャラ全員を出すだけでも少々苦労したし、シナリオの達成率を埋めていくのは、正直きつい。
あと、一部のアイテム・CGを、通信でしか入手できない点も、マイナス要素。

けれど、そんな「やりこみ」にこだわらなければ、これはゆるーく楽しめる。
「集中して攻略する名作」ではなく、「気が向いたときに、気軽に楽しむ良作」といえる。
転売の意地汚さが気に入らんわぁ!!★★★☆☆
いい加減こんな金額で売るなら普通に定価で売ったら良いやんけ!
こない事せんとやって行かれへんなら店やらな良いやん。
みんなの邪魔やで。ホンマ転売ウザイわぁ。
多分、買いたい奴はいっぱいおるで。でもな、正規の金額を越えた金額で買おうとは思わへん。
早い話、ムカツクは!!

このゲームは良ぇよ、おもろい通常で充分や。
だから金額も通常したら良いやん。
最高に面白いです!★★★★☆
前作の計算での「誤認」の対策として「電卓型」をシステム
コレのシステムのおかげでかなりやり易くなりました
今回、新しく追加された英単語、ツンデレ判断、方言、魔方陣etc・・・
前作よりもさらにやりこみ度あってかなり楽しめます

らき☆すたファンには、最高な一本じゃないでしょうか?