任天堂DSゲーム情報ブログ

遊戯王ファイブディーズ ワールドチャンピオンシップ2010 リバースオブアルカディア

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo DS
2010年世界大会公式ソフト
世界選手権実施!国内予選大会を勝ち抜いて世界の頂点を目指せ!

最新のオフィシャルカードゲームを収録!
収録カード3499枚以上! 最新のデュエル環境を提供!

アニメストーリーを体験!
サテライトやアニメで登場した精霊世界を舞台に物語が繰り広げられる!

前作から登場の「ライディングデュエル」が進化!
「スピード・ワールド2」に対応!アニメさながらの「ライディングデュエル」が楽しめる!

遊戯王OCGカード3枚同梱!


(C)高橋和希スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C) 2010 Konami Digital Entertainment
とにかく重い★★☆☆☆
あの2009が軽く思えるほどの遅さ。
頻繁に長考もするし、場が複雑になると数分放置なんて光景も珍しくない。
また、デュエルで頻発する「破壊」のエフェクトが遅くてイライラ。何故TFのように素早く破壊しないのか。
wifi対戦は殊更重い上なかなか繋がらず、切断・改造などの不正者も多いためコイン目的以外ではやる気がしません。
他にもデュエルイメージが6人しか保存できなかったり、配信デュエリストがバグったり既存と被ってたりと怠慢さを感じます。

一番腹が立ったのはタッグデュエルのバグ。
WCSモードだとどのキャラをパートナーにしてもモブ男の台詞に固定されます。
トーナメントを勝ち抜いたときに出る「未完成」もプレイヤーをナメてるとしか思えない。


とはいえ、2009から改善されてる点も多い
・ストーリーモードから一瞬でWCSモードに移動できる(前作は何故かタイトルまで戻された)
・召喚時の演出が1モンスターに付きデュエル中1回のみになった(本当はなくなるか、ONOFF設定があればいいんですが)
・パック出現条件の緩和、特に序盤からストラクチャーデッキが買えるのは大きいです
・データを持ち越してニューゲームが可能
・クリア後にアバターの変更が出来る

など。
2011はもっと頑張って欲しいです。
大分遅れたレビューですが…。★★★★☆
もう皆さんが色々と書かれているようですが、私が感じた事を。

良い点。
・ストーリーモードを何度も初めから出来る。

・デュエル戦績が確認出来る。←これは便利



悪い点
・前年同様CPUが重い。

・Wifiが切断された時のレーティングの減りが尋常じゃない。
私は一方的に切断しないのですが、電波の不調、停電といった、「やむを得ない切断」に巻き込まれる場合があります。


レーティング半分カットは結構痛いですよ…。

デュエル中は仕方ないとしても、デュエルが終ったあとにWifiが強制切断された時、レーティングが減らされるのはどうかと思います。
これって、相手側も減らされるんですよね?


こちらが勝ったのに凄く悔しいです。



でも遊戯王WCSというゲームはとても良くなってる作品なので、私は好きです。

ただ、Wifiの問題がちょっとした課題だと思います。

世界中のプレイヤーとデュエルが出来るのは好印象ですが。
超満足!★★★★★
とにかくストーリーが面白すぎます!
OCGプレイヤーから見れば重さが気になると思いますがアニメファンからすると再現率にビックリ!
イベントの数がとても多く、ストーリーを進めていけば自然とDPがたまってくれる親切設計。
パックの出現条件もストーリーになったので同じ敵を何回も倒す必要はありません(パックによってはあります)カードリスト速攻ゲットしてあとはパスワードで楽勝でした。あと、ミニゲームが最高!本当難しかったです(笑)
不満なのはWCSの方。なぜ過去作のキャラが出ない!?あとしゃべらないモンスターとデュエルしてもねぇ…
せめて人型でしゃべれるヤツに厳選して欲しかったです。

カギヅメはカードを傷めるZE!

デュエル画面は2008に戻らないのかな?ポケモン図鑑感覚でモンスターCG集めるのも一興だったのに…

とにかく、WCS初デビュー!って人には超オススメ。2008にはやっぱり見劣りするかも…

でもデュエルゲーとしては今までで最高の出来なんじゃないかな?タッグフォースを越えたと思います。
昔懐かしの遊戯王★★★★☆
市販のカードは数年前に辞めて、またやりたくなったなとゲームならと思い購入する事に。


知らないカード増えたな〜と。
何に使うか不明なカードもあり、頭を使いました…。


50時間過ぎて、ようやく大胆理解しました。


それでは、Wi-Fi通信…負けそうになると遮断すんなよ…。


遮断したら一週間出入り禁止にして欲しいくらい腹が立ちました。


強い人は本当に強いデッキだなと感心しましたよ。
試行錯誤の上に出来上がるデッキを自分も作成したいと思い努力しています。

と…チーターの方も引っ込んでください邪魔です。

デュエル開始直後に、何もせずに敗北と…エクゾディアでもなかったですね…改造コードか?

苦労してデッキ組んでるんですから馬鹿な人はやらなくていいですから。

誰も頼んでませんから。

ライディングデュエルもなかなか楽しめますね。
スピードカウンターを使う特殊デュエルで、考え方が面白いです。

ですが…やや重い…ゲームをplayしてますと他の方が言うようにモッさりしてますね…。

そういう訳で★4で。
Wi-Fi通信の件ももう少しどうにかして欲しいですね。
その辺は次回作に期待と言うことで。
全パック集めるまで大変。集め終わったら楽しい★★★★☆
全カードを集めるのに最低でも100時間かかる(パックの開放条件に100時間プレイがある)ので
お子さんには長く遊べる仕様。おっさんゲーマーはPARを使った方が精神的に楽。
コツコツプレイし200時間かかってコンプしたが、非常に疲れた。
ミニゲームなどで手軽にカードを集められるようになっているが、
それでも一部パックの開放条件がキツい印象。
また諸動作が重くなっているのが頂けない(私が最後にプレイした過去作・2008と対比で10:7くらい)。
とは言え、シンクロ召還、新種族、新テーマが目白押しだし
wifi対戦はかなり熱いので遊戯王好きな人はオススメ。
タッグ対戦はテーマ・ファンデッキが流行していて珍コンボの見せつけ合いがかなり楽しい。
ガチガチなデッキに辟易しているデュエリストにうってつけ。
部屋名とか決められたらもっと良かったかもと思う。
最後に切断・チートはDS遊戯王に限らず試遊年齢層の高い某ゲーム機でも発生しているので
これ自体が評価を下げる要因にはならないような。要はユーザーのモラルの問題だろう。