任天堂DSゲーム情報ブログ

旅の指さし会話帳DS 中国

任天堂
Nintendo DS
実用に耐えない★☆☆☆☆
中国語初心者の日本人が、初めての中国で本物の中国人との会話に挑む時、「ペンと紙」の役立ち度、が100だとしましょう。
でもこのソフトは、たぶん10とか20とか、その程度ではないかと。
学習の入り口、としては楽しいかもしれませんが、そもそも使いにくいので、実用品としては評価の入り口に立ててない気がします。
任天堂らしくない、と思います。
実用的ではないと思った。★★☆☆☆
ゲーム機の操作に慣れている人はきっと別だと思うが、それほどゲームをやりつけていない、実用ソフトをもっぱら使っている人間にとっては、慣れない外国で、とっさにこのソフトを使って指差し会話をするのは、じっさい難しいと思う。サバイバル会話の文型を知るにはいいと思ったので、前もって学習しようと思ったが、致命的にピンインがない。音まねだけでは学習する気になれない。携帯辞書として使おうにもやはりピンインがないので十分と思えない。今一番あったらいいと思うのが、日中辞典、中日辞典がいっしょになったソフト。英和・和英とセットになっているともっといい。旅先で必要な主要な単語には音声もついていて、サバイバル会話を充実させ、メモ機能もつけるなど、旅行者を意識した内容にして、あとはシンプルに辞書として使えるものを手ごろな値段で売り出すと、結構需要はあるんじゃないでしょうか。各国語別々に売り出してもいいのでは?電子辞書まで買おうとおもわない、海外旅行前の方にはうれしいと思う・・・。
初めての中国旅行のお供に★★★☆☆
中国は一部のホテルなどを除いて英語もあまり通じません。
ましてや日本語なんて・・・
でもこれがあれば安心!とまではいかないまでも何より心強い。
カテゴリ別になっているし、音声は出るし(音が聞こえづらい場所だったとしても筆談として使えるし絵も出るし)、画面も反転させて相手に見せる事も出来るので便利です。

単語数は少ないしピン音も出ないしなので
高級電子辞書などをイメージしている方、学習用、仕事での出張、沢山の単語数を求める方、現地で多くの事をこのソフトに頼ろうと考えている方などには不満でしょうし不向きです。

それでも3〜4日くらいの旅行ならそれなりに十分使えると思います。
なぜなら相手は”MADE IN JAPAN”に興味を示し(ちなみに中国でも”DS”は人気商品)、自然と和み(相手から「これ何?」とみたいな質問されたり)
そのうちに画面に写し出された字やら絵を見てじっくり観察した後で親切に応対してくれると思います。

広い意味でのコミュニケーションツールと考えると良いと思います。
勉強用ではありません★★☆☆☆
中国語の初心者の方が、別の人に操作してもらい(本人が画面を見ないようにする)、ヒアリングの練習をするのには良いと思います。
これを旅先に持って行き、相手に画面を見せて会話をするのは無理があります。それだったら、DS版ではなく、書籍版を使用する方が断然早いと思います。
旅先のコミニュケーションツールとして期待してはいけません。しかし、全く喋れない人がこのソフトで予習しておいて、とりあえず発音してみて、少しでも通じれば嬉しいと思うので、それを考えれば3,000円もしないこのソフトにしたら十分ではないでしょうか。
私は気に入りましたが、あくまでも過信は禁物です。他の方も書いていますが、調べられる単語の数も少ないですし、本当に一般的な例文しか発音してくれません。
「中国語ごっこ」のソフトとして割り切って購入しましょう。
自宅でも出先でも外国でも使えない!!★☆☆☆☆
語学の練習に、良く行く台湾での困った時の辞書代わりにと思い購入しました。
しかし、ピンインは無い、語彙は少ない、簡単な会話しかない…というわけで場所を選ばず役に立たないソフトでした。
中国語が発音の言語(ピンインが不可欠)と言うことを考えれば致命的な造りです。
実際、野外で使うには音声が小さすぎますし、いつもチンタラ鳴っている音楽も全く不要で発する言葉の邪魔でさえあります。

『この会話は、喋るとこういう風に言うんだぁ』という風に使いたい方はそれなりに楽しめるかもしれません。但し、それを聞いて正確に自分も発音できるか否かはピンインがありませんから保障はできません。耳に自身のある方なら可能だと思います。
実際的な分野で何かの足しにと思い購入される方は、実用的なピンインの振ってある会話帳を買われる方が現実的だと思います。
これだけの値段を出せば良い物があります。

長い間タンスの肥やしでしたが、腐ってしまう(?)前に先日売り払いました。良い勉強になったと思わせてくれるソフトでした。

旅の指さし会話帳DS ドイツ

任天堂
Nintendo DS
ドイツ旅行には使えませんでした★☆☆☆☆
平成18年6月にドイツ旅行に行くにあたって購入しましたが、
実践にはちょっと使えなかったです。

現地で一番欲しかったのは、このDS機能に加え、独和単語帳の機能だったかも。
日本語からドイツ単語の機能はあるので、その逆も欲しかったですね。
とにかく何が書かれているのか理解できませんでした。
(DSに頼りきっていたので、辞書を持って行かなかったのは大失敗)

また、相手に尋ねても、答えがドイツ語だから、
その単語を訳せないと目的が果たせないですし、
やっぱり独和辞書機能は必須かと。

画面表示の機能は、優れたものがあると思いますが、
なにか、もうひとつ、足りないんですよね、これ。

たとえば、
相手に質問するときは、現機能でなんとか画面を見せて聞いて、
その答えを相手に直接書いてもらって、それを日本語に翻訳する、という機能があると
大変助かるような、そんな気がします。

いずれにせよ、このソフトは、まだまだ改善の余地あり。
これだけでは足りませんでした。
小学生の子供用に買いました★★★☆☆
 小学生高学年で英語塾に通っていて中1レベルが終わるところです。
第2言語はまず英語に近いドイツ語がいいかなと、子ども向けの本やソフトを探していたのですがありませんでした。

 このDSソフトは「旅行用」ですが、例文の発音もされるということで試しに買ってみました。
「旅行用」としては例文が少なく実用に耐えるか疑問です
(その前に高価なDS lite本体を慣れぬ土地で見も知らない人に見せたらとたんに奪われる可能性もあるのでは…)。

 ドイツ語単語は冠詞といっしょに覚えないと使えないと思っているのですが、このソフト
の単語集には女性、中性、男性名詞に冠詞がついていませんし、発音機能がないのも初学者
にはマイナス点。

 それでも小学生の子どもは興味を持ったようでいろいろいじっています。例文にカナとひ
らがな(発音のニュアンスで書き分けてある)で読み方が振ってあり発音も聞けます。例文を
覚えるまではいかないかもしれませんが、ドイツ語に親しむ機会にはなりそうです。
もう一押し★★★☆☆
単純な会話帳ではなく、初級ドイツ語くらいの
学習補助機能も欲しかった。
正直、これで旅行に使うのはかなり厳しいと思う。
辞書部分に音声機能も必要かと
ガッカリ★★☆☆☆
これの書籍版を持っていたので、DSのソフトになると聞いてとても期待していました。
本だといちいち言いたいことのページをめくらなくてはいけないのがスムーズにでき、しかもしゃべるだなんて!

ドイツ語を習っているので参考にする程度のつもりで買ったのですが、実際に使ってみると…
スムーズにできるなんてのは勝手な思い込みでした。ハッキリ言って操作性悪いです。
まず最初に使ったとき、会話のカテゴリが6つしかないのかと思ってしまいました。
(取説をちゃんと読めというだけの話でもあるんですが…)
それにしたってどうにも分かりづらいし、カテゴリを探し回らなければいけないので時間がかかります。
そもそも、カテゴリ訳の仕方やそれぞれの言葉の配置も使い勝手を考慮されていないので、会話がスムーズにいきません。

例えば、よく使う基本表現などはカテゴリ移動をしなくてもすぐに呼び出せるようにする、
買い物やレストランなどのカテゴリでは、対象になるもの(商品やメニュー)や数字を当てはめた文章を作れるようにする、
お会計のところでは計算機も使えるようにする、etc…。
いろいろとDSならではのアイデアを考えられそうな気がするんですが…。

要するに、本の内容をそのまま移植してしゃべれるようにしただけと言う感じ…DSソフトにした意味が半減していますよこれじゃ。
使い勝手が大差ないのなら、現地でいちいちDSたちあげて…ってするよりも、さっと書籍版を取り出した方が早いです。
BGMがとても邪魔です★☆☆☆☆
 発音が難しいドイツ語を喋ってくれるなら・・と思って購入したのですが、酷い製品でした。邪魔でうるさいBGMが常に鳴っているのです。他の方のレビューでもありますが、このBGMは消したり個別に音量調整することができません。DS本体のボリューム調整したら肝心な発音の音声が聞こえなくなります。
 正直、喋りもタッチパネルもなくて、モノクロ表示である電子辞書の会話集のほうが確実に役に立ちます。

 パッケージには「ぶっつけ本番・・」と書かれてますが、このソフトの製作者、企画に関わった方々は、実際ドイツでドイツ人にこのソフト+DSを見せて、聞かせての満足な会話やコミュニケーションを試みたのでしょうか? BGMや相手側画面にも表示されるキャラクタ絵など、異国の人との会話に本当に必要なのでしょうか? 購入者にとって、緊急時や盗難、病気の時に使われる会話帳になるかもしれないのに。

 相手用に画面が上下反転表示する機能は優れていると思います。が、もし次回「大人向けの、ちゃんとした会話帳」が発売されるなら上述の問題点考慮+相手にタッチパネル側を渡して指押しで会話に答えてもらう(時間や、曜日、簡単な返答など)機能など搭載されればよいと思います。

てのひら楽習(がくしゅう)シリーズ 絶対音感トレーニングDS

サクセス
Nintendo DS
これじゃあねぇ・・・★☆☆☆☆
そもそも、絶対音感とは、どうしてある人とない人がいるのか、
はっきりと分かっていないのが現状です。
某音楽教室では絶対音感を身に付けさせるレッスン内容にしていますが、
それでも身につく子は一握り。
こんなゲームで身につくはずはありません。
先天的に持っている人と持っていない人がいるという説もある中で、
こうも堂々と題名に『絶対音感トレーニング』とつけるのはいかがなものかと。
ストレスのたまるソフト★☆☆☆☆
製作者はゲームの楽しさを無視しているか理解していない。かといって教育ソフトとして合格の域に達しているともいいがたい。
和音レッスン、レッスン7までやってみたが延々CとFとGを聴き分けるテスト。最初に「和音レッスン」をしてその後「音感診断」に合格すると新しいレッスンが追加されるが、この「レッスン」と「診断」は同じ作業をさせられるだけである。「次へ」などの送りボタンがないためテンポが悪い上に、1レッスン4、8、12問もあり、しかも途中で間違えると次へ進めないという、大変にイライラさせられるつくりとなっている。
ドラクエでいうと、レベル2になるまでにスライムを100匹倒さなければいけない感じ。
次にリズムレッスン。これは最初の一問で懲りた。わずか2小節の単純なリズムを覚えてタッチペンでたたくだけなのだが、たたける場所が非常に狭い上に、たたける瞬間まで目隠しされている。製作者は隠しているつもりではなく、始まりの瞬間を合図する親切設計だと思っているところが腹立たしい。
評判があまりよくないのを承知の上で買ったのだが、入手から手放しまでの最短記録を更新したソフトとなった。
時間と訓練の価値が合っていない、アドバイスが無い★★☆☆☆
■良い点?
 1.本当にやりこめば絶対音感が付きそう
 2.全問正解しないと次のステップに進めないため、集中力を研ぎ澄ます事ができる。
   (逆に集中力を付けないとクリアできないというデメリットにも)
 3.キャラクターがそれなりに可愛い
 4.1日少しでもすることで、絶対音感がついていく
   (普通の訓練でも同じような気もしますが…)

このソフトをクリアできたということは、
Missが無い状態でクリアしたことになるのですから、相当なレベルアップは見込めると思います。
(リスクの方が高く、精神力をかなり削ぐのがかなり難点ですが……)


■悪い点
 1.レスポンスがとにかく遅い
   次の問題に行くまでに時間がかかりすぎる点。
   レッスンの結果(トレーニング結果)が表示されますが、それも遅くて時間が勿体ないです。
   (その間があることで、成果が上がるというのなら別ですが、逆にイライラさせて集中力も欠いてしまってます)

 2.次のステップに進むのが困難
   レッスンに合格(全問正解)してから、すぐ次のステップに進めるのならいいですが、
   合格したにも関わらず、再度全く同じ問題をして全問正解しないといけない点が良くない。

   (マリオで例えると
    1面クリアしたのにも関わらず、
    もう1面初めから同じステージをクリアしないとそのステージをクリアしたことにならない)

   ※次のステップに上がる為には合格したレッスンの“音感診断”というものを受ける
    のですが、普通のレッスンと内容も全く同じです。
    
 3.絶対音感を付けるまでに到るアドバイスが無い
   大抵トレーニングソフトにはアドバイスが付いているのですが、
   アドバイス類が全く存在しませんでした。
   
   ※どうすると音感がつき易いのか?
    ユーザーがどの音を取りにくいのか?という診断もアドバイスもありません。
    自己診断、自己感覚も大切でしょうが、これだとスキルアップも中々望めません。 

 4.選べるトレーニング方法が限られている
   和音と単音の2種類があります。
   しかし、最初は和音練習しか選べません。
   他にもっとゲーム要素があっては良いと思いますし、単音を初めから練習できない理由
   も書かれていない為、ユーザーに謎を残すゲームともなっていると思います。
   なんでだろう?という思いから快適にプレーできていません。
   (私は1ヶ月以上プレイしていますが、未だに和音だけのトレーニングです。)
   
   
 5.一度鳴った音を再度聴く事ができない
   一回音が鳴ってしまったらそれで終わりです。
   ちょっと聴き辛かった、という時に再度聴く事ができません。
   
  

■総評
 一番思ったのは、
 これをする時間と上達速度の価値が釣り合っていないと思いました。
 とにかく、レスポンスが遅く、次のステップまでに行く流れが悪いかと(汗)

 レスポンスの遅が気にならず、忍耐力がある人なら、
 もしくは、これ以外他に絶対音感のトレーニングが思い浮かばない人は買ってみるのもいいと思います。
 
 「少し時間ができたからちょっとやろうかな」と思った時には不向きなゲームだと思います。
 

“楽しみながら練習”する、
というのもゲームの面白さなのだと思いますがそれが少し足りなかったのではないかなと思います。
スキルアップという面でも、余り大きな期待を望めたものではないかと。

そんな中でも、良い点をあげるとしたら
ゲームとは言え「リズム・音感を付けるまでのステップ」は一応内容として作られてあるので、目標意識の強い人は買って絶対音感トレーニングするのもいいかと思います。

ステップアップまでのアドバイス等が一切ありませんので、
このソフト+他の絶対音感に関する参考書などを購入して一緒にしていくと絶対音感を少しずつ掴めてもらえるかもしれません。

小学校の頃にしておかないと言われますが、
やる気次第ではそんな事ないと思いますので、色々と諦めずにトレーニングを摘まれて行かれたら良いと思います。
ゲームとしても最低レベル★☆☆☆☆
このソフトで絶対音感が身に付くとは到底思えませんが、そこに目をつぶったとしても最悪の印象しか持てません。
「楽しみながらトレーニング」と謳っておきながらこれは…という感じです。

このゲームは2種類のモードがあります。
1.音感トレーニング
ピアノの音色で3和音の音が一発ポーンと流れます。その音を3択であてる問題です。(選択肢「ドミソ」「ソシレ」「ドファラ」から選ぶ、という感じです。)
ただそれだけです。
しかも、まれに「選択肢に正解がない」という場合があります。
例としては、
音は「ドミソ」と鳴っているのに、それが選択肢にない。仕方なく「ソドミ」を選べば正解、
のような感じです。
音感のトレーニングでならまだ分かるのですが、「絶対」音感トレーニングを謳っているのに訳が分かりません。
プレイヤーは間違った音程を正解だと覚える事になるのではないのでしょうか?
和音モードをクリアすれば短音モードもプレイできるのですが、クリアなんてする気が起きなかった為、短音モードは未プレイです。

2.リズムをトレーニング
簡単に言うと、ナムコの「太鼓の達人」に似ていますが、これまたゲーム性が皆無です。
味気ない打楽器がパコパコなってる中、それに合わせて指定されたリズム通りにボタンを押す、というだけです。次々とスピーディに問題をこなせるならまだよいのですが、ただ画面を眺めているだけの時間の方が圧倒的に長いです。

公式HPでは「ソフトに収録された音程の正確さは日本音響研究所にて測定・分析されています」となっていますが、音の正確さが保障されているだけで、「絶対音感が身に付く」とは保障されていません。(そもそも、その正確な音程に対して間違った答えを教えられますし)

ゲームをプレイしてここまで「バカにされている」と感じたのは初めてです。
買う価値なし★☆☆☆☆
みなさんの評価みてわかるかと思いますが本当に無意味なものです。
私は単音がききわけられるようになりたくて買ってみたのですが、単音モード
は和音モードをある程度クリアしなくてはできないとのことであくまで
ゲームでした。音楽の勉強をゲームでやろうなんて甘すぎました。
そんな自分の行動を心から悔やみます。申し訳ありませんでした。
みなさんは真面目に音楽をやってください。
買った初日に本体ごと捨てました。